60歳以上の高齢者は何かが足りないという不安を感じている - 定年退職後の過ごし方、働き方、起業、筋トレ、お金

think

60歳代のシニアと70歳代の高齢者では、年金受給額が違う。60歳代は年金だけで食べていけない人たちが多い。70歳代は、何とか年金だけで食べて行ける人が多い。経済的な面で言えば、70歳以上の元会社員は、生活に余裕がある人たちが多い。

そんな状況の60歳、70歳代の高齢者だが、経済面だけの問題だけでなく精神的な不安も抱えている。

60歳以上の高齢者は何が足りないと感じているのか?

60歳代の人たちは、これから生活していく上で生活費が足りなくなるという事を理解している。 政府は、年金受給額を削減し始める。だからこそ、経済面で何とかしたいと願っている。

しかし、それだけであろうか?

本当に足りなくて不安に思っているのは、「残された時間を満足いくように使う目標(生きがい)」ではないか。生活していく上での充実感は、何かに向かって一生懸命に活動している時に生まれる。何かに向かって動いていると寂しさを感じなくなり出会う仲間も増えてくる。

60歳を過ぎると子供が家を出て独立する年代になる。自分たちは、しばし二人だけの新婚生活に戻る。自宅という居場所があり、衣食住という基本的なニーズはある程度満たされる。

でも、何かが足りないという不安を感じている高齢者が多いはずだ!

いつまで生きられるかは誰も分からない。それ故、残りの時間をどのように使えば良いか迷う。 自分探しが始まる。この世の私の役割は何なんだろうかと。

生活費が足りなくなるので稼ぐという現実的なニーズは肌で分かる。私は、自分の人生で迷っている人は直面する問題を解決する過程でその不安が解消されると思っている。何もしないで頭の中だけで悶々としているよりは、直面する問題に向かってアクションを取っていた方が人間らしい生活が出来る。

一人で悩み苦しんで自宅にいる人は、肉体的、精神的に弱くなる。認知症になりやすい。躁鬱病になりやすい。足の筋肉が衰退して足を使うのが面倒になるなどマイナス面ばかりが増えてくる。

そんな生活で残りの人生を送る生活なんて誰も歓迎していない!


my profile pictureこのページのシニアライター:Norito H.Yoshida

Profile

Joomla CMSを使った法人・個人サイト構築で独立。51歳の時に会社を卒業。雇われる生活から自分を雇う生活になる。ソニー(株)、Yahoo!ジャパン(株)でインターネットビジネスの面白さを味わい、個人でも法人と競争が出来る隙間市場があるのに気が付いた。生涯現役でインターネットの世界で生きて行く。Western Washington University, B.S. in Sociology, Bellingham, Washington, USA.

シニアの生活は、体の老化に従って変わって行く。その体験記をこのブログで書いている。