足が不自由でも旅が楽しめるバリアフリー旅行はあるのか? - 定年退職後の過ごし方、働き方、起業、筋トレ、お金

体が不自由になる年齢になると旅行に行きたくても行けない。自分でもう旅は出来ないと思い込んでしまう。多くの高齢者は、足が不自由になると外に出なくなる。心の中は、自由に外に出て新鮮な空気を吸いたいと思っている。

NHK | 世界ふれあい街歩き 私は、世界ふれあい街歩きの番組を定期的に録画して見ている。まだ、訪問したことがない国の街を紹介してくれる。足が不自由でなければ、こんな国に行ってみたいと思っている人が大勢いるはずだ。そんな人たちのための旅行パッケージがクラブツーリズムから提供されている。

杖、車椅子で楽しむバリアフリー旅行

クラブツーリズムが提供するバリアフリー旅行は、自分たちで出来ないことを可能にしてくれる旅行パッケージである。例えば、こんなサービス内容だ。

国内、海外共通

  • 少人数制の旅行(国内20名、海外15名)
  • バリアフリーツアーに精通した添乗員と共に、バリアフリー対応に慣れたドライバー、バスガイドの3名サポート
  • エレベーター付きのバス
  • 歩く距離を極力短く、バスへ乗り込む踏み台も用意
  • トイレ休憩も1時間から1.5時間に一度用意
  • 重い荷物は全て添乗員が対応

足が不自由でも旅行が出来る仕組みやサービスが探せばある。

NPO法人ジャパン・トラベルボランティア・ネットワークでは、身体の不自由な旅人で、車いすを押して欲しい、手引き介助してほしいなどの旅先介助を必要とする人とトラベルボランティア(TV)のマッチング(引き合わせ)をする。お金をあまりかけられない高齢者は、このNPO法人に一度問い合わせてみてはどうか。

何歳になっても旅は良い物である。私は、年2回ほど家内のご両親を自家用車で一泊二日のドライブ旅行に連れて行く。春と秋だ。もう、二人とも80歳を越えているため足が不自由になり始めている。普通のパッケージ旅行では行きたいところに行けないのでその思いを私たち夫婦が足となって叶えている。

体力があるうちに、そして、歩くことで不自由しないうちにまだ見ぬ世界を旅で体験すべきではないか。


my profile pictureこのページのシニアライター:Norito H.Yoshida

Profile

Joomla CMSを使った法人・個人サイト構築で独立。51歳の時に会社を卒業。雇われる生活から自分を雇う生活になる。ソニー(株)、Yahoo!ジャパン(株)でインターネットビジネスの面白さを味わい、個人でも法人と競争が出来る隙間市場があるのに気が付いた。生涯現役でインターネットの世界で生きて行く。Western Washington University, B.S. in Sociology, Bellingham, Washington, USA.

シニアの生活は、体の老化に従って変わって行く。その体験記をこのブログで書いている。