なぜ、スマホがパソコンの代わりになるのか? - 仕事、健康、筋トレ、暇

パソコンを一生懸命に学習しているシニアがいるが、時代はパソコンよりもスマートフォンに向かっている。1980年代にワープロがOA化の目玉であったがあっという間にパソコンに食べられてしまった。同じような現象が今起きている。一般のユーザーがパソコンで行う作業は、すでにスマートフォンで簡単にできるようになっている。

画面が小さいという問題もスマートフォンをモニターにつなげれば解決する。それが出来るスマートフォンが販売されている。パソコン教室で教えているExcel、Word等のアプリケーションの操作は、企業で働く上で必須になっているが、企業で働いていないシニアがパソコン教室でそのようなアプリケーソンを学ぶ必要はない。

むしろ、自分の実生活で役に立つスマートフォンの操作を学んだほうが価値がある。スマホがパソコンよりも便利なのは”いつでも、どこでも、誰とも、すぐにコミュニケーションが取れる”ことである。

時代はスマホがパソコンを飲み込む(スマホがパソコンの代わり)

スマホはパソコン同様に色々な機能が備わっている。シニアが全ての機能を学ぶ必要はない。自分の生活を楽にする用途だけに使われる機能をマスターすれば良いだけだ。

無料で長電話をしたいシニアならば

通話は有料である。昔は、それが当たり前であった。今では、通話が無料で使える選択が生まれている。スマホの中にLINEというアプリをインストールすれば良いだけだ。LINEアプリの操作と使い方を勉強すれば無料電話で長話が友人や家族と出来るようになる。ドコモ、AU、ソフトバンクなどの通信企業は通話料金で稼ぐよりもデータ通信で稼ぐビジネスにシフトしている。

スマホに使い慣れた若者たちは、有料で通話をすることがなくなった。いつでも無料でLINE通話ができるし、チャット機能を使えば、通話以上の利便性がコミュニケーションで生まれるからだ。

メールの送受信をしたいシニアならば

メールの送受信はパソコンだけが出来る時代ではなくなった。ガラ携帯の時代でもメールの送受信ができた。当然、ガラ携帯の発展形のスマホでもメールの送受信ができる。スマホでメールを書くとき、画面で指を使って文字入力をしていく。文字入力アプリが自動で立ち上がり、入力を簡単にしてくれる。ガラ携帯の文字入力よりもやりやすくなっている。

パソコンでは、キーボード入力を覚えないとメールを書けない。スマホは、文字入力アプリの操作だけを学べばすぐにメールが書けるようになる。手のひらに載せるぐらいの小型サイズであるのでいつでも、どこでもメールを書ける。パソコンは、自宅でしか使えない。持ち運びして使うには重すぎ、大き過ぎるからだ。

便利な情報を自動通知してくれるスマホ

メールを受信したときに誰から届いたかを短文通知で直ぐに教えてくれる。いつも使う駅に到着したときに次に来る電車時刻リストを自動通知してくれる。道に迷ったたときに現在の居場所を教えてくれて、目的地までの道先順を音声でナビゲートしてくれる。スケジュールを管理できるカレンダー機能に記入した項目は、事前にリマインダーとして通知してくれるので忘れることがない。

ホームページで特定の情報を探したいときなどは、音声でスマホに聞くことが出来る。スマホは音声から判断して該当する情報が見つかるホームページリストを表示してくれる。好きな音楽を聞きたければ、YouTubeにアクセスして無料でお好みの音楽を聞くことができる。動画を見たければ、それもYouTubeで楽しめる。

ライトの明かりが少ない歩道を照らす懐中電灯がなければ、スマホのライトを使って懐中電灯として道を照らせる。懐中電灯機能がスマホに標準で備わっている。万歩計を飼わなくても万歩計機能がスマホに入っている。入っていなければ、万歩計アプリをインストールすれば良いだけだ。

地図を使った道案内と現在位置の表示

知らない土地に出かける時に役に立つのがスマホに入っている「地図アプリ」である。スマホを取り出して地図アプリを起動すればすぐに現在位置を地図上に表示してくれる。道案内機能を使って現在位置から目的地まで画面表示と音声で道先案内をしてくれる。パソコンでも出来るがちょっと面倒である。

平日、夫婦で知らない土地に出かけて観光スポットを探す時にこの地図アプリが役に立つ。これさえあれば、迷うことはない。便利である。私達夫婦は、ドライブ外出でまだ行ったことがない場所に足を伸ばす。その場所の周辺に観光スポットがあれば、駐車場からの行き方を地図マップを使って見つける。

近くのレストランでランチを取るときも地図アプリが役に立つ。地図アプリの中でレストラン検索が出来る。シニアがスマホを使う上で地図アプリが1番役に立っているのではないだろうか。

パソコンはより専門的な仕事で使われるのが現代である。昔のように一般的な用途で使うならば、スマホで十分だ。パソコンは10年以内にこの世から消え失せるだろう。過去のワープロ専用機のように。

シニアは、パソコンを勉強するよりもスマホの使い方を学んだほうが時代にあっている。

結論:シニアはパソコンよりもスマホを学習すべきだ!

  • スマホはパソコン同様に色々な機能が備わっている。シニアが全ての機能を学ぶ必要はない。自分の生活を楽にする用途だけに使われる機能をマスターすれば良いだけだ。
  • スマホの中にLINEというアプリをインストールすれば良いだけだ。LINEアプリの操作と使い方を勉強すれば無料電話で長話が友人や家族と出来るようにな

 


my profile pictureこのページのシニアライター:Norito H.Yoshida

Profile

Joomla CMSを使った法人・個人サイト構築で独立。51歳の時に会社を卒業。雇われる生活から自分を雇う生活になる。ソニー(株)、Yahoo!ジャパン(株)でインターネットビジネスの面白さを味わい、個人でも法人と競争が出来る隙間市場があるのに気が付いた。生涯現役でインターネットの世界で生きて行く。Western Washington University, B.S. in Sociology, Bellingham, Washington, USA.

シニアの生活は、体の老化に従って変わって行く。その体験記をこのブログで書いている。