65歳で仕事を失った会社員はどう生きるべきか? - 定年退職後の過ごし方、働き方、起業、筋トレ、お金

blue sea シニアが出来る仕事

再雇用で65歳までもとの会社で働き続け仕事を辞めたシニアは、自分のみの振り方で戸惑う。65歳のシニアを喜んで雇用する会社はない。年金生活を送るにしてはまだ若い。中途半端な年齢で会社から放り出されたという感じだ。

65歳のシニアは、まだ、働き続けたいという気持ちでいるシニアが多い。これから何をして老後を生きて行けば良いのだろうかと自問する。

一部の同僚たちは、雇用してくれる会社を探し始める。一方で趣味に走る同僚もいる。もう、隣を見て同じような生活を送るということができない人生の節目に来たことを悟る。とりあえず、年金収入で生活が出来るので不安はない。そんな元会社員がいる。

老後の居場所を見つけられるかどうか?

65歳まで会社という組織で働き続けてきたシニアは、仕事を失うという現実を精神的に受け入れるまで時間がかかる。65歳になれば、雇用を解かれると言うことを理解していても現実を受け入れがたい。精神的なダメージは大きい。

国民年金、厚生年金、企業年金がもらえるシニアならば年金収入で生活費をまかなえる。仕事を探す必要もないかもしれない。経済的に生きていくには十分な収入と金融資産があっても心の中が空洞になっている感覚で生活をしているシニアがいる。

そんなシニアは決して幸せを感じていない。自宅にいれば家内に邪魔者扱いをされる。自分の居場所が確保されていない現実に直面する。会社で働いていた頃は、会社が自分の居場所であった。今は、その居場所がない。自分で作るか、見つけるかするしかない。

65歳で仕事を失った会社員はどう生きるべきか?

仕事を探して幸運にも再雇用されても70歳までが限度。その後は、65歳の時に直面した問題と向かい合う。年齢だけが5歳増えただけだ。最終的に老後の生き方を決めることになる。

老後の生き方にはこんな選択がある:

  1. 働けるまでアルバイトやパートの仕事で自分の居場所を作る
  2. NPO団体で社会貢献の仕事を探して居場所を見つける
  3. 大学や専門学校に入学して学問を追求し居場所を作る
  4. 起業をして居場所を作る
  5. 趣味に没頭して居場所を作る

年齢が70歳を超えて老化現象がひどくなると活動が自然と自宅周辺に限定されてくる。自分の体で動けなくなったら、生き方をまた変えることになる。終活の生き方だ。

その段階になるまで社会の中に自分の居場所を持ち続ける必要がある。それをどうするかの選択を早い時期に決められるとそれに向かって準備が出来る。


my profile pictureこのページのシニアライター:Norito H.Yoshida

Profile

Joomla CMSを使った法人・個人サイト構築で独立。51歳の時に会社を卒業。雇われる生活から自分を雇う生活になる。ソニー(株)、Yahoo!ジャパン(株)でインターネットビジネスの面白さを味わい、個人でも法人と競争が出来る隙間市場があるのに気が付いた。生涯現役でインターネットの世界で生きて行く。Western Washington University, B.S. in Sociology, Bellingham, Washington, USA.

シニアの生活は、体の老化に従って変わって行く。その体験記をこのブログで書いている。