カフェの席にPCやスマホを置いてトイレに行く人 - 仕事、健康、筋トレ、暇

スターバックスのカフェで仕事をしていると多くの女性が自分の席を確保するためにテーブルの上にハンカチを置く。同じことをサンフランシスコやニューヨークのカフェでやったら、テーブルの上に置いたハンカチは消えている。同時に他のお客が座っている。

テーブルの上にハンカチではなく、手荷物を置けば必ず通りすがりの人が盗んでいくのが海外である。日本ではありえない話だが海外のカフェでは当たり前。日本はそれほど安全であり統一された倫理観でこのような当たり前が当たり前で通っている。

ハンカチがテーブルの上に置かれていれば誰かが席を確保したという暗黙のルールを海外からの観光客は知らない。ハンカチ以外のものが置いてあってもそれで席の予約であると認識しない。

カフェ内での席の確保で私物を置いて席が見えない場所に行くのは置き引き盗難の被害者になりやすい。

ノートパソコンの置き引き被害がカフェで多い!

日本でも海外でも貴重品は必ず身から離さない!これはトラブルに合わないための基本ルールである。安全と言われる日本でもノートパソコンが自分のテーブル席から消えるという事がある。カバンやリュックも同じ目に合うリスクがある。

PC もスマホも財布と同じように貴重品

仕事で使っているThinkPad X260ノートパソコンは貴重なデータが入っているため窃盗に合うと仕事に影響する。そのため、私は必ずトイレに行く時は手で持って行く。若い者たちは、カフェの席にスマホまで置いてトイレに行っている。スマホは価値がある個人データで満たされているので身から離さない事なのだが、それを忘れている。

男性も女性もカフェのトイレに行くときは必ず財布などの貴重品は持って行く。なぜ、PCやスマホを荷物と一緒にテーブル席に置いてトイレに行くのだろうか。トイレ以外の場所で1時間以上外出してから席に帰ってくる人もいる。カフェの中にいるから安心であると思っているのだろうか。周りに他の客がいるから置き引きをするリスクは低いと判断しているのかもしれない。

スターバックスでは置き引き事件が発生している。トイレに行くとき、外で電話するために席を離れるときなどに置き引き被害にあっている。

カフェでは誰かが見ているから安心?

私は用心深い人間なので初対面の人の言葉を信用しない。必ず、その人の言動と行動を注意深く観察する。それがビジネスを行う人間の基本姿勢だからだ。カフェでも用心をしている。

シカゴのオヘア国際空港で乗り換え便を搭乗口ロビーで待っていた時の事だ。30歳代の女性が私の隣に座っていた。突然、私に話しかけてきた。"Please watch my stuff, will you?"(私の手荷物を見ていてくださいませんか?)そして、トイレに向かって行った。大きな旅行バッグであったのでトイレまで持って行くのが面倒であったのだと思う。

誰かに自分の持ち物を見守って頂くようなことは、カフェではありえない。周りに誰かが見ている可能性が高いから。置き引きという窃盗は、そんな環境で良く発生する。誰かが近くで見ているから大丈夫だろうという勝手な判断が危ない。そこを置き引きの窃盗犯が狙う。その上、カフェの中で窃盗に合えばカフェ側の責任と思われがちだが、実際は本人の責任になる。

その意味合いで隣の人に話しかけて自分の手荷物を見張っていただく行為は意味がある。人によっては、拒否する場合があるが。飛行機への搭乗が始まれば、その手荷物はそのまま置かれてしまう。カフェでも頼んだ人が用事でカフェを出てしまえば、同じ結果になる。

貴重品はいつも身に付けておく習慣が必須な時代

カフェは不特定多数の人たちが利用する。国籍を問わず多くの人たちがカフェで時間を過ごす。リモートワーク、ノマドワークなどでPCやタブレットを持ち込んで仕事をしている会社員やフリーランスが増えている。カフェで長時間いると必ずトイレに行くことになる。窃盗犯はそんな人を置き引きのターゲットにしている。

狙われやすい物品はノートパソコンである。私はスタバで仕事をしているノマドワーカーであるのでカフェでの人の行動を観察できる。10人中9人までがパソコンを席に置いた状態でトイレに行ったり、席を10分以上外している。

私はトイレに行くときに席に置いていくものは大きなリュックぐらいである。大きいので盗み難い。PCは必ず手に持って席を立つ。日本の都会は昔ほど安全ではなくなっている。カフェで席を一時的に立つときは置き引きにあったら困ると思う貴重品を持って行くことである。

結論

カフェで置き引き被害に合わないと信じている人は考えを改めたほうが良い。コロナ禍でリモートワークをしている人が増えている。ノートパソコンを持ち込んで仕事をする人が当然増える。ノートパソコンは置き引きのターゲットになる。

リモートワークをしている人はPCを席に置いてトイレに行く。電話応答で席を立って店の外に出るときが多い。席に置かれたノートパソコンはどうぞ盗んで下さいという状態に置かれる。貴重なデータや情報が入っているPCは絶えず自分の身から離さないことが肝心である。

 


私のブログサイトはリンクフリーです

 

  • このブログサイトは、私の許可なくリンクを張って頂いても問題はありません
  • 相互リンクをご希望の方はお問い合わせ下さい

 

my profile pictureこのページのシニアライター:Norito H.Yoshida

Profile

Joomla CMSを使った法人・個人サイト構築で独立。51歳の時に会社を卒業。雇われる生活から自分を雇う生活になる。ソニー(株)、Yahoo!ジャパン(株)でインターネットビジネスの面白さを味わい、個人でも法人と競争が出来る隙間市場があるのに気が付いた。生涯現役でインターネットの世界で生きて行く。Western Washington University, B.S. in Sociology, Bellingham, Washington, USA.

シニアの生活は、体の老化に従って変わって行く。その体験記をこのブログで書いている。