横浜でシニア男性が元気と若さを美人からもらう方法 - 定年退職後の過ごし方、働き方、起業、筋トレ、お金

横浜駅界隈を歩いていると美人で出くわす確率が非常に多い。横浜には、美人が集まっているのではと思うときがある。若い女性と付き合う機会を失った老人たちには、遠くから美人を眺めるだけで元気と若さをもらう。自分たちが若い頃は、体型が純日本的であった。胴長だ。今の若者たちは、私の子供も含めて足長の体型をしている。

足が綺麗な若い女性を眺めながら目が後を追う。若ければ、1杯コーヒーでもいかが?と声をかけるのだが。

日本人女性の顔と体型は欧米並になって昔以上に美しくなっている!

食生活の改善で昔と現代では、確実に身長が伸びてきている。

body change(参照先:一般社団法人Jミルク)

お化粧が上手くなってきたためか、可愛い女性が多くなった感じがする。可愛い女性たちの中に自然美を目立たせる女性がいる。厚化粧をしなくても輪郭が西洋的な女性が横浜に多い。異国情緒がある横浜だから、異人の血を引く人たちが多いのではないか。

私が子供の頃の女の子はほとんどがおかっぱ頭であった。ロングヘアーであれば、ほとんどが三つ編みをしていた。小学校の同級生に男性だが瞳がブルーであった友達がいた。突然変異なのだろうか。両親は純粋な日本人だ。また、髪の毛が薄茶色の女の子もいた。私は、静岡県焼津市出身で横浜ではないが。

今の若い女の子は、お化粧が上手く、髪を染めて、着こなしも洗練されている。平成生まれの若い人たちと昭和生まれの老人では、時代感覚が違うかもしれないが私たちの目から見て欧米並みの風貌になってきている。

米国に仕事で出張したり、旅行で行ったりして見かける米国の女性は全般的に太っている。顔は綺麗だが、頭から下を見るとデブとしか言いようがない。日本人女性は、米国人標準からすればファッションモデル並みの体型だ。細身の女性が多い。

学生時代は、米国の州立大学で4年間生活をしていた。ブロンドの女性とデートもした。米国女子大生は、大学2年生あたりから太り出す。ちゃんと体重管理をして運動をしている女性は別だが、多くは太り始める。顔形はあまり変わらないのだが、ボディーが勝手に太りだすようだ。

日本で言うデブと米国で言うデブでは桁が違う。日本でデブと言われる女性が米国に行けば、普通の女性の姿だ。デブではない。

西洋人は、肌の老化が激しい。10代から20代までは日本のアニメに出てきそうな女性のように美しい。30代から体型が急降下する。栄養の取り過ぎが原因だ。食生活が日本ほど複雑で洗練されていない。味が単純でボリュームがあり、高カロリー食が多い。

日本の可愛い女性たちは、なぜか身長が低い。身長が高くて可愛い女性にあまり巡り会わない。横浜駅界隈で見かける美人は、女子高校生や大学生が多い。会社勤めの女性は、お化粧が上手すぎて自然美なのか人工的な美なのかの判断が難しい。遠くから眺める限り、どちらも美人に見える。

横浜駅のどこを歩けば美人な女性たちに出会えるのか?

横浜駅西口から高島屋デパートに通じる通路で私は多くの美人に会っている。美貌の視点は人によって違うので悪までも私の美的センスで言っている。横浜に来られる時は、駅界隈をゆっくり美人探索をしてみて下さい。シニア男性であれば、若さと元気をもらる!


my profile pictureこのページのシニアライター:Norito H.Yoshida

Profile

Joomla CMSを使った法人・個人サイト構築で独立。51歳の時に会社を卒業。雇われる生活から自分を雇う生活になる。ソニー(株)、Yahoo!ジャパン(株)でインターネットビジネスの面白さを味わい、個人でも法人と競争が出来る隙間市場があるのに気が付いた。生涯現役でインターネットの世界で生きて行く。Western Washington University, B.S. in Sociology, Bellingham, Washington, USA.

シニアの生活は、体の老化に従って変わって行く。その体験記をこのブログで書いている。