60歳を過ぎても働ける仕事探し - 仕事、健康、筋トレ、暇

active senior thinks

60歳を過ぎた一人の人間として自分の頭の中で考えることがある。

一つは、この世界に生きていられる時間は限りなく短くなってきていると言うこと。

二つ目は、自分が求めたライフスタイルは大金持ちになった自分ではなく、誰にも指図を受けないで経済的に困窮しないでゆっくりと自分がやりたい仕事を珈琲を飲みながら行うこと。

私の選択は、起業であった。起業すれば、残り少ない余生でお金を稼ぎながら自分の好みのワークスタイルで生活を送ることができる。

60歳を過ぎても働ける仕事探し

こんなことを言っている人は幸せだと読んでいる人は思っているかもしれない。世の中はそんなに幸せではないと。確かにそうだ。60歳を過ぎても年金はもらえない。働く必要がある。生活が出来る仕事を見つけなければ生きていけない。多くの人の現実は、まさに60歳を過ぎても働ける仕事探しである。

会社にぶら下がった人生を送ってきた会社員は、定年退職後の人生が本当の自分の人生になる。この人生の出発点から他界するまでの与えられた時間を満足が行く人生に出来るかどうかである。

65歳になれば、ある程度の年金がはいってくる。それで食べていけるかどうかは個人が60歳からどのような生活をしていくかにかかっている。仕事を見つけて65歳まで働き続ける。そして、さらに働き口を探して生活費に潤いをつける。

死ぬまで働き続けられる仕事を自分で作る努力をする。個人事業主、フリーランスで好きな仕事をやり続ける。理想は、自分が好きでやりたいと思っている仕事を見つけて生活費を稼ぐ環境を作り出すことだ。

これが出来る人と出来ない人がいる。でも、この環境を最初から作れないからどこかの時点で苦労して作り出さねばならない。それは、若い時であればあるほど早く作れる。60歳定年の時と65歳年金受給の時、さらに健康年齢70歳の時という節目があるが、加齢はやる気を失わせる。

だから、

定年退職時から、もしやりたい事があるならば、できるだけ早く試行錯誤を始めた方が良いというか、始めるべきである。

私の場合は、51歳の時に独立して会社を設立。Joomla CMSを使ったサイト構築ビジネスを始めた。その当時、それが一番面白かったし、興味があった。なぜか、それで生活が出来ていた。お客は法人企業だ。このサイトと同じような情報ポータルサイトからコーポレートサイトまで色々なサイト構築、システム保守、サイト運営支援をしてきている。

しかし、このまま続けることは出来ないことを知っている。

第三者のビジネスを支援するようなビジネス形態は年齢と共にリスクが高まる。お客さんに迷惑がかからないビジネス形態に転換していく必要を今感じている。加齢から来るリスクである。

シニアが起こすべきビジネスは自己完結型が良い!

自己完結型のビジネスというビジネスモデルがいつも頭に浮かんでくる。このビジネス形態に今のビジネスから移って行かないとだめだと。そんなことを言っても直ぐには転換できないのが現実。自己完結型の仕事が明確になった時点で助走しながら最終目的地に到達する方法を取らねばと。

幸運にも自己完結型の仕事としてホームページを使ったクリック広告ビジネスがあることを思いついた。実際に起業する時からまねごとでやっていたがあまり手を入れていなかった。つまり、ほったらかしでいた。

既にHPでクリック広告ビジネスをやっている人は凄く多い。上手く要っている人とそうで無い人がいるが、ほとんどが1円も稼げない人たちだ。簡単のように見えて難しい。難しいというのは、自分のホームページで集客をしなければならないことである。

集客は、自分が発信する情報を必要としている人たちを集めることから始まる。HPへのユニークユーザーのアクセスを増やすことが大前提になる。それができなのである。多くの人のホームページは! それさえ達成できれば、クリック広告ビジネスモデルは成立する。

Google AdSenseは、クリック広告ビジネスモデルの仕組みを提供してくれる。私は、これだけに絞ってクリック広告ビジネスモデルを試行錯誤で実践している。何事もやってみなければ分からない世界であるからだ。頭の中で勝手に結論を導き出してはいけない。世の中は人間の頭で判断できるほど簡単な世界ではないからだ。

60歳を過ぎても働ける仕事は自分でビジネスを起こすことだ。


my profile pictureこのページのシニアライター:Norito H.Yoshida

Profile

Joomla CMSを使った法人・個人サイト構築で独立。51歳の時に会社を卒業。雇われる生活から自分を雇う生活になる。ソニー(株)、Yahoo!ジャパン(株)でインターネットビジネスの面白さを味わい、個人でも法人と競争が出来る隙間市場があるのに気が付いた。生涯現役でインターネットの世界で生きて行く。Western Washington University, B.S. in Sociology, Bellingham, Washington, USA.

シニアの生活は、体の老化に従って変わって行く。その体験記をこのブログで書いている。