65歳からの生活設計:仕事探しと居場所探し - シニアの仕事、健康、筋トレ、暇

 65歳まで元の会社で働き続ける事が出来る人は、65歳からの生活設計を今から考えておく必要がある。子供がいるならば、そろそろ結婚だ。女の子ならば、第一子が生まれるかもしれない。子供たちは大人になり、私たちから離れていく。65歳からは本当に第二の人生が始まる。自分で老後の生活設計を作らねばならない。

65歳になると困ることが分かっている。働きたい人は仕事だ。仕事を探すが見つからない。自宅でウロウロしていると家内から外に行ってと言われる。自分の居場所探しが始まる。65歳からの生活設計は、自分の老後の生活を決める。

65歳から70歳までに年金以外の収入を得る仕事と外での居場所を作る

65歳は、まだ、若いと言われる。体力もあり仕事が見つかればすぐにでも働ける。問題は、70歳になった時だ。雇用してくれる会社が70歳になっても引き続き働かせてくれるかどうかである。多くの会社は特別なことが無い限り雇用を打ち切る。この事は65歳のあなたでも予想が出来るはず。

70歳になったら、自分で自分を雇用するワークスタイルに滑り込まなければいけない。他人を頼りながら生活をする年齢ではなくなる。年金だけでは心許ないと思う人は65歳から70歳になる間に始められる自分のビジネスを準備する必要がある。

65歳シニアが出来る仕事

70歳でまだ体力に自信があるならば、パートやアルバイトでやれる仕事を物色しておくこと。誰にでも出来る時間消費型の仕事なのか、知的生産的な仕事なのかで働く面白さも違ってくる。私は体を鍛えるならばカート回収のアルバイトをお勧めする。やるべき事が一つで筋力を使う。足腰を鍛えるには打って付けのアルバイトである。

社会貢献活動をしたいならば、介護の仕事だ。長時間ではなく、1日数時間のアルバイトでも良い。70歳でもやれる仕事をやる。介護の仕事の需要は沢山あるので仕事はすぐに見つかる。きつい仕事かもしれない。収入も最低料金かもしれないが、シニアの働き場として需要がある。

もっと、自分らしい仕事をしたいならば、起業することである。起業するにはビジネスの妥当性を見極めるための試行錯誤期間が必要になる。自分が考えているビジネスモデルでお金を稼ぐことが出来るかどうかを検証するためである。70年間の人間生活から生まれた知恵を使ったビジネスを作り出せれば最高である。

起業で気をつけなければならないことは、物まねビジネスにならないことだ。独創的な発想で勝負しないと若くてエネルギーがある起業家にやられてしまう。

自宅以外の場所に自分の居場所を作る

何をやるにしても自宅で活動せずに外に出てアクションを起こすのが良い。そのためには、外で事を起こすための居場所を探しておく必要がある。お勧めは、起業を目指している人たちが集まっているShared-Office(コーワーキングハウスとか、コーワーキングスペース)でビジネスの準備をすることである。

ビジネスを始める上で自分の存在とサービスを知らしめるホームページは必須になる。インターネットを上手く活用する事でコストを削減し広告宣伝の媒体にする。その意味合いでは今から自分のホームページを持ってビジネスへの応用と運営を学ぶ必要がある。このサイトは、CMS(コンテンツ・マネジメント・システム)で構築されている。

CMSサイトはウエブの専門的な知識を必要せずにどんどんページ作成が出来る。1000ページ作成しても1万ページ作成してもコストはゼロ。自分でページ作成がエディターで出来てしまう。ワープロやメールが出来るシニアであれば問題ない。情報を発信するのが簡単なCMSで自分のビジネスサイトを構築してもらえば、あとはコンテンツをページにしていくだけである。

Shared-Office(コーワーキングハウスとか、コーワーキングスペース)に顔を出せば、CMSがどんなに便利な情報発信ツールであるかが体験できる。多くの起業家は、自社のサイトをCMSで作っているからだ。もし、このサイトと同様なCMSサイトを作ってくれと言うならば、有料でサイト構築を承るのでコンタクトしてください。30万円前後の費用と2週間のサイト構築期間が必要。さらに、サイトドメインとレンタルサーバー費用が発生する(ご自分で契約)。自分でビジネスを始めるには、CMSのホームページは必須である!

Shared-Office(コーワーキングハウスとか、コーワーキングスペース)はこれから起業する人たちと既に起業している人たちが借りる居場所になる。月額1万円前後でフリースペースを借りられる。この場所の良い点は起業したいという人達が集まっていることである。ビジネスの情報交換、交流、相談がその場所で出来る。

ビジネス系NPO団体に所属して社会のニーズを探す

68歳の知人はNPO団体に所属して自分の趣味と社会ボランティア活動を両立させている。自分で起業はせず、NPO団体で仲間と一緒に新しいビジネスを展開しようとしている。経済的には年金と退職金で回っているため生活費を稼ぐというプレッシャーはない。

彼の居場所はNPO団体である。そこに仲間がいる。趣味は山登り。一人で好きな時に山登りを楽しんでいる。65歳からは自分で生活設計をすることが基本。好きな事をする。得意な事を社会で生かす。他人から押し付けられることはやらない。

私は経営支援NPOクラブに所属して自分のインターネットスキルを彼らのビジネスに生かしている。自分の得意を活かすNPO団体を探してみるのも選択肢になる。自分の居場所は自分の能力を生かせる場所が一番良い。定年退職後に社会と直接接する機会を失う。ビジネスを始めるにはビジネス社会の中に身を置く必要がある。ビジネスニーズを肌で感じるためである。

結論

残り少ない人生の旅を満足が行くように使えるのは65歳から。上手く生活設計をしないと暇との戦いになる。暇ほど強敵はいない。日中の時間帯をどのように過ごすかで生活設計の大部分が固まる。自由になった自分の時間を思いっきり何かに使う生活設計を考えてみる。

年金プラスその他の収入という意味合いで小遣い稼ぎビジネスを始めて見ることをお勧めする。年齢的に雇用してくれる会社はない。今度は自分を雇用する仕事を作り出すことである。シニア起業を始めれば、仕事と居場所が一緒に手に入る。

 


私のブログサイトはリンクフリーです

 

  • このブログサイトは、私の許可なくリンクを張って頂いても問題はありません
  • 相互リンクをご希望の方は  まで。

 

my profile pictureこのページのシニアライター:Norito H.Yoshida

Profile

Joomla CMSを使った法人・個人サイト構築で独立。51歳の時に会社を卒業。雇われる生活から自分を雇う生活になる。ソニー(株)、Yahoo!ジャパン(株)でインターネットビジネスの面白さを味わい、個人でも法人と競争が出来る隙間市場があるのに気が付いた。生涯現役でインターネットの世界で生きて行く。Western Washington University, B.S. in Sociology, Bellingham, Washington, USA.

シニアの生活は、体の老化に従って変わって行く。その体験記をこのブログで書いている。