横浜から長崎、博多4泊5日の夫婦旅行でいくらかかるか? - 仕事、健康、筋トレ、暇

今年の4月に夫婦で九州旅行に出かける予定を組んだ。シニア夫婦の楽しみは旅行である。非日常体験を楽しむには訪問した事が無い場所に旅行することである。私たち夫婦はまだ60歳代であるので健康で体力がある。体の調子が良い時でしか旅行は楽しめない。どちらかが体調が悪いと旅行を楽しむという選択が無くなる。

4泊5日の旅行

羽田空港から長崎に行く。長崎に2泊した後に高速バスで博多まで行く。博多で2泊して羽田空港に戻るという旅である。旅行計画を立てる時に予算を決める。確実にお金が発生する事は、(1)宿泊代、(2)交通費、(3)食費である。その中で宿泊代と交通費が大きいコストになる。この2つのコストを出来るだけ抑える旅行プランで今回の旅行を決めた。

ホテルと航空機代がパックになっているプランを探した。知人からその方が安いと聞いたからだ。夫婦で旅に出るまでまだ2か月以上も時間があるので色々と調べた。分かったことは旅行代理店でホテルと航空機代をパックにするプランは必ずしもお得でないという事である。

シニアの特権は旅行を安く組み立てられる時間がある事

私は九州旅行に出発する2か月前に旅行計画を作り、ホテルの宿泊予約とエアーチケットの購入をした。リスクが一番大きいのは、航空運賃である。クレジットカードでの前払いでキャンセル料金が早い時期から発生する。ホテル予約は、3日前までにキャンセルすればキャンセル料金は発生しないので2か月前に予約しても問題が無い。

HISでホテルと航空チケット代をパックにするプラン

私たち夫婦が旅行する時はいつもビジネスホテルに泊まる。豪華な旅館やホテルに泊まる必要性を感じないからだ。ホテルに長時間いない。観光で歩き疲れたらホテルで体を休めるだけという考えである。ビジネスホテルは札幌で利用したホテルモントレーチェーンを使う事にした。ホテルモントレ長崎とラ・スール福岡である。ホテルモントレの朝食バイキングが魅力的であったからだ。

最初、HISでホテルと航空機代をパックにするプランを作った。

  • JAL 羽田→長崎 午前10時5分発 ホテルモントレ長崎 ツインルーム朝食付き 2泊
  • JAL 福岡→羽田 夜21時発 ホテルモントレラ・スール福岡 ツインルーム朝食付き 2泊 

このプラン:合計12万7160円(税込み)であった。

 

ホテルと航空チケット代別々のプラン

<ホテル代>

ホテルモントレ長崎のホームページでツインルーム朝食付を予約したら、1泊1名 約5000円税込み。2名で1泊1万円。2泊2名で約2万円である。

ホテルモントレラ・スール福岡のホームページでツインルーム朝食付を予約したら、1泊1名 約7200円税込み。2名で1泊14,400円。2名2泊で約28,800円である。

ホテル代は4泊 2名 合計約48,800円。(宿泊2か月前に予約)

<航空チケット代>

ANA羽田→長崎 午前8時15分発 2名 20,380円

ANA福岡→羽田 夜8時45分発 2名 23,580円

航空チケット合計 43,960円

このプラン:合計(ホテル代+航空チケット代)92,760円

HISで組み立てたホテル+航空チケットプランと比較すると代金の差額は、34,400円になる。

ホテルと航空チケット代をパックにすればお得になるとは限らない

代金の差額が34,400円になるのは驚きであった。世間一般に言われている「ホテルと航空チケット代パックは安い」と言う噂は必ずしも本当ではない。

シニアには旅行計画を立てる十分な時間と暇が有る。出発日と宿泊日数さえ決まれば、旅行費を安く抑えられる。面倒だと感じて旅行代理店が提供するホテルと航空チケットパックを探すと数万円の損をする。十分に比較検討すべきである。

結論:

夫婦で国内旅行をするならば、自分で旅行計画を立てるべきである。無駄な費用が発生しないお得な旅行プランが出来る。旅行代理店がお勧めするホテルと航空チケットパックは必ずしもお得ではない。ホテルと航空チケットを別々に予約して比較して見ると良い。2か月前に予約すれば、かなりお安く旅行プランが作れる。

 


my profile pictureこのページのシニアライター:Norito H.Yoshida

Profile

Joomla CMSを使った法人・個人サイト構築で独立。51歳の時に会社を卒業。雇われる生活から自分を雇う生活になる。ソニー(株)、Yahoo!ジャパン(株)でインターネットビジネスの面白さを味わい、個人でも法人と競争が出来る隙間市場があるのに気が付いた。生涯現役でインターネットの世界で生きて行く。Western Washington University, B.S. in Sociology, Bellingham, Washington, USA.

シニアの生活は、体の老化に従って変わって行く。その体験記をこのブログで書いている。