65歳で年金を受け取ると生活が楽になるだけでなく安心が付いてくる - 仕事、健康、筋トレ、暇

年金の受取を65歳から70歳に変更した時、67歳で死んでしまったら誰が喜ぶのか。自分の老後のために年金を毎月積み立ててきたお金が全て他人のために使われる。本来は自分の老後の生活のために使われるはずのお金である。私は65歳から年金を受け取っている。これを70歳に変更したら貰える金額は増えるかもしれないが70歳まで精神的な負担は消えない。

個人事業主として仕事をしているが、年金を65歳から受け取り始めると毎月の生活費を心配する必要が無くなった。その結果、精神的なストレスはすごく軽減された。年金は黙っていても自動的に銀行口座に振り込まれる。受け取れる年金は早いほうが良い。国が約束する年金額は将来減少する傾向が強いからだ。介護保険金額が増えて来ていることからそれが分かる。手取り金額が介護保険金額の増加で少なくなっている。

年金受け取り年齢を65歳から70歳に変更すると見かけ上の受取金額は増加するが、年金の実質受給金額が毎年下がって行くとしたら(介護保険金額が増加している現在)、意味があるだろうか。65歳時に年金をもらうことで生活を楽に出来るならば、それが一番良い選択になると私は思っている。収入に余裕がある人は、別に年金で生活をしているわけではないシニアたちは社会貢献として年金の受取年齢を70歳あたりにするのは問題ない。

65歳の時に年金を貰う、決してもらう時期を後にしない!

65歳時に年金を受け取る理由がある。年金は死ぬ前に受け取らないと自分のために使えない。現在、65歳から初めて年金を受け取れる仕組みになっている。将来は65歳から70に変更される可能性が高い。70歳まで生きられなかったら今まで積み立てて来た自分のお金が全て他人のために使われることになる。それはつまらない!

私は食事の時に一番美味しい物を先に食べる。一番最後の残しておく人がいるが、お腹が一杯になる時に食べては美味しい味が楽しめない。老後の命は短い。最後に残して楽しむという贅沢はできない。年金はできるだけ早くもらえる時にもらうのが処世術である。毎月の生活はそれで楽になる。

年金を先に手元に置いて自由に使う

私は日本政府の年金財産が将来的に確保するのが難しいと見ている。先に現金を手にして自分でそのお金を運用したい。年寄りにとってお金の価値は、年老いていけば行くほど価値がなくなる。元気な時にお金を使わないとその恩恵を素直に感じ取れない。仮に70歳から年金を受け取ることにする。70歳になった途端に健康障害が体に起きて年金を医療費に使ってしまう事も考えられる。余生を楽しむために年金を使えなくなる。

65歳時に年金をもらえば、体はまだ元気だ。年金は医療費以外に使える。70歳を境にシニアは健康障害を発症しやすくなるお金は元気な時に使うに限る。65歳のときの体力と健康は70歳のときと比べて違いがある。これは確かである。身体の老化は急にやって来る。旅行をするならば60歳代のうちにするほうがお得である。

お金が増えても老いた後では楽しめない

国民年金の満額が、月6万6000円ぐらいだ。この金額が数十パーセント増えてもどれだけ得になるか分からない。累計の金額では、77歳の時に70歳支給の人は、65歳支給の人の金額を超える。私は今を楽しみたいので65歳から年金を受け取っている。

年齢 65歳支給開始 累積 70歳支給開始 累積
65歳   80万   80万
66歳   80万   160万
67歳   80万   240万
68歳   80万   320万
69歳   80万   400万
70歳   80万    480万   150万   150万
71歳   80万   560万  150万   300万
72歳   80万   640万  150万   450万
73歳   80万   720万  150万   600万
74歳   80万   800万  150万   750万
75歳   80万   880万  150万   800万
76歳   80万   960万  150万   900万
77歳    80万    1040万    150万 1050万

問題は77歳まで生きるという保証がない。70歳時に年金が支給される間に年金財政がおかしくなるリスクもある。国が言う将来の約束事は国の都合で何とでも変えられる。自分が積み立てたお金は自分の手元に置いて管理したほうが安心と安全がある。

体が健康で元気でないとお金は生きてこない。60歳から70歳の間が一番老後の生活を生き生きと楽しめる。体がまだ若い。70歳以降は、老化現象が激しくなり、免疫力も落ちて、体の弱い部位から病気が発症しやすくなる。60歳代と70歳代では体の健康度が違う。

年老いて不自由に成った体で多額のお金が手元にあってもお金で楽しめない。喜ぶのは、家族だけ。自分が頂くお金は自分の人生を楽しむために使うべきである。65歳ではなく70歳に年金をもらっても、お金を使う楽しみが失われてしまっているかもしれない。

年金だけで衣食住を賄えれば生活は楽になる

個人事業主として売上を立てている。生活費のことを心配せずにビジネスに集中できるメリットが年金のおかげで生まれる。生活費を稼ぐというストレスが軽減される。お金を稼げる時に出来るだけお金を貯め、今という時間を夫婦で楽しみたい。年金は最低限の生活を確保する上で役に立つ。

年金を65歳の時に受け取って国のずるさを学んだ年金の支払いは後払いである。4月16日から年金がもらえると思ったら、支給月が2ヶ月後の6月16日であった。年金は後払い。だから、年金は65歳時にもらうべきである。変な欲を出して70歳から年金を受け取らないことである。

私のビジネスは全て先払い決済を基本としている。後払いのお客さんからの仕事は受けないで今までやってきている。お陰で焦げ付きがゼロである。精神的にストレスもない。不確実な未来に期待しても期待できない可能性がある。シニアは「今を生きて、今を楽しむべき!」年金はそのための資金になる。

結論

  • 私は65歳から年金を受け取っている
  • 年金を先延ばししても累計金額で逆転するのは77歳の時。77歳まで生きていればの話になる。
  • シニアは「今を生きて、今を楽しむべき!」年金はそのための資金になる。

 


私のブログサイトはリンクフリーです

 

  • このブログサイトは、私の許可なくリンクを張って頂いても問題はありません
  • 相互リンクをご希望の方はお問い合わせ下さい

 

my profile pictureこのページのシニアライター:Norito H.Yoshida

Profile

Joomla CMSを使った法人・個人サイト構築で独立。51歳の時に会社を卒業。雇われる生活から自分を雇う生活になる。ソニー(株)、Yahoo!ジャパン(株)でインターネットビジネスの面白さを味わい、個人でも法人と競争が出来る隙間市場があるのに気が付いた。生涯現役でインターネットの世界で生きて行く。Western Washington University, B.S. in Sociology, Bellingham, Washington, USA.

シニアの生活は、体の老化に従って変わって行く。その体験記をこのブログで書いている。