なぜ、シニアはインフルエンザ予防接種を受けないのか、免疫力が落ちているのに? - 仕事、健康、筋トレ、暇

毎年インフルエンザがやって来る。インフルエンザにこの何十年間やられていない。

最後にインフルエンザにかかったのは、34歳ぐらいの時だろうか。オーストラリアに海外出張をしてたときだった。苦しかった。ホテルから医者を呼んで頂き解熱剤を処方されたが熱が下がらずますます苦しくなったのでもう一度医者を呼んでもらいペニシリンを打ってもらった。これが決めてであった。翌日、すぐに回復して仕事が出来る状態になった。

免疫力が低下するシニアは出来るだけインフルエンザ予防接種をしたほうが良い。万が一にインフルエンザにかかった時に症状が軽くなる。シニアの体は老化で弱くなっている。リスク対策を事前にしておいたほうが安心だ。

免疫力が落ちていることをシニアは気がついていない?

インフルエンザは、人が大勢いる場所でマスクをしてウイルスを体内に入れない工夫をするしかない。当然、手洗いは石けんを泡立てて皮膚についたウイルスを泡で流すしかないようだ。 

インフルエンザは、予防接種が出来る。 今年のワクチン摂取は、4価ワクチン(A型2株、B型2株)で料金が前年と比べて高くなる。ワクチン接種をしているクリニックや病院で価格が違う。3000円から5000円ぐらいではないだろうか。私は、前年度は、2500円でワクチン接種を受けていた。

インフルエンザワクチンは保険と同じだ。インフルエンザから家族を守るために自分自身がインフルエンザにかからないための保険だシニアは免疫力が低下しているのでインフルエンザにかかりやすい。病気にならないための保険としてインフルエンザ予防接種を受けておいたほうが安心である。

今は電車の中で必ずマスクをしている。外を歩いてウイルスに感染するという可能性は低い。ウイルスは人から人へ移るから人が大勢いる場所は特に気をつける必要がある。マスクは最低限の予防策だ。

色々な人と会う仕事や大勢の人混みに身を置く頻度が多いシニアは、インフルエンザに感染する可能性が自然と高くなる。リスクを下げるには、マスクをしてインフルエンザ予防接種を受けることである。会社によっては、会社費用で予防接種を受けられる。利用できることは最大限に利用すると良い。 

根本的には、ウイルスに抵抗できる免疫力を強めるしかない!シニアだけでなく誰もが体が弱まったときにウイルスにやられてしまう。毎日の疲れを取る工夫が求められる。同時に、バランスの良い食事を取って回復力を強めるしかないだろう。 

私は、具体的にビフィズス菌の錠剤、ビタミンB群の錠剤、ニンニクエキスのニンニク卵黄を飲んでいる。風邪の症状があれば(くしゃみなど)、すぐに感冒薬を飲むことにしている。私が愛用しているタイレノールだ。タイレノールの主成分はアセトアミノフェン。米国で生活をしていたときから常備薬としていつも携行している。頭痛、風邪、鎮痛剤として効果が高い。胃を荒らさないからその点も気に入っている。 

60歳という年齢になると体の節々で今まで経験した事がない不具合にお目にかかる。ほとんどが、一過性の物で軽い。とは言え、今までになかったことが起きている。体の老化現象は、意識して出来るだけ早いうちに対処したいと思っている。

体の老化でシニアの免疫力は確実に落ちている。インフルエンザに抵抗する免疫力を強めるためにインフルエンザ予防接種は必要だ。


my profile pictureこのページのシニアライター:Norito H.Yoshida

Profile

Joomla CMSを使った法人・個人サイト構築で独立。51歳の時に会社を卒業。雇われる生活から自分を雇う生活になる。ソニー(株)、Yahoo!ジャパン(株)でインターネットビジネスの面白さを味わい、個人でも法人と競争が出来る隙間市場があるのに気が付いた。生涯現役でインターネットの世界で生きて行く。Western Washington University, B.S. in Sociology, Bellingham, Washington, USA.

シニアの生活は、体の老化に従って変わって行く。その体験記をこのブログで書いている。