シニアが自宅のリフォームを検討するときに考えること - シニアの仕事、健康、筋トレ、暇

マンションを購入して30年がたった。子供たちは巣立ちした。隣人たちはこの数年の間にリフォームを始めた。大がかりなリフォームからプチリフォームまで。大がかりなリフォームでは1000万円以上もかけたという。我が家は予算的にプチリフォームになった。

30年以上経過したマンションは壁紙にカビが生えている。カビが見えている部分と隠れている部分がある。床のカーペットもすり切れて見苦しくなっている。浴室なんかは水回りであるためカビの主が住んでいる。家内は叫ぶ、「今がチャンス、リフォームをしよう!」 

昨年の春にプチリフォームをした。洗面所の壁紙とカーペット、トイレの取替・壁紙とカーペット、キッチンの壁紙とカーペットのみのプチリフォームである。半日ですべてが完了。費用は35万円前後。本当ならば、すべての部屋の壁紙と絨毯の張替えをやりたかったのだが、一度にやるのは負担が多い。そこで直ぐに出来て金銭的負担が少ないプチリフォームにした。

自宅のリフォームは大きなお金が動く、それが老後の生活で一番の悩み!

毎日、郵便箱にはリフォーム会社からリフォームのチラシが入っている。30年以上たっている大規模マンションは彼らのビジネスターゲットになる。潜在的なお客は見えている。如何にしてお客を取り込むかだけだ。

チラシだけでなく、直接押し売り電話もかかってくる。家内は奥さん方のネットワークで実際のリフォーム業者の評判を聞いている。リフォームをした奥さんの声が一番貴重な情報源になる。旦那さんよりも奥さんの評価が一番。口コミはリフォーム業者にとって怖い。良い仕事をしないと奥様方から仕事は降ってこない。

自宅のリフォームは一生に一度だけ

リフォームはマンション購入と同じで一生に一度になる。プチリフォームにしても数十万から数百万円ぐらいは費用が発生する。家電を買うような感じで買えない。シニアのお金の使い方で一番悩むのは自宅のリフォームではないか。

壁紙のカビ退治

老後の生活を少しでも快適にするためにはタイミング良くリフォームする必要がある。寿命があるうちに30年間の垢を取り除く。部屋の壁紙が一番優先される。カビ退治である。これは健康に影響するから優先順位が高い。カビは壁紙で使われるノリを餌にしているのでノリにカビ防止剤が入っていないと駄目なようだ。

床絨毯がすり減って見苦しい

次に全室の床のジュウタンと浴室である。ジュウタンはマンションの部屋全部に及ぶので大がかりである。まだ、どれぐらい費用が発生するか調べていないが大きな金額になるのではと思っている。浴室も水回りであるので100万円ぐらいかかるかもしれない。この2つは費用が大きいので時間をかけて吟味する。

次のリフォームでやるべきことは

(1)浴室、(2)キッチン、(3)全部屋の床ジュータンと壁紙の張替えである。この3点のリフォームをいつやるかである。今は物価高で円安。物価が落ち着いて円高になった頃か、不動産のバブルが弾けた時期になる。

気をつけなければならないことはリフォームする時期が遅くなればなるほどリフォームされた自宅を楽しむ時間が少なくなるリスクである。老いが進むと自宅を離れて老人ホーム行きになるかもしれないし、突然他界するかもしれない。

リフォームは60歳代のうちが良いのではと思っている。私が70歳になるまであと2年もない。来年辺りに必須のリフォームだけでもやりたい。

結論

老いてくると身体の自由が効かなくなる。住む場所を老いた身体に優しくする必要がある。住まいに備え付けられている機材にも技術革新が起きる。より快適で便利になる。古いマンションほどリフォームすると見違えて快適な便利さが目立つ。

年齢が70歳を過ぎると夫婦二人だけの生活になる。日常的に使う場所が限られてくる。そんな場所をより快適に使用できれば投資するリフォームにも価値が生まれる。日常的に使う場所はどこか。

  1. リビング
  2. キッチン(一部リフォーム済み)
  3. 洗面所(一部リフォーム済み)
  4. 浴室
  5. トイレ(リフォーム済み)
  6. 玄関
  7. 寝室

これ以外に必須なリフォームは各部屋の壁紙張り替えと床絨毯である。30年間の経年劣化がはっきりと分かる。これ以外のリフォームは金額次第。やっても、やらなくても住む上では支障がない。一つ思うことはリフォームするならば出来るだけ早い時期にすることである。

リフォームをやると決めたならばあとはタイミングだけである。

 


私のブログサイトはリンクフリーです

 

  • このブログサイトは、私の許可なくリンクを張って頂いても問題はありません
  • 相互リンクをご希望の方は  まで。

 

my profile pictureこのページのシニアライター:Norito H.Yoshida

Profile

Joomla CMSを使った法人・個人サイト構築で独立。51歳の時に会社を卒業。雇われる生活から自分を雇う生活になる。ソニー(株)、Yahoo!ジャパン(株)でインターネットビジネスの面白さを味わい、個人でも法人と競争が出来る隙間市場があるのに気が付いた。生涯現役でインターネットの世界で生きて行く。Western Washington University, B.S. in Sociology, Bellingham, Washington, USA.

シニアの生活は、体の老化に従って変わって行く。その体験記をこのブログで書いている。