老い始めると悩み事が増えるシニアの人生問題を高尾山で見る - 定年退職後の過ごし方、働き方、起業、筋トレ、お金

 私が、毎週見ているNHKの番組がある。「ドキュメント72時間」という番組だ。いつも、録画だが毎週1度はゆっくりと週末に見ている。今日は、「高尾山、なぜかぶらりと都会を離れて」というタイトルであった。

この番組は、現実の中の人間たちをそのまま見せている。人生の空模様が見える。

自分探しを始め、悩みを解消するためにシニアたちがやってくる高尾山

下記は引用である。この文章を読めば、ドキュメント72時間の内容が推測できる。

人々が行き交う街角。そこに足をとめ、通りすがりの人に目を向けてみる。
カメラを据えて3日間、72時間。
同じ空の下、同じ時代に、たまたま行き合わせた私たち。
みんな、どんな事情を抱え、どこへ行くの?― ドキュメント72時間
想像をはるかに超える、多様で生き生きとした、人々の「いま」が見えてくる。 

高尾山には、まだ、一度も頂上まで登った事がない。いつかは行きたいと思っている。人生に悩んでいる老若男女がやって来る。何かを求め、自分の人生を顧みる。そんな人たちが多いようだ。

シニアは、老い始めると悩み事が増えてくる。健康、お金、家族、仕事など多岐多様の悩み事が人生の分だけある。そして、孤独な世界に入り込む。多くのシニアが高尾山に登って自分の悩みを解消していく。山には神秘な力がある。

会社から離れて何をしても良い自由な時間と直面すると精神的に不安定になる。多くの会社員は、枠の中で生活をしてきた。枠=制約の世界が生活のリズムを作ってくれていた。60歳を越えると社会が雇用面で対象外扱いをし始める。新しい現実にぶつかる。

そして、

新しい枠を見つけに自分探しを始める。

年金受給まで時間があるシニア、年金では到底生活が出来ないシニア、健康面で障害を持つシニア、これからの生活をどうすべきか結論が出ないで漂っているシニアが現実の世界に増えてきている。日向の世界から日陰の世界に老いてきたシニアが移動する。

働きたくても働けない人たちがシニアには多い。年金では生活が出来ないシニアは、生きて行く上で困窮する。政府は、そんな問題に対して生活困窮者自立支援制度を制定し、実施し始めている。 相談窓口の情報は、こちらに記載されている。

ドキュメント72時間の番組の中では、社会の日陰の部分を多く見かける事が出来る。シニアは、経済面でも精神面でも健康面でも問題を多く抱え始める。自分で出来ない事が増えてくる。共に助け合える人たちが周りにいないと成り立たない生活環境になる。

他人に迷惑をかけないシニアになるには、普通の生活が自分で出来る健康、お金、精神的な安定、生きがいが必要だ。見えないところで一生懸命に生きて行こうとする人たちがいるという事をドキュメント72時間で気づいてほしい。


my profile pictureこのページのシニアライター:Norito H.Yoshida

Profile

Joomla CMSを使った法人・個人サイト構築で独立。51歳の時に会社を卒業。雇われる生活から自分を雇う生活になる。ソニー(株)、Yahoo!ジャパン(株)でインターネットビジネスの面白さを味わい、個人でも法人と競争が出来る隙間市場があるのに気が付いた。生涯現役でインターネットの世界で生きて行く。Western Washington University, B.S. in Sociology, Bellingham, Washington, USA.

シニアの生活は、体の老化に従って変わって行く。その体験記をこのブログで書いている。