アマゾンの時間指定サービス表示は勘違いを誘発する・お試し無料でも絶対使わない事 - 定年退職後の過ごし方、働き方、起業、筋トレ、お金

kanchigai copy presentation

 アマゾンプライム会員の支払い

 無料体験サービスを使うと自動的に会員登録になる(年間3900円の会員費が自動請求される)!! これを回避するには、サービスを使ってから30日以内に会員登録を自分でキャンセルする必要がある。

シニアの方はこのことを理解してアマゾンを利用して下さい。騙されないように!

アマゾンのネット販売表示は米国流悪しきやり方・・・シニアは要注意!

シニアの方がアマゾンを使う時、私を含めて、ページに細かく注意書きされている文章を見ようとしない。目に入るのは、「無料お急ぎ便」 と書かれた色文字バナーだ。人間は、時間指定が無料で使えると思ってしまう。無料はいつも高い買い物になると昔から言われている。

無料で時間指定サービスを使うには、アマゾンプライム会員登録を行わなければならない。一度無料体験サービスで購入すると登録日から30日以内にキャンセルしないと年間3900円のプライム会員費を自動引き落としされてしまう。この部分が目にだたない注意書きとしてページに書かれている。

米国のGodday.comというドメイン販売サイトがある。ここのサービス表示は、アマゾンよりももっともっと酷い。わざと間違えて新しいサービスを選択させるような勘違を起こさせる表示をしている。

アマゾンの時間指定サービスの提供表示は、まさに、私たちに勘違いを起こさせて30日間のキャンセル(グレース)期間を意識させないで自動会員登録をさせてしまう。

サービス提示の姿勢が正直でない。お客様の目視点でサービス表示をしていないという事が明白である。多くのお客さんが勘違いで(無料体験サービスで購入すると)アマゾンプライム会員登録をされてしまい、請求書が届いた時にそれが分かるという事態になる。

私も被害者である。

私の場合は、無料で時間指定が出来るんだ!と思い込んで時間指定が有料サービスである事を購入してから知った。よく読んで注意していればこのような事が起きなかったのは確かだが、無料サービスという表現で全てが無条件で提供されるんだと思い込んでしまった。

つまり、

勘違いである。勘違いを起こさせるような表現とページ表示でお客にいらぬ負担をかける仕掛けになっている。インターネットに詳しくないシニアは、この被害に遭いやすい。

私は、私と同じような勘違いで求めてもいない金銭的な負担を被るシニアを増やしたくない。このページは、そのために書いた。

オンラインショップ(アマゾンを含めて)、ネットで購入する時は、細かい字で注意書きしている文章をよく読んで下さい。あと、ブランド製品や高額な製品は決してネットで購入しない。詐欺サイトが沢山ある。欲があるシニアは安いという印象だけで詐欺サイトでクレジット決済をしてしまう。

ブランド製品と高額製品は、身元が分かる現実のお店と信用がある名前の会社で購入する事。万が一、問題があってもそのような会社はちゃんとカスタマーサポートで対応してくれる。


my profile pictureこのページのシニアライター:Norito H.Yoshida

Profile

Joomla CMSを使った法人・個人サイト構築で独立。51歳の時に会社を卒業。雇われる生活から自分を雇う生活になる。ソニー(株)、Yahoo!ジャパン(株)でインターネットビジネスの面白さを味わい、個人でも法人と競争が出来る隙間市場があるのに気が付いた。生涯現役でインターネットの世界で生きて行く。Western Washington University, B.S. in Sociology, Bellingham, Washington, USA.

シニアの生活は、体の老化に従って変わって行く。その体験記をこのブログで書いている。