シニアがスマホ料金を安くするためにはどうするべきか? - 仕事、健康、筋トレ、暇

私は昨日までガラケイを使っていた。仕事専用のお問い合わせ受信電話として10年以上も使っていた。AUの3G通信が2022年3月に終了するため4G回線の端末に変更する必要があった。ガラケイの月額通信コストは1200円前後。こちらから電話をかけないで受信だけであるからである。

今回、AUでギャラクシーA41のスマホに機種変更をした。2020年7月に販売開始された最新のミッドレンジスマホになる。定価39900円。このスマホを17,660円でAU店舗で購入した。割引22000円のガラケーからスマホへ機種変更するキャンペーンが有ったからである。

galaxy A41

月額通信コストが今までの3倍になるのが欠点。1Gの通信で3500円前後になる。もし、1G超えると1G毎に1000円加算される。とても、この契約ではやっていけない。そこでこんな節約方法を行う予定である。

シニアがスマホの通信コストを節約する2つの方法

私は仕事をする場所としてスターバックスを使う。スターバックスは無料で使えるWi-Fiサービスが有る。無料Wi-Fiサービスを使えば、スマホのモバイル通信を使わないでもインターネット接続が出来る。スマホのデータ通信はモバイル通信をする時に発生するのでWi-Fi環境で通信をすればモバイル通信データを使わない。その結果、通信コストを節約できる。

シニアは音声通話とデータ通信の料金発生の違いを理解していない人が多い。ガラケイを使っているシニアならば、通話時間で料金が変わるということを知っているが、データ通信での料金発生がデータ通信容量を超えるか、どうかで発生することに気がついていない。

無料Wi-Fiサービスがあるお店やカフェを利用する

シニアは健康維持のために外出を勧められる。自宅以外に居場所を持つシニアならば、街中をブラブラすることはない。行き先が定かでないシニアはカフェに入る場合が多い。または、デパートや家電製品など。足を休めて座る場所があり、トイレも有る場所になる。

そこでスマホを使う。無料Wi-Fiサービスが使える場所が多いのでスマホのWi-Fi選定をONにして使えるWi-Fiを探す。多くのカフェでは無料Wi-Fiサービスを提供している。分からなければ、カフェの店員に聞いてみることである。スマホにはWi-Fi機能があるのでそれを常にON設定しておけば、Wi-Fiサービスをスマホで探せる。ソネットのページでWi-Fi接続について優しく説明しているので参考にしてほしい。 

UQモバイルのような通信コストが安くシンプルな契約を利用する

uq mobile price

私は現在AUでスマホ契約をしている。今月末にはMNP(モバイル番号ポータビリティ)でUQモバイルのスマホ回線に変える予定でいる。今月のスマホ通信料金は1ギガで2700円前後になる。来月UQモバイルにMNPすれば、3ギガデータ容量で月額1,980円(税別)になり通信回線の品質もAUと同じになる。UQモバイルはAUのサブブランドの通信サービスであるから。

UQモバイルへのMNPで発生するコストは、

  1. 解約金 1000円(AUへの支払い)
  2. MNP手数料金 3000円(AUへの支払い)
  3. UQモバイルのSIM登録料金 3000円(UQモバイルへの支払い)

合計7000円が発生する。ただ、現在UQモバイルはMNPするユーザーへの1万円キャッシュバックキャンペーンをしているので最終的に3000円のお得になる。AUで高い通信料金を支払い続けるメリットがない。

モバイル通信を少なくしてWi-Fi通信でスマホを使う意識を持つ

シニアは若者たちのように歩きスマホをする必要がない。SNSでおしゃべりしたり、遊ぶことも少ない。常にスマホを手にして使うこともない。スマホを使う場所を決めていれば、スマホの通信データを節約できることを認識すべきである。自宅や無料Wi-Fiサービスが有るカフェやお店では必ずWi-Fi接続をしてモバイル通信をやめる。

これをやるだけでモバイルデータ通信容量をかなり抑えられる。契約したデータ通信容量を越えなければ通信コストは増えていかない。スマホの通信料金を抑えたければ、積極的にWi-Fi接続で通信をするしか無い。モバイル通信を使う時はどうしても必要なときだけに限る。そんな意識を持ってスマホを利用すれば自然とスマホ通信料金は抑えられる。

結論:

シニアがスマホを使い出す時、スマホ契約を購入店のスタッフ任せになってしまう。理由は、スマホの料金体系が複雑でよく理解できないためである。ほとんどのシニアはかなり割高なスマホ料金契約をさせられる。月額1万円前後の通信料金が当たり前のようにシニアが思ってしまう。このコストを月額2200円 前後に下げることが出来る。

格安でシンプルな通信契約ができ、通信品質も良いUQモバイルにMNPすることである。後、通信データ量を減らすために無料Wi-Fiサービスを利用する。歩きスマホや電車の中でスマホを使わない。スマホを使う場所を無料Wi-Fi環境がある場所に限定することである。

UQモバイルは月の基本データ通信容量が3ギガで1,980円(税別)でシニアが使う上で十分な余裕がある。

 


私のブログサイトはリンクフリーです

 

  • このブログサイトは、私の許可なくリンクを張って頂いても問題はありません
  • 相互リンクをご希望の方はお問い合わせ下さい

 

my profile pictureこのページのシニアライター:Norito H.Yoshida

Profile

Joomla CMSを使った法人・個人サイト構築で独立。51歳の時に会社を卒業。雇われる生活から自分を雇う生活になる。ソニー(株)、Yahoo!ジャパン(株)でインターネットビジネスの面白さを味わい、個人でも法人と競争が出来る隙間市場があるのに気が付いた。生涯現役でインターネットの世界で生きて行く。Western Washington University, B.S. in Sociology, Bellingham, Washington, USA.

シニアの生活は、体の老化に従って変わって行く。その体験記をこのブログで書いている。