どんな美人にシニアは恋をするのか? - お金、筋トレ、健康、仕事

歳を取ってくると女性の魅力に違いを感じ始める。20代、30代の頃はセクシーな姿に興奮したがFact of Lifeを知ってしまうと肉体的な魅力に飽きてしまう。60歳代以降は、若い女性たちと直接接したり話したりする機会が少なくなるため、若い女性を見るとつい見取れてしまう。

特に、派手すぎない清楚でシンプルな服装をしている若い女性の後ろ姿に何とも言えない美と魅力を感じる。洋服の着こなしで女性の印象がだいぶ違ってくる。

着こなしが上手い女性は年齢に関係なくシニアは恋をする!

前から若い女性の顔や姿を眺めるのは気が引けるが、後ろ姿を眺めるのは遠慮が要らない。先日見つけた20歳代の大学生風の女性は、ショートヘアーカットで草色のワンピースを膝上10センチぐらいにして歩いていた。横顔が清々しいほど綺麗だった。Simple is Best!と言う言葉がこの女性のファッションに現われていた。シニアはこんな女性に恋をする。

横浜の街中を歩いている若い女性たちは、化粧が派手な人が多かったり、肉体的な魅力をアピールする服装をしたり、ハイヒールでヒップを目立たせたりして歩いている。横浜の女性は、美人が多い。異国情緒が服装やスタイルに自然と出てきている。横浜を訪れる方は、美人探しをしてみてはどうだろうか。

人通りが多くて若い美人が行き交う場所は、そごうデパートに向かう東口の地下街や西口から高島屋デパートに向かう通りだ。週末にどこかに腰掛けてコーヒーを飲みながら横浜の美人を眺める、そんなシニアの老後の生活も楽しい。

先日、相鉄線駅出口からJTB店に向かう四つ角信号機辺りで和服姿の50歳代の女性の後ろ姿を見た。日本の女性はやはり和服姿が一番綺麗だ。その方は、和服の着方からして着慣れた女性に見えた。6月で少し暑かったが、涼しそうな和服姿が凄く印象的であった。

一瞬、前に出て顔を見ようと思ったが信号が青になって横断歩道を渡り始めてしまった。次回また会えるか分からないが、思いがけない出会いに驚きと心の時めきがあった。

着こなしが上手い若い女性は得をする。体全体から雰囲気を周りに伝えられる。正面からよりも側面や後ろ姿がよく見える。正面は、顔が美人であるか、ないかで印象が変わってしまうからだ。面白いのは、正面の顔よりも横顔が綺麗な女性が多い事だ。

細身で清楚な印象を漂わせる着こなしが出来る若い女性は、多くはいない。多くの若い女性は、ファッション雑誌の写真を取りだしたような服装とメイクで歩いているからだ。着こなしやスタイルに個性がない。生まれ持った体のスタイルに合った個性が出る着こなしが出来る若い女性はシニアの目から心地よく見える。

シニアが一瞬幸せを感じる時は、着こなしの良い若い女性の後ろ姿かもしれない。 この感覚は、そのような女性に巡り会った時でしか味わえない。

週末の横浜駅界隈で歩いている若い女性の美人探しは面白い。時間がある高齢者には、打って付けの暇つぶしかもしれない。


my profile pictureこのページのシニアライター:Norito H.Yoshida

Profile

Joomla CMSを使った法人・個人サイト構築で独立。51歳の時に会社を卒業。雇われる生活から自分を雇う生活になる。ソニー(株)、Yahoo!ジャパン(株)でインターネットビジネスの面白さを味わい、個人でも法人と競争が出来る隙間市場があるのに気が付いた。生涯現役でインターネットの世界で生きて行く。Western Washington University, B.S. in Sociology, Bellingham, Washington, USA.

シニアの生活は、体の老化に従って変わって行く。その体験記をこのブログで書いている。