年配の女性はどのような仕事をしているのか? - 定年退職後の過ごし方、働き方、起業、筋トレ、お金

60歳以上の男女で仕事を探している人は多い。特に、夫と死に別れた女性や独身の女性は大変苦労している。その苦労は、男性の倍以上だろう。高齢者は、年齢、体力、時代に合った一般スキル(パソコン操作)、柔軟性、健康などの面で若い年代の就労者に負ける。これらのハンディを越える何かが求められる。

年配の女性が横浜の街角でアンケート調査の仕事をしている

50歳から70歳ぐらいの年齢の女性たちがグループ(3~4人ぐらい)で通りかかる女性にアンケートと言って話しかけている。キャッチセールスをアンケートを取るふりをして行っているのではと思ってしまう。なぜか、男性はやっていない。年配の女性たちだけである。いつも仕事場にしているCafeに向かう途中で見かけることが多い。

どのような仕事をしているか直接聞いたことはないが、想像できる。一つ目は、詐欺商法の一環。二つ目は、特定の年齢層の個人情報取得、3つ目は、企業から依頼された市場調査の一環。

年配の女性たちはパートで雇われた人たちが多い。ターゲット層に合う人(多くは女性)を見つけて話しかけてアンケート会場に連れて行くという仕事が3つ目の市場調査。この手のおばちゃんたちであれば、安心して話を聞いても良いだろう。問題は、騙されて詐欺商法をさせられているパートのおばちゃんたちだ。

年配の女性が出来る仕事は、限られる。飲食店の仕事、清掃の仕事、スーパーのレジの仕事、チラシのポスティング、宅配便の配送(特定マンション敷地内に限定)などがある。

健康で体力があれば、単純労働の仕事が見つかる。事務や庶務の経験があれば、中小企業で雇ってくれるかもしれないが、人間的な縁が必要だろう。私が良く見かける年配の女性は、立ち食いそば屋のおばちゃんたちだ。いつも元気にそばを食べさせてくる。

彼女たちは、働ける口があれば何でもやるという姿勢だ。仕事で選り好みが出来ないことを知っている。男性は、どうしても選り好みしてしまいがちだ。横浜の街を注意深く観察しながら歩くと色々な年齢の人が仕事をしているのが分かる。年齢層によって担っている仕事が違うように見える。

年配の男性でホームレスのような姿の人は、ローンのプラカードを持って横断歩道近くに立っている。JTBの若い女性たちは、駅の近くで朝早くから出勤してくる人にティッシュペーパーと旅行パンフレットを配っている。ファストフード店のスタッフとして高齢者の女性たちもがんばっている。多分、スーパーの裏方でもおばちゃんたちががんばっていることだろう。

路上でアンケート調査をしている年配の女性の中には、品と教養があるおばあちゃんたちもいる。時々、不思議に思う時がある。お金に困っていないような年配の女性に見えるからだ。何か社会でやりたいという事なのだろうか。


my profile pictureこのページのシニアライター:Norito H.Yoshida

Profile

Joomla CMSを使った法人・個人サイト構築で独立。51歳の時に会社を卒業。雇われる生活から自分を雇う生活になる。ソニー(株)、Yahoo!ジャパン(株)でインターネットビジネスの面白さを味わい、個人でも法人と競争が出来る隙間市場があるのに気が付いた。生涯現役でインターネットの世界で生きて行く。Western Washington University, B.S. in Sociology, Bellingham, Washington, USA.

シニアの生活は、体の老化に従って変わって行く。その体験記をこのブログで書いている。