今の社会が求めているシニア人材は偏っていて働く機会が増えていない - 定年退職後の過ごし方、働き方、起業、筋トレ、お金

今の社会が求めているシニア人材は、偏っている。

シニア人材を求めている会社がある。99%以上が、大手企業で管理職をしていたOBを中小企業に派遣する顧問サービスだ。シニア人材と業務委託契約をして顧問を求める中小企業に送り出す。

または、

中小企業が求めている経験と知識があるシニア人材を人材斡旋会社が紹介して直接中小企業と顧問契約を行う形式である。このニーズを満たすシニア人材は60歳で定年退職したシニアのニーズを満たせない。

経験を活かしたいシニア人材が市場にあふれている

この紹介サービスは、特定のシニア人材だけが対象になるため本当の意味でのシニアのリソースを活用できていない。

60歳から70歳までのシニアは、まだまだ普通の会社員のように生産的な仕事が出来る体力がある。彼らも社会で生産的な仕事に就きたいと願っている。

今の会社は、法律で65歳まで雇用する義務を追うのだが、合法的なやり方で60歳以上の会社員を自主退職に誘導している。そのため、多くの定年退職者が65歳まで継続して今の会社で働くことが出来ない現実がある。出来たとしても再雇用であるため非正規雇用になり、給与も大幅に下がる。

60歳以上のシニアで仕事を探している人が急激に増加している。転職先は見つからず、退職金でただ生きているだけの生活が続く。シニア起業が出来る人は、起業に挑戦できるがその数は少ない。多くのシニアは、何をして社会に繋がり続けるか模索中である。この状態になると社会での自分の居場所がなくなる。

シニアの強みを明確にしないと社会が求めるニーズに答えられない。

一般的にシニアの強みは、専門分野があればその分野の知識と経験である。自分のキャリアが専門的であればあるほどその分野の専門職を探してあげれば社会に復帰できる。

しかし、

多くのシニアは、専門職ではない普通の会社員キャリアを過ごしてきた。組織の歯車としてうまく回ってきた。会社の良さと醜さ、そして、人間関係の渦の中で上手く過ごしてきた世渡り術を持っているが定年退職後はそれが使えない。そんなシニアが労働市場で溢れている。

時代は、大きな変化でワークスタイルも大きく変わり始めている。大手企業が率先して年功序列雇用制度を廃止し始めた。一つの会社で定年まで勤められる保証が無くなっている。雇用の安定はなくなり、 自分のキャリア思考がないとこれからの人生の羅針盤が持てない。

雇用の安定を失う若者が増え、仕事が見つからないシニアも増え、そのリソースを上手く活用しないと日本経済が回らなくなるのは目に見えている。若者とシニアの人材リソースを 上手く生産的な仕事に結びつける仕事づくりが急務である。

問題点は明確に成りつつあるが、それを解決する方法がまだ分からない。若者の心理とニーズ、シニアの精神的なニーズと経済的な安定をどううまく作り出せるかである。


my profile pictureこのページのシニアライター:Norito H.Yoshida

Profile

Joomla CMSを使った法人・個人サイト構築で独立。51歳の時に会社を卒業。雇われる生活から自分を雇う生活になる。ソニー(株)、Yahoo!ジャパン(株)でインターネットビジネスの面白さを味わい、個人でも法人と競争が出来る隙間市場があるのに気が付いた。生涯現役でインターネットの世界で生きて行く。Western Washington University, B.S. in Sociology, Bellingham, Washington, USA.

シニアの生活は、体の老化に従って変わって行く。その体験記をこのブログで書いている。