Life - 定年退職後の高齢者の仕事、雇用、健康

座椅子が3脚ある。まだ使える座椅子だ。家内の実家の掃除で3脚の座椅子が要らなくなった。東京のリサイクル業者をインターネットで探したら、無料で引き取ってくれるキャンペーンをしている会社を見つけた。電話をして座椅子を無料で引き取ってくれるかどうかを確認したら、こんな返答があった。

座椅子のブランド名を教えて下さい?

続きを読む...

65歳を過ぎた高齢者が生活費を稼ぐ以外に自分の人生という時間を使う目的が見えているのだろうか。仕事をしている私も時々仕事以外の生きがいは何だろうかと考える。子供を育て終わったあとは、 私も家内も自分たちがやりたいことをやっている。今は、家内の両親の介護という大仕事が入ってきているが、それが終わったあとはどうなるのだろうかと。

楽しみながら生活費や小遣い稼ぎをするのであれば、それが生き甲斐になるかもしれない。それが出来ているシニアは幸せだ。

年齢ごとに生き甲斐が変わってくるのではないか?

続きを読む...

介護の世話にならない体にする。これが基本だ。70歳を過ぎると健康障害が体に出て来やすい。体の免疫力がガクッと落ちるからだ。体の弱い部分から病が出てくる。病気との戦いが70歳過ぎから一般的に始まるのではないか。同時に、体の筋力の衰えを自覚できるようになる。

介護の世話にならない体にするには、(1)病気に成り難い体を作ること、(2)足の筋力を強化すること、そして、(3)自宅以外に居場所を作ることだ。 

じゃあ、どうするんだ!

続きを読む...

介護費用の支払いで本人の代理としてお金を引き出す手続きを銀行窓口でしたのだが、面倒な手続きをしないとお金が引き出せないことがわかった。銀行側は、本人が引き出し手続きをしていただけないとだめだという。介護ベッド状態にいる本人は、銀行まで歩けない。その状況を説明しても代理人ではお金が引き出せない。

高齢者の住宅が多い地域であるためとオレオレ詐欺事件の影響で多額のお金の引き出しに銀行は過剰反応している。高齢者は、銀行から簡単な手続きでお金が引き出せるよう準備しておいたほうが良い。

銀行は本人口座からお金を引き出す際に本人の意志を確認する(介護状態の老人)

続きを読む...

今も私の耳に残っている75歳知人の言葉がある。

70歳を過ぎると思いがけない時に病魔にやられるから気を付けろ!」と忠告してくれた。62歳の私にとって70歳という年齢は、未知の世界である。70歳を過ぎると自分の体にどのような変化が起きるのだろうか。50歳と60歳の時に感じた体調の変化と同じなのだろうか。

還暦を迎えた時、忍耐力が低下した覚えがある。幼児や子供が叫ぶ声に耐えられなくなった自分を意識した。以前は、それほど気にするようなことではなかった。体は、知らないうちに老化してきている。

普通に生活が出来ている事に幸せを感じる時が人生の先輩たちの姿を見て増えて来ている。

老化が進む体は普通の生活を維持できなくさせるという事実!

続きを読む...

年寄りになって働く機会もなくなり何をしたら良いか迷い始めるときがある。他界する前に何か社会や地域に貢献できることはないかを探す人が多い。自己満足の世界かもしれないが、冥途の土産に何か世のため人のためにしたいという気持ちになる。

自宅に帰る途中にある掲示板にこんな張り紙が貼ってあった・・・

これならば年寄りにも簡単に地域に貢献できる!

続きを読む...

通勤の朝、必ず通る道がある。その道には、7台ぐらいの自動販売機が並んでいる。こんな感じだ。

vending2

こんなにたくさんの自動販売機が置かれていると必ず誰かがルール破りをする。通常の価格より安い値段で自社の自動販売機にお客を誘導しようとする。

こんなルール破りの価格だ!

続きを読む...

結婚をしない人、結婚できなかった人の老後はどうなるのだろうか。人生100年になる現代、長生きをすると知人や親せきが先に消えていく。結婚して子供がいて、孫がいれば、自分の最期を看取ってくれる家族がいる。結婚しないで年寄りになって行く人は、自分の老後をどうしようとしているのだろうか。

そんな疑問が義母の介護をしている時に頭に浮かんでくる。義母は、恵まれている。子供、孫、ひ孫までいる。彼女の最期を看取ってくれる家族が大勢いる。

自分の子孫がいないと老後は寂しいかも?

続きを読む...

義母の様態がすぐれないため、万が一の時にどうするかを家族で話し合っていた。義父は、病院や施設よりも自宅で妻を看取りたいという。延命治療は最初から求めていないからだ。二人とも近くの主治医に健康管理をしてもらっている。

義母の様態を見てもらうために週1回往診をお願いしている。彼からもし在宅で看取る事が有るようならば、必ず、彼まで直ぐに知らせてほしいと言われた。

在宅で死亡したときは真っ先に主治医に連絡して来てもらう!

続きを読む...

今朝、家内の父から電話があった。「(介護ベッド状態にある)お母さんの様子がおかしい!早く実家に来てくれ!」という内容の電話であった。家内の予定では、今日の午後にゆっくり実家に行く予定でいた。それが、この電話で急遽自宅を出た。

午後になって、家内からLINEで連絡があった。義母が爆睡していて目が覚めなかったことに義父が驚いたためらしい。このところ老衰状態で食事をあまり取っていないかった。それを毎日見ている義父であるため、直ぐにでも死んでしまうのではないかと心配した。

私たち家族と家内の兄家族で母親の介護支援を半年以上続けている。義父も相当ストレスが溜まってきているのかもしれない。最愛の伴侶の体がだんだんと弱って行くのを見ているので最悪の事態が直ぐにでも起きるのではないかと恐れている。

91歳の義父が介護ベッド状態の義母を見守り、世話をするのは大変だ!

続きを読む...

老後の生活を考えるシニアにとって「お金の使い方」は重要である。感情と欲求だけでお金を使ってしまうと知らないうちにお金が足りなくなってしまう。自分を上手くコントロールできる人ならば、お金の使い方もうまくコントロールできるだろう。私を含めて大部分の人はそれがなかなかできないでいる。

年金だけの収入で老後を生活するには、家計簿をつける必要がある。家計簿をつける習慣が無い人は、無駄遣いをしていないかどうかを監視する必要がある。必要な物にはどうしてもお金を出て行くので必要でないものを上手くコントロールして無駄なお金を使わないようにする。

「死に金」になっている消費行動を見つけるためには・・・

続きを読む...

本日付の日本経済新聞で報じられたタカタが民事再生法申請へ”を見てタカタの社員とその家族は自分たちの将来に一抹の不安を覚えたのではないだろうか。タカタは借金なしの優良企業として評価が高かったが、負債1兆円では自助努力だけで対応できないと判断したのだろう。

民事再生法申請は、タカタで働く社員の生活に大きな悪影響を与えるだろう。当然、人件費削減で大規模なリストラが始まるはずだ。

中高年は、どの会社でもリストラの対象だ!

続きを読む...

都会での生活は、お金が無いと回らない。生活コストが田舎と比べて高い。都会の利便性と刺激を求めて高齢者たちが郊外から都会に引っ越して来る。経済的に余裕がある高齢者は、お金で生活を維持できるが、お金が不十分な高齢者は、都会での生活は無理である。

お金が無くなると食べる物も買えなくなる。飢え死状態になる。生活困窮者として都会で生活するのが高齢者にとって本当に幸せなのだろうか。

近くで低価格(または無料)で食べる物が直ぐに手に入る環境:田舎

続きを読む...

今働いているシニアは、自分が無職になる年齢を決めておくと老後の人生設計が立てやすくなる。一般的に無職なる年齢は、70歳の声を聞いた時だ。人によっては、70歳以降も働き続ける人もいる。65歳で引退する人もいる。平均して70歳前後が多い。

今働いているシニアは、何歳まで仕事を維持できるかの目安を知っておくと無職になった時にどのような生活を送るべきかが想像できるようになる。入ってくる収入が無くなるので貯蓄と年金収入で毎月の生活を賄う事になる。

「ハレ」と「ケ」を上手く使い分ける生活

続きを読む...

自分が何かに没頭している時の事を思い出している。何かに集中している時ほど、精神的に安定している。集中していないでぼ~っとしている時ほど不安が突然襲ってくる。毎日が何かに没頭出来ているわけではない。

ただ、

週2回だけ定期的に集中する活動をしている。筋トレである。

不安が無い人はいない、だから、不安とうまく付き合う方法を見つける事だ!

続きを読む...

父の日(6月18日)がやってくる。我が家では、これと言った祝い事はないのだが私は家内のマーリンにカレーライスをプレゼントしてくれと頼んだ。マーリンが作るカレーは、私にとって最高の贈り物だ。何か欲しいものがあるかと尋ねられたら、マーリンのカレーライスと叫ぶ!

カレーライスは、調子の悪い胃腸を正常の状態に戻してくれる。外出先でお腹の調子が悪くなった時は、必ず、ランチをカレーライスにしている私だ。

欲しい物は幾つかあるが、マーリンのカレーライスが食べられればそれで十分に幸せだ。

豪華なフレンチフルコースよりもマーリンのカレーライス!

続きを読む...