定年退職とリストラで会社を去らざるを得ない人たちはどうすれば良いのか? - 仕事、健康、筋トレ、暇

会社を卒業する会社員たちが増えている。定年退職とリストラで会社を去らざるを得ない人たちだ。働き慣れた会社を離れるのは嫌な事だが、神はあなたに新しい道を用意しているはずだ。今の会社ではあなたは幸せを掴めないと神は言っている

過去を愛おしく思うよりも未来を希望で満たす方が面白い。会社員は、60歳、65歳を節目に皆会社を去る事になる。この事実は当分の間変わらないだろう。

時間の問題で誰もが新しい道を歩み始める。たまたま、あなたは定年退職やリストラでその時期が早まっただけだ。直面する現実は皆同じだから悩む事は無い。

新しい人生の道を探すのではなく、作り出す!

定年退職にしてもリストラにしても当分の間お金で困る状態にはならない。退職金や早期特別支給金で新しい人生の道を探す、作り出す余裕を与えてくれる。早いうちに組織にぶら下がった生活を離れて現実と向かい合う機会を得るのは今後の人生で役に立つ。あなたが70歳になった時、自分一人で残りの人生の過ごし方を考えなければならない。

60歳、65歳の時も同じだ。違うのは、雇用してくれる組織がまだある年齢である事だけだ。この機会に自分一人で新しい人生の道を作り出す挑戦をするならば、70歳以降の人生に大きな影響を及ぼす。このタイミングで新しい人生を作りだす挑戦をするシニアは、自分の生き方を年齢に関係なく死ぬまで構築できる。

高校や大学を卒業して会社に就職するという選択以外に自分で仕事を作りだすという選択がある。若い人たちは、会社に就職する就活が当たり前と考えるというか、社会がそのように教え込む。本来ならば、自分の生活を自分の力で支える仕事を作り出すのが自然なのだが、難しい。経験不足であるからだ。

仕事を作り出す=起業するである。

人生経験がある60歳代のシニアは、今までの経験から起業する下地がある。無いのは、経験と知識、そして、勇気だけだ。

組織を離れて自分一人でお金を稼ぐ行為は、冒険である。元会社員は、特に冒険以上の感覚を持つ。組織に保護された生活を何十年も続けてきたからだ。知らない世界に飛び込むのは勇気がいる。

でも、

子供の頃に初めて自転車の乗ろうと挑戦した時と同じだ。やってみるとそれほど怖がる必要が無い事が分かる。経験が無いだけなのだ。経験は、失敗しないと積まれない。ビジネスは、失敗経験が無いと上手く行かない。失敗をビジネスプランに入れ込んで起業する分野で経験を積む時間が必要だ。

1年ぐらい自分がやりたいビジネス分野で考えついた収益モデルのテストマーケティングをして失敗してみると良い。その経験からどちらの方向に舵を向ければ良いか、何が自分に欠けているのかが分かってくる。ビジネスは原則自分一人で始まる。他人に頼りながら複数人で始めるビジネスは途中で空中分解する。そんな事例をいくつも私は見ている。

定年退職とリストラで神様があなたに与えたチャンスは、勇気をもって有効に使ってみることだ。60歳代であれば、時間的な猶予はある。70歳を過ぎれば、気力も体力もなくなる。そうなる前に自分の手足でお金を稼げるという自信を身に付けることだ。この自信がある、無いだけで老後の生活は大分変る。

還暦を過ぎたら、他人に頼る人生から自分に頼る人生に切り替えよう!

この記事「定年退職とリストラで会社を去らざるを得ない人たちはどうすれば良いのか?」のポイントは、

  • 過去を愛おしく思うよりも未来を希望で満たす方が面白い会社員は、60歳、65歳を節目に皆会社を去る事になる
  • 高校や大学を卒業して会社に就職するという選択以外に自分で仕事を作りだすという選択がある。
  • 還暦を過ぎたら、他人に頼る人生から自分に頼る人生に切り替えよう!


my profile pictureこのページのシニアライター:Norito H.Yoshida

Profile

Joomla CMSを使った法人・個人サイト構築で独立。51歳の時に会社を卒業。雇われる生活から自分を雇う生活になる。ソニー(株)、Yahoo!ジャパン(株)でインターネットビジネスの面白さを味わい、個人でも法人と競争が出来る隙間市場があるのに気が付いた。生涯現役でインターネットの世界で生きて行く。Western Washington University, B.S. in Sociology, Bellingham, Washington, USA.

シニアの生活は、体の老化に従って変わって行く。その体験記をこのブログで書いている。