高齢者が確実に損をするクレジットカードとはどんなクレジットカード? - 仕事、健康、筋トレ、暇

リボ専用クレジットカードと知らずにお金を損する老人が大勢いる。

2010年頃からクレジットカードに大きな変化が生まれた。使うと必ず損をするリボ専用クレジットカードが生まれたのだ。2010年以降にクレジットカードを作った高齢者であるならば、お持ちのクレジットカードが最初からリボ専用クレジットカードであるかを確認することを強くお勧めする

リボ専用クレジットカードは毎月手数料を支払う仕組み:知らないと大損をする!

リボ払いは、毎月固定金額を返済する方法である。仮に毎月1万円返済する設定にする。その条件下で毎月10万円使うと未返済額9万円に対して手数料が発生する。翌月は、未返済金額9万円から1万円の返済を差し引き8万円に対して手数料が発生する。こんな感じで未返済金額がなくなるまで手数料が発生する仕組みである。

普通のクレジットカードは、「1回」、「分割」、「リボ払い」 という選択がある。支払いの時に一括払いにするか、分割払いにするか、リボ払いにするかを決められる。多くのクレジットカードユーザーは、一括支払いを選ぶ。分割やリボ払いでは手数料が発生するからだ。

リボ専用クレジットカードの場合、自動的にリボ払いになる。そのため、手数料が必ず発生する。このカードで使うと必ず手数料が発生して損をする。その仕組を理解しないでリボ専用クレジットカードを作ると後で大問題になる。典型的なリボ専用クレジットカードは、ファミリーマートで宣伝しているファミマカードだ。絶対にファミマのクレジットカードを作らない、使わない。

以下にリボ専用クレジットカードをリストしておく。これらのクレジットカードはほとんど無審査で申し込みができてしまう。魅力的な還元ポイントを歌い文句にしてシニアユーザーを誘惑する。

これらのリボ専用クレジットカードは絶対に作らない、使わないこと!

ファミマTカード(ポケットカード)

JCB EIT(JCB)
Jizile(三菱UFJニコス)
Jiyu!da!(セディナ)
R-styleカード(ジャックス)
アコムマスターカード(アコム)
アプティ(オリコ)
エブリプラス(三井住友カード)
Gold UPty(オリコ)
テイルズウィーバーVISAカード(三井住友カード)
薄桜鬼VISAカード(三井住友カード)
P-one FLEXY(ポケットカード)
FreeBO(UCカード)
マビノギVISAカード(三井住友カード)
メイプルストーリーVISAカード(三井住友カード)

シニアはできるだけクレジットカードを使うことを止めるべきである。タンスにしまって使わない。クレジットカードは、一時的な借金を作るカードである。2ヶ月後に決済銀行口座から返済金が引き落とされる。2ヶ月間の信用をクレジットカードがカバーする。 

歳を取れば取るほど、現金や銀行でのお金の取り扱いだけに限定する。使い慣れていないクレジットカードをインターネットで使ったために知らないうちにその番号が無断に使われて詐欺に遭う事件が増えている。

もし、新規にクレジットカードを作るならば銀行のキャッシュカードにクレジットカードが付いているものにする。どの銀行でもキャッシュカードとクレジットカード機能があるカードを提供している。クレジットカード機能では、支払い方法を必ず一括支払いに設定する。

リボ払いはどんな事情にせよシニアは利用しないほうが身のためである。

 


my profile pictureこのページのシニアライター:Norito H.Yoshida

Profile

Joomla CMSを使った法人・個人サイト構築で独立。51歳の時に会社を卒業。雇われる生活から自分を雇う生活になる。ソニー(株)、Yahoo!ジャパン(株)でインターネットビジネスの面白さを味わい、個人でも法人と競争が出来る隙間市場があるのに気が付いた。生涯現役でインターネットの世界で生きて行く。Western Washington University, B.S. in Sociology, Bellingham, Washington, USA.

シニアの生活は、体の老化に従って変わって行く。その体験記をこのブログで書いている。