シニア起業で何に気をつけるべきか? - 仕事、健康、筋トレ、暇

どんなビジネスを始めるにしてもお客探しが一番の仕事になる。自分のビジネスのお客がいる場所と市場を見定める必要がある。起業したてのシニア起業家は、藁にもすがりたい気持ちでお客探しをする。彼らが最初にお客探しをする場所がある。

これは法人向けのビジネスを展開する起業家向けである。潜在顧客が見つかりそうなセミナーと懇親会に行く。その延長線で色々なセミナーに参加するのだが、得体のしれない詐欺師たちと出会うことがある。

法人向けに詐欺を働いている怪しい人は、得体の知れない名刺を差し出す。話をしても背景が分からない。やたらと儲かるという言葉が出てくる。儲かる話は誰もが聞きたいのだが、話がうますぎるという疑いを持つ起業家であるか、どうかである。

起業したてのシニア起業家が注意すべき3つの事

起業したてのシニアは、騙されやすい。儲かる話をすれば、話に乗ってくる場合が多い。色々な騙しのテクニックがある。知らない人から儲かる話を持ちかけられたら、詐欺師と思うべし!

儲け話をやたらとしてくる人は詐欺師

起業したての人たちをターゲットにしたセミナーが沢山開催される。そんなセミナーには必ず懇親会や交流会がある。この懇親会や交流会で暗躍する詐欺師が多い。私が今まで経験した詐欺師は、必ず、儲け話をしてくる。その儲け話は、先にお金を投資や支払わないと始められないという仕組みになっている。

必ず、儲かるから私を信じてくださいとしきりに言ってくる。マルチレベルマーケティングで販売する製品紹介とか、友達を紹介することで報酬が発生するとか、お金、お金が話しの中で何度も出てくる。

私の考えでは、儲け話は絶対に他人に話さない。それを話すのは詐欺でしか無い。そんな認識を持っていないシニア起業家がいる。

ある有名な芸能人と対談してビジネスの宣伝をする売り込み

法人登録をするとその会社情報が官報に出る。その情報をカモにして詐欺まがいビジネスする業者がいる。法人登録後、しばらくすると知らない会社や個人から電話がかかってくる。私が受けた電話の一つにこんなものがあった。

ある有名な芸能人と対談する事であなたの会社を紹介するラジオ番組があるのですが、興味がありますでしょうか?

このラジオ番組と言うのが曲者。この会社がポッドキャストで発信しているラジオ番組である。どれだけの人が聞いているのかも確認できないインターネットでの情報発信である。こんな告知サービスで10万円を請求してくる。この話を聞いてピンときた。これは詐欺まがいの広告宣伝ビジネスだなと。こちらはインターネットビジネスの専門家であるので効果が無い事は事前に分かっていた。

シニア起業家は、有名な芸能人と言う言葉とラジオで放送されると言う言葉で勝手に自分の都合の良いように思い込む。実際は、有名な芸能人であると勝手に業者が言っているだけでラジオもインターネットの知られていないポッドキャストである。

自分のビジネスを告知宣伝することがビジネスを始めたシニア起業家にとって一番やるべきことであるため、うまい話に乗りやすい。営業力は告知宣伝であるというくらい重要なのだが、やり方を考える必要がある。地味で堅実な営業活動を最初に挑戦すべきである。

宣伝の売り込みは、自分で効果があると実感しているかどうかで話を聞くべきである。

異業種交流会でお客を探さない

異業種交流会のセミナー後に行われる懇親会で出会う人たちの中には、話をしても何をやっている人なのか分からない人がいる。差し出された名刺を見てもあいまいな情報しか書かれていない。抽象的すぎるのだ。特に異業種交流会などでは、そんな胡散臭い連中が集まってくる。中小企業や個人事業主を騙す詐欺師が多い。

異業種交流会は、多くの起業家が法人のお客探しでやってくる。私は、起業して1年間、法人客探しで色々な異業種交流会に参加した。参加してわかったのは、私のような目的で異業種交流会に参加した人たちが多いということであった。

皆、お客探しで参加した営業マンなのである。異業種交流会は、色々な業界でどのような仕事をしているかの情報収集に役に立つがお客を見つける場所ではない。今まで数十回異業種交流会に参加したのだが、一度もお客を見つけることが出来なかった。

お客を見つけたければ、ターゲット業界のセミナーと懇親会を探して参加することである。異業種交流会は、的外れである。

結論:

お金を稼ぎたいという欲が出過ぎると詐欺師の餌に食いついて騙される。そんなシニア起業家が後を絶たない。世の中はそう簡単にシニア起業家を儲けさせてくれない。地道な営業努力と辛抱でやっと最初の売り上げを立てられる。これが基本だ。何度か苦しい経験をするとこれが肌で感じ取れるようになる。

儲け話をしてくる人は遠ざけることだ。話をしてもその人の背景が分からない人も遠ざけるべきだ。

 


my profile pictureこのページのシニアライター:Norito H.Yoshida

Profile

Joomla CMSを使った法人・個人サイト構築で独立。51歳の時に会社を卒業。雇われる生活から自分を雇う生活になる。ソニー(株)、Yahoo!ジャパン(株)でインターネットビジネスの面白さを味わい、個人でも法人と競争が出来る隙間市場があるのに気が付いた。生涯現役でインターネットの世界で生きて行く。Western Washington University, B.S. in Sociology, Bellingham, Washington, USA.

シニアの生活は、体の老化に従って変わって行く。その体験記をこのブログで書いている。