Life - 定年退職後の高齢者の仕事、雇用、健康

55歳になると60歳に定年退職をするか、継続雇用で給与が6割ほどになり配置転換がされるかを考える事になる。年金は、65歳から支給されるので継続雇用で65歳まで今の会社で働ければ楽だと考える55歳の社員が多い。

でも、

65歳以降はどうするかを考えていない。60歳、65歳のどちらかで会社を卒業しても直面する新しい生活は同じだ。自分で自分の生活リズムを作らねばならない。今までの会社環境が無くなる。もう、仕事は生き甲斐にならない。仕事自体が無くなるからだ。会社と言う組織で守られてきたライフラインを失うのだ。

会社で生まれた人間関係も会社卒業後にリセットされる。会社の同僚との関係は単純に一緒の職場で働いていた人でしかない。

55歳、会社離れを考える年齢

来年は、あまり物を買う事は無いだろう。今年に買いたい物を買ってしまった気がする。特にほしかった新しいChromebookパソコンが米国からもうすぐ自宅に届く。2台のChromebookパソコンを使ってお金を稼ぐ仕事をする。来年は、実現できない目標を立てないでやれば実現できる目標にしたいと思っている。

来年に気になる事はこんな事だ。

  1. 家内の両親の健康(老人ホームに入居するか、どうか)
  2. 初孫の成長と健康
  3. マンションの大規模修繕(生活上の不便)
  4. 自宅の一部リフォーム(費用が発生する)
  5. 消費税10%のビジネスへの悪影響
  6. 10日間の連休の過ごし方(休日が増えると仕事に影響する)

ビジネスは、何か新しい金がなる木を植える必要がある。種をまいて上手く育つかどうかを検証しなければならない。3年かけて育てた第二の柱がやっと期待できる成果を生み出している。来年は、第二の柱をもっと成長させる時期になる。第一の柱は衰退して行っている。そのまま自然死させて新しいビジネスモデルで食べて行く時期になる。

2019年にやりたい事をリストする

65歳は多くのシニアにとって人生の節目である。大きな要因は、年金受給が始まる年齢だからだ。働かなくてもある程度のお金が今まで貯めて来た年金から死ぬまで支払われる。一つの安心を65歳になった時点で得ることが出来る。世の中の企業も継続雇用をしている65歳のシニアを強制的に卒業させることが出来る。

強制的に会社を卒業させられた65歳のシニアは、会社を当てにする今までの生活思考を改める必要が出てくる。会社にぶら下がって毎月給与をもらう生活は65歳以降は期待しない生活を覚悟しなければならない。残念ながら、多くの65歳の会社員は、自分に頼るよりも他人に頼る思考が強い。

65歳の元会社員は、自分の人生プランをこの時期に試行錯誤をして作るべきだ。就職活動を続けるのも良いが、期待をしないほうが良い。再就職先が仮に見つかっても70歳になる前に職を失う可能性は高い。そして、また、職探しになる。他人に頼る生活には、限度がある。それを65歳の時に強く意識して人生プランを考える事だ。

65歳から70歳までに新しい生活習慣を作り出す!

63歳のシニア男性が70歳以降の生活を想像している。来年は64歳だ。実質、70歳になるまで6年ぐらいしかない。70歳になるまで生きているという大前提でどんな生活が待っているかを考えて見たい。

会社で働き続けているシニアが65歳を過ぎると雇用から解かれる事になる。年金をもらいながらアルバイトやパートをしながら小遣い稼ぎして空いた時間を今までやりたかった事に使っている。

ただ、

定職が無い生活に戸惑いを覚え始める。私が所属するNPO団体には、65歳を過ぎたシニアが入会してくる。多くは、暇な時間をもっと有効に使いたいという気持ちからだ。同時にどこかに定期的に行く理由を求めているからだ。70歳まで幸運にも働き続けられたシニアも何かを求めてNPO団体に入ってくる。

動機は様々だが、共通している事は暇な時間を何とかいしたい!自宅以外に定期的に行く場所が欲しい。

70歳なった時に仕事に左右されないライフスタイルを!

my profile pictureこのページのシニアライター:Norito H.Yoshida

Profile

Joomla CMSを使った法人・個人サイト構築で独立。51歳の時に会社を卒業。雇われる生活から自分を雇う生活になる。ソニー(株)、Yahoo!ジャパン(株)でインターネットビジネスの面白さを味わい、個人でも法人と競争が出来る隙間市場があるのに気が付いた。生涯現役でインターネットの世界で生きて行く。Western Washington University, B.S. in Sociology, Bellingham, Washington, USA.

シニアの生活は、体の老化に従って変わって行く。その体験記をこのブログで書いている。