スターバックス無料Wi-Fiの制限を回避するには(ノマドワーカー向け)? - 仕事、健康、筋トレ、暇

star Bucks wifi

シニアノマドの私は、横浜のスターバックスを活用して仕事をインターネットでしている。スターバックスの良さは、禁煙である。長居しても追い出されない。電源が無料で提供される。お代りのコーヒーが110円で頂ける。そして、無料Wifiサービスがある。

無料WiFiには制限があり、セキュリティがない!

「接続制限があります」というメッセージが出始めるとスターバックスの無料WiFiは使えなくなる。その兆候としてアクセスが止まってしまう。最近までStarbucksで無料WiFiを使うには、サイトで登録が必要であった。メールアドレスとパスワードを登録するという手順になっていたが2016年10月26に以降は、利用規約への同意だけで使えるようになっている。インターネットへの接続ボタンを押してログインしないと無料WiFiは使えない。

スターバックスの無料Wi-Fiは一度の接続で1時間まで

スターバックス店でログインして無料WiFiを使うと無料WiFiサービス側で利用ユーザーの利用時間を記録し始める。接続制限が1時間になっている。

登録ユーザー単位である一定の利用時間を越えると自動的に制限がかかるように設定にしているのでノマドユーザーや長時間利用する利用客は、スターバックスで長時間無料WiFiを使う場合は何度もログインする必要がある。

快適なWi-Fi環境を求めるならば

私は、この変更に伴いWi2の有料サービスを利用している。BIC SIM(3G bytes)を購入してWi2(ワイツー) 300の有料公衆無線LANサービスを無料で使える特典がある。BIC SIMをスマホやモバイルルーターに差し込んでカフェでない場所で使うのに利便性が良い。

カフェにWi-Fiサービスがない場合にBig SIMのLTE接続を使う。スターバックスのように有料Wi2サービスがある場合は自動的にWi2サービスにつながるようにしている。有料Wi2サービスは暗号化接続であるのでセキュリティが確保できる。

いづれにしても今後は公衆無線LANサービスに制限が生まれて無料という形が増えてくる。7SPOTの無料公衆無線LANも1時間しか使えない。長時間使用する利用者を排除して多くの利用者に使ってもらおうという方針だ。

結論

スターバックスの常連者で仕事場として使っているノマドワーカーであるならば、もう無料で公衆無線LANを使うのを止めてちゃんとお金を支払って暗号化されたサービスを使うのが安心である。有料Wi2サービスだけを使いたい場合は月額362円(税抜き)で使える。

 


my profile pictureこのページのシニアライター:Norito H.Yoshida

Profile

Joomla CMSを使った法人・個人サイト構築で独立。51歳の時に会社を卒業。雇われる生活から自分を雇う生活になる。ソニー(株)、Yahoo!ジャパン(株)でインターネットビジネスの面白さを味わい、個人でも法人と競争が出来る隙間市場があるのに気が付いた。生涯現役でインターネットの世界で生きて行く。Western Washington University, B.S. in Sociology, Bellingham, Washington, USA.

シニアの生活は、体の老化に従って変わって行く。その体験記をこのブログで書いている。