お金よりも自分の時間に価値を置くシニアの起業 - 仕事、健康、筋トレ、暇

insurance

多くの若者は、ベンチャーキャピタルの支援を得て上場を目指す。Get Rich Quick!がこの方法であると学んでいる。お金持ちになりたいという欲望が踊っている。若者にとってお金が一番ほしい物だからだ。お金を稼いで今まで夢にまで描いていた物を買って贅沢な生活をしたいという願望を満たしたいのだろう。

一方、

元会社員のシニア起業家は、起業自体を楽しもうとする。起業の世界は、会社員の生活と比べ新しい体験が出来る世界である。シニアの人生は若者と違って人生の時間が短い。限られた命の時間で起業することになる。お金だけを追求しても老いてくれば来るほどお金の価値がなくなっていく。

シニアの起業家はお金よりも自分の時間に価値を置く!

人生を60年体験してくるとお金の価値が自然と変わってくる。60年間のうちに今の若者たちが望んでいる欲求を満たしてしまう。

そして、

お金では買えないモノを見つける。お金は必要な物だが、人生で一番大切な物ではない!この世界で生きて行くための一つの道具である。私の家内は、知人と物々交換をして手に入らない食品や雑貨を手に入れている。お金は一切発生していない。お金を使わないで人生を楽しむ方法を見つければお金に依存する生活にならない。

お金は生きて行く上での一つのツールである。

起業への挑戦が初めてなシニアであるならば、会社に隠れて副業で自分のビジネスモデルを検証することをお薦めする。 

起業で成功するには、自分の手で生きていくための失敗経験が重要だ。自分の強みで生活が出来るという自信がないと起業は始められない。給与以外の収益を自分の手で稼いだ経験があれば、それが起業への自信につながる。 

今、会社勤めをしているシニアならば、給与以外でお金を稼ぐ体験をする事が一番重要だ。 

起業は、社会とのつながりを強固にしてくれる。体と頭を使い時代に追いついていこうとする。人生の楽しみを継続させてくれる。社会から孤立した老人ほど惨めな人生を送る。 

起業して味わう世界は、会社員でいる世界と全く違う。リスクを自分で取るという世界には、株価のような刺激がある。喜怒哀楽が強い。味わい深い人生を体験できる。その体験は、お金では買えない。自分しか味わえない唯一の体験となる。それを味わうには、賞味期限がある。感受性が高い年齢のうちに味わった方が味が良い。 

新しいビジネスへの挑戦は、ステップ毎にリスク分散をしながら起業の面白さと不思議な体験を味わいながら行うと良い。傷の浅い失敗を楽しみながら、次にその失敗経験を基盤に再挑戦する。そんな起業人生が面白い。


my profile pictureこのページのシニアライター:Norito H.Yoshida

Profile

Joomla CMSを使った法人・個人サイト構築で独立。51歳の時に会社を卒業。雇われる生活から自分を雇う生活になる。ソニー(株)、Yahoo!ジャパン(株)でインターネットビジネスの面白さを味わい、個人でも法人と競争が出来る隙間市場があるのに気が付いた。生涯現役でインターネットの世界で生きて行く。Western Washington University, B.S. in Sociology, Bellingham, Washington, USA.

シニアの生活は、体の老化に従って変わって行く。その体験記をこのブログで書いている。