夜スタバと朝スタバに見るお客、空き席探し - 仕事、健康、筋トレ、暇

starbucks海外のスターバックス店

時刻は、午後5時47分である。スタバの席は全て埋まっている。90%が若い女性と男性だ。特に目立つのは、大学受験生たちだ。これから各大学の試験が本格化する。土曜日の夕方は、スタバで集中して勉強をしているのだろう。

午前10時頃のスタバは20歳代と会社員の男女がまばらに座ってなにか勉強したり、仕事をしたりしている。夜スタバとは雰囲気が違う。会社で働く会社員はオフイスで仕事をしている時間帯。そうでない会社員は営業マンか、ノマドワーカー、または、個人事業主ではないだろうか。

午前中のスタバには私を除くシニアが一人しかいない。普通のカフェ(ドトールコーヒーショップ)には多くのシニア男女が時間を潰しているのだが、なぜかスタバには見かけない。スタバはシニア向きではないのだろう。雰囲気がアメリカ風でシニアの肌に合わないと感じている。

スタバで席が空く時間帯

筋トレを午後4時過ぎに終えて、近くのスタバ店にやってくる私。いつもならば、席が空いてるのだがこの時期は違っていた。午後6時を過ぎれば夕食を食べに自宅に若者たちは帰って行くはずだ。あと、30分ぐらいすればお店の中は席が空いてくる。夕方6時を過ぎてもスタバにいるお客は限られる。

学生や若者、老人が夜スタバにいる

大学受験性らしき若者たちが多い。シニアは、私と一人のおばあさんだけだ。その他は、社会人らしき男女がスマホやパソコンを触って何かをしている。おしゃべりは聞こえてこない。スタバのお店が流すBackgroundミュージックだけが聞こえる。仕事をする環境としては申し分ないほど静か。

外は冬らしい気温。マフラーが必須だ。お店の中にいるかぎり暖は取れる。私もあと数十分で帰宅することになる。家内が夕ご飯を作って待っているからだ。自宅に誰かが待っているということは幸せだ。それも夕飯を用意していてくれる。

おばあさんは、70歳から80歳の間の年齢に見える。いつも、スタバで顔を会わすおばあさんだ。話をしたことはないがお互い認識している。いつも、文庫本を持ってきて読んでいる。

私の隣にいる若い女性は、スマホで動画テレビを見ている。自宅に帰って大きな画面のテレビで動画を見ることが出来ないのだろうか。スタバのWi-Fiを使って見ているのだろう。私はとてもスマホの小さい画面では満足しない。目が疲れる。

筋トレ帰りにスタバで仕事中の私

週2回は、筋トレ帰りにスタバで仕事をする。地区のスポーツジムの近くに小さなスタバ店がある。外の風景を見ながら仕事が出来るスタバであるので感じが良い。私のように仕事をしている社会人がいる。パソコンに何やら記述をしている。ブロガーかもしれない。

Chromebookを使っている女性をこのスタバで見かけたことがある。15インチサイズのChromebookでスプレッドシートを使って何やら計算をしていた。スタバでは、私のようにスタバを仕事場として使っているノマドワーカーが増えている。

スタバを仕事場として使っているノマドワーカーは、電源コンセントがある席を陣取る。Macを使っているノマドワーカーが多いのだが、Macは長時間可動できるバッテリーを搭載していない。スマホやタブレットなどを使っている人たちも電源コンセントがある席を求める。

最近のMacやWindowsパソコンは、稼働時間が長いモデルが増えている。私が使っているHP Chromebook X360は13.5時間可動するバッテリーを搭載している。それで、私は電源コンセントがある席を探す必要がない。

18時20分になった

徐々に一人、二人と席を立って帰宅して行った。

所が、若い大学生カップルがやってきて宿題をやり始めた。受験生は、まだ、いる。私はそろそろ撤退だ。19時までに帰宅しなければならない。空いている席は、20席中5席しか無い。今夜は特別なのだろうか。平日の夜は、お客が2、3人ぐらいしかいないのだが。

これが横浜駅近くのスタバ店だと混んでいるのが分かる。このスタバは、横浜から電車で5分の駅から歩いて10分の場所にあるスタバである。横浜駅から離れた駅近くにあるスタバはゆったりと仕事が出来る。特に週末はそうだ。

朝のスタバは午前9時前に席が空きだすが11時30分頃に増えだす

平日の朝、横浜駅周辺にあるスタバで席を確保したければ午前8時30分から9時の間に来店すると良い。朝の時間帯は、会社に出社する前に一服している会社員が席を埋めているからだ。彼らが一斉に動き出すのがこの時間帯になる。午前11時30分頃を過ぎるとランチを兼ねた会社員たちが戻ってくる。多いのはを若い女性たちである。

彼女たちはコーヒーとケーキをランチにしている。ちょっと考えられないのだが、そんなランチを取っている若い女性が多い。栄養バランスはすごく悪い。ダイエット目的にしてはちょっと首を傾げたくなる。午後13時になる前にまた大きな動きが生まれる。会社員たちがオフィスに戻る動きだ。

午後1時過ぎから2時頃にまたスタバの席が空き始めるが朝ほど空き席は増えない。午後の時間帯にスタバ店で席を確保するのは難しい。すべてタイミングの問題になる。午後のスタバは年齢的に20歳代から40歳代の男女が多い。シニアは少ない。私が唯一のシニアかもしれない。

横浜には多くのスタバ店があるが、シニアが多いスタバ店はほとんど無い。スタバは若者とビジネスマンのお客が大半である。週末のスタバは朝早く行かない限り日中はいつも人で一杯である。私は週末にスタバで仕事をしない。人混みが多すぎる。

結論

  • 朝スタバと夜スタバでは席が開く時間帯が違う。夜スタバは夕食の時間帯に近づくに連れて席が空く。朝スタバは午前8時30分から9時前までが席を確保するのに良い時間帯になる。
  • 私のようなシニアはあまりスタバに来ない。スタバは若者とビジネスマンで埋まる。

 


my profile pictureこのページのシニアライター:Norito H.Yoshida

Profile

Joomla CMSを使った法人・個人サイト構築で独立。51歳の時に会社を卒業。雇われる生活から自分を雇う生活になる。ソニー(株)、Yahoo!ジャパン(株)でインターネットビジネスの面白さを味わい、個人でも法人と競争が出来る隙間市場があるのに気が付いた。生涯現役でインターネットの世界で生きて行く。Western Washington University, B.S. in Sociology, Bellingham, Washington, USA.

シニアの生活は、体の老化に従って変わって行く。その体験記をこのブログで書いている。