シニアがスターバックスの女子大生店員に顔を覚えてもらう方法 - 定年退職後の過ごし方、働き方、起業、筋トレ、お金

私の仕事場は、スターバックスである。そのため、多くの女子大生店員と知り合いになる。スターバックスでインターネットの仕事をしている。スターバックスに勤務しているわけではない。スターバックスの場所を仕事場にしているだけだ。

私はいつもブラックコーヒーだ。「ホット、ショート、ドリップコーヒー」と言って注文する。これだけでは、注文受付店員に顔を覚えてもらえない。

女子大生店員に自分の顔を覚えてもらう幾つかの方法~その1

人恋しいシングルシニア男性は、シングルシニア女性以上に若い人たちと触れ合う、会話を交わす機会がない。街に出ても人ごみの中を宛所も無くぶらりぶらり歩いている。目的がある高齢者や老人の歩き方は、目的地に向かってわき見を振らず歩いているのでその違いが直ぐに分かる。

カフェに立ち寄ってコーヒーを飲むにしても一人ひっそりとしている。誰とも会話をする機会がない。

私が利用するスターバックスの店員は、ニコニコしながら挨拶をしてくれる。黙って注文を取る他のカフェとは一味違う。常連客に成れば、親しくなれる。知らないうちにお互いの名前を憶えてしまう。名前を覚えられなくても顔を覚えてくれる。

ただ、

あなたの存在を印象強くする必要がある。

私というお客を印象強く可愛い女子大生店員に記憶させるためにこんな事をしている。

  1. マイマグ(マイ・タンブラー) を持参する
  2. 小さい紙カップをもらう
  3. 領収レシートを必ずもらう

多くのお客さんは、1と3は行うが、2番はやらない人が多い。マイマグから直接コーヒーを飲むからだ。私が小さい紙カップを依頼するのは、マイマグにあるコーヒーを温かいうちに飲めるようにしているためだ。小さい紙カップで3杯ぐらい注げる。

いつも、スターバックスに立ち寄ると1~3の事をする。このシニア男性は、マイマグと小さい紙カップでドリップコーヒーを注文するという情報が女子大生店員の間で情報共有される。1,2回程度では覚えてもらえない。常連客に成り始めるまで続けることだ。

その過程で自然と女子大生店員と会話が始まる。こちらから話しかけなくとも相手から話しかけてくれる。小さい紙カップを頂けないかとリクエストするだけで会話が始まる。マイマグにドリップコーヒーを入れて手渡ししてくれる時に小さい紙カップをくれないかと尋ねればよいだけだ。

あとは、同じ女子大生店員と巡り合ったときに小さい紙カップが求めるシニア男性だという事を思い出させるだけで良い。次回来るときに自然とマイマグと小さい紙カップが出てきたら成功だ。

このやり方は、たまたま、そうなっただけだった。マイマグを持っていくと20円ほど割引してくれる。マイマグを忘れた時は、女子大生店員の方から「今日はマイマグをどうしたんですか?」と聞いてくる。そこからちょっとした会話が始まる。

 


my profile pictureこのページのシニアライター:Norito H.Yoshida

Profile

Joomla CMSを使った法人・個人サイト構築で独立。51歳の時に会社を卒業。雇われる生活から自分を雇う生活になる。ソニー(株)、Yahoo!ジャパン(株)でインターネットビジネスの面白さを味わい、個人でも法人と競争が出来る隙間市場があるのに気が付いた。生涯現役でインターネットの世界で生きて行く。Western Washington University, B.S. in Sociology, Bellingham, Washington, USA.

シニアの生活は、体の老化に従って変わって行く。その体験記をこのブログで書いている。