70歳過ぎたら、何歳まで働きたいか? - 仕事、健康、筋トレ、暇

65歳を過ぎると誰もが仕事を探す上でぶつかる問題がある。年齢である。多くの会社は雇用延長で65歳まではお世話をしてくれるが、65歳以上は自分で探すことになる。その時、考えることはいつまで働き続けたいかである。

年金プラス他の収入の状態を何歳まで続けるかで老後の生活は変わる。70歳を過ぎても生活費を稼がねばならないシニアは何歳までを目標にして働き続ける必要があるかを知ることである。

年金だけでは生活が苦しいシニアは、働ける間に働けなくなった時に使うお金を貯める必要がある。それは自分の健康と体力との相談になる。70歳になったとき、自分の身体に聞いてみる。何歳までやる気と体力が持つかと。

私は自営業者であるので健康と身体が許す限りお金は稼げる可能性がある。今のビジネスモデルが今後10年以上も続けばという条件になる。気持ちは、死ぬまで働きたい。現実は、身体と健康との相談になる。

最終的に「身体が資本」である。

何歳まで働きたいかの目標を決める

多くの知人は70歳過ぎたら仕事から引退をしたいと言っている。それまでにお金を貯めてそのお金と年金で老後を楽しもうと計画している。彼らが思っていることは、健康で体力を維持できる年齢が75歳頃までと見ているからだ。

70歳から75歳まで普通の生活が出来る喜びを満喫したいという事である。一般的に70歳を過ぎると健康障害に陥るシニアが増加する。免疫力が急激に落ちて今まで抑えていた病原菌が暴れだす。

75歳まで働いて老後の資金をもっと貯めたいというシニアは75歳まで働ける仕事先を今から探すことになる。

年齢制限がないアルバイトやパートの仕事を探す

私が知っているアルバイト先は年齢制限がない。マクドナルドのアルバイトは70歳を過ぎたシニアでも働けるし、仕事で問題がなければ何歳までも働き続けられる。時給は最低賃金に近いがお金を稼ぐ機会はシニアにオープンされている。

ファストフードチェーンの店舗はシニアを受け入れやすい。学生、主婦、フリーターだけでは人手が足りなくなってきているためシニアの労働力が求められている。業務マニュアルも整っているし、仕事体験も出来る。一度仕事に慣れれば、後は健康と体力に依存する。

年金プラス足りない生活費を稼ぐならば、苦労せずに仕事が見つかるファストフード店舗を攻めてみると良い。 

年齢で人生の楽しみ方を決める

私は65歳である。夫婦で老後の人生を楽しむならば、健康で体力がある60歳代と思っている。インターネットビジネスであるので場所、時間、組織などの制約はない。自分の都合で仕事がある程度出来る。その利便性を上手く利用して年齢に従って仕事の量を削っていこうと思っている。

65歳から70歳までは、仕事の時間を20%削減して空いた時間を夫婦で海外、国内を旅行することに使う。70歳から75歳までは、仕事の時間を半分にする。空いた時間をロングバケーションの旅に使う。

75歳から80歳までは、仕事は生活のリズムを維持するための道具にする。スポーツジムで筋トレを楽しみながら、夫婦で色々な場所に出かけて歩き回りたい。毎日、身体を動かして老いてきた身体を刺激する。

健康を維持する意味で一つの筋トレ目標がある。80歳になった時にベンチプレスで80キロのフリーバーを上げることである。65歳の今は、ベンチプレス83fキロ 7回x3セットが出来ている。93キロも数回上げられる筋力があるが、80歳まで筋力を維持できるかはこれからのトレーニングによる。

死ぬまで働きたいというが・・・

70歳になる前までに起業をしていれば、死ぬまで働ける。ただ、他界した後で家族が困らないようにお膳立てする必要がある。それが出来なければ、75歳頃を目標に仕事を終えることだ。

自分の身体が自由に動かなくなる年齢になったら、もう仕事は続けられない。その時点で普通の生活から制約された生活になる。家族や第三者のヘルプ無しで生活ができなくなる。身体が資本である理由がここにある。

結論:

70歳を過ぎてもお金を稼ぎたいならば仕事が必要である。仕事を見付けても雇用で年齢的上限があれば、その時点でお金を稼げなくなる。仕事を探す上で雇用の年齢上限がない会社を探すのが重要である。

仕事はアルバイトやパートの仕事中心になる。年齢制限がないアルバイトやパートはファストフード店舗で見付けやすい。マクドナルドのアルバイトは年齢の上限がない。仕事がちゃんとできれば何歳までも働ける。

重要なことは何歳まで自分は働き続けたいのかを決めておく事である。それによって余生の過ごし方が違ってくる。

 


my profile pictureこのページのシニアライター:Norito H.Yoshida

Profile

Joomla CMSを使った法人・個人サイト構築で独立。51歳の時に会社を卒業。雇われる生活から自分を雇う生活になる。ソニー(株)、Yahoo!ジャパン(株)でインターネットビジネスの面白さを味わい、個人でも法人と競争が出来る隙間市場があるのに気が付いた。生涯現役でインターネットの世界で生きて行く。Western Washington University, B.S. in Sociology, Bellingham, Washington, USA.

シニアの生活は、体の老化に従って変わって行く。その体験記をこのブログで書いている。