60歳前後のシニアの関心は老後の生活をどうするかだ! - 定年退職後の過ごし方、働き方、起業、筋トレ、お金

60歳はシニアの入り口だ。60歳の声を聞くと周りの目が変わってくる。社会での取り扱いも老人として分類され始める。会社で働くことも出来なくなる場合が多い。第二のキャリアを準備しろと会社は言い続けてきたが、何を職業にしたら良いか定まらない。そんな60歳代が大勢いる。

シニアの関心ごとは、定年退職後の生活設計である。60歳から65歳まで再雇用で働けてもその先は自分たちでどの様な老後の生活を送るかを考えねばならない。

老後の生活はバラ色か?

65歳まで今の会社で雇用が確保されるならば、自分の老後の生活を計画する時間が5年間ある。この5年間に65歳以降の身の振り方を決めなければならない!生きられる寿命が延びているので生き延びるための対策を準備する必要がある。

60歳から隠居生活に入る高齢者と働き始めるシニアでは老後の生活は違う

長年会社勤めをしてくると組織に縛られる生活が嫌になる。自由な時間を持ちたいと夢見る。国民年金と厚生年金で日々の生活が十分出来るならば、働き続ける必要は無いと隠居したい高齢者は思うはずだ。一方で、年金だけではとても生活が回らないと判断したシニアは年金プラス月額10万円以上の所得を得る新しい仕事を探す。

老後の生活は、自分で決めるしかない。会社はもうあなたの人生を導いてくれない。老人の世界は、知らない世界である。多くの老人にどのような老後を送っているか聞く機会があった。返答は人それぞれ違うため自分の老後生活に参考になる物ではなかった。

これは何を意味するのか?

自分の老後の生活は自分で考えて決めろと言うことだ。誰も正解を持っていない。もう、個人個人違うからだ。路線は、築かれていない。多くの60歳代の高齢者は、この現実に戸惑う。

私は、自分で営む仕事を選んだ。自営業者として他界するまで働くという決断をしている。好きな仕事をしてお金を自分で稼ぐ喜びを味わいたい。稼いだお金で余裕がある老後の生活を楽しみたいと思っている。沢山のお金は要らない。老後の生活に余裕をもたらす程度で良い。

老人が働くには、体力勝負の仕事に先がない。専門的な知識、技術、経験値で頭脳を使ったサービスを提供する仕事が一番良いと思っている。今は、その延長線で自営業を営んでいる。好きな専門分野の仕事が生活のコアになる。コアを中心に生活のリズムを作っている。

老後の生活は、夫婦で一緒にいる時間を最優先する。いつまで一緒に生活が出来るか分からないからだ。いつ、あの世からお呼びがかかるか分からない。生活スタイルは、会社で仕事をする段階から家庭で妻と一緒にシニアの新生活を送る段階に移る。

老人になると新しい友達が作りにくい。古い友達は一人一人この世を去って行く。最後は、どうしても一人だ。家内がいれば、家内が良き友人であり愛人である。自分のことを一番理解している。空気のような存在だ。あうんの呼吸で何事も事が進む。

二人で楽しむことを考える。自営業の良さは、特にインターネットでビジネスをしていると時間と場所に縛られないことだ。お互いの都合を最優先して一寸した旅行も格安に出来てしまう。お金を稼ぎ続ければ、お金のことで不安になる事はない。ビジネスは頭を鍛える。頭を使うから痴呆症の予防になる

老後の生活を楽しむには、2つのことが満たされないと楽しめない!

  1. 健康で普通の生活が出来ていること
  2. 一緒に残りの人生を楽しむ相手がいること

お金は稼げば良い。


my profile pictureこのページのシニアライター:Norito H.Yoshida

Profile

Joomla CMSを使った法人・個人サイト構築で独立。51歳の時に会社を卒業。雇われる生活から自分を雇う生活になる。ソニー(株)、Yahoo!ジャパン(株)でインターネットビジネスの面白さを味わい、個人でも法人と競争が出来る隙間市場があるのに気が付いた。生涯現役でインターネットの世界で生きて行く。Western Washington University, B.S. in Sociology, Bellingham, Washington, USA.

シニアの生活は、体の老化に従って変わって行く。その体験記をこのブログで書いている。