定年退職後に生まれる妻のストレスを解消させるにはどうすれば良いのか? - 定年退職後の過ごし方、働き方、起業、筋トレ、お金

夫源病(ふげんびょう)

「夫源病」…夫の定年後、妻には強いストレスに (Yomiuri Online)の記事を読んでこんな病名が付いていたのに驚いた。夫源病という病気はない。

夫源病(ふげんびょう)とは、夫の言動が原因で妻がストレスを感じ、溜まったストレスにより妻の心身に生じる様々な不定愁訴を主訴とする疾病概念で、医学的な病名では無い。 類似の概念として主人在宅ストレス症候群がある。 夫の休日になると妻のメンタルヘルスや体調が悪化する。 熟年離婚の大きな原因とされ増加傾向にある。(引用先:Wikipedia

確かに会社に勤めていた時は、夜しか夫は帰ってこない。昼間は奥さんの天下である。そんな生活が何十年も続けば、突然、夫が自宅にずっと居ることが不自然になり妻にストレスが生まれる。大きな変化が妻への大きなストレスになり、主人在宅ストレス症が妻に発症する。

妻のストレスを解消させるには夫が昼間外出していれば良い

こんな状況が発生するのは、定年退職後に社会とのつながりがポッツリと切れてしまったシニア男性に多い。まだ元気で働けるのに働く場所がない、定期的に外に出て何かする事もない。どうしても自宅に居座って妻の生活リズムを乱し始める。

夫は定期的に働ける場所を見つけ、平日は外出する事で奥さんのストレスをなくすことが出来る。それが解決方法なのだが、誰もができるとは限らない。

私のお勧めは、ボランティア団体や何か自分のキャリアや知識が生きると思われるちゃんとしたNPO団体所属する事だ。

昼間外に出ても居場所がない現実がある。 よく見かける居場所は、図書館、公園、デパート、カフェ、河川などだ。こんな場所で何もしないでぼーっとしているのは何ともったいないことか。残された時間を社会のために使うという気持ちがあれば、居場所は見つかる。

生活費を稼ぐという意味合いならば、近くのスーパーなどで働く機会があるかもしれない。新聞に入ってくるパートやアルバイト募集チラシを見ながら定期的にもう一度社会につながる機会を探してみるのも良いだろう。

ある人は、図書館にパソコンを持ち込んでインターネットを勉強している。インターネットを勉強してインターネットで稼ぐ方法を探そうとしている。時間がかかるが、定年退職者には時間が味方する。私はインターネットビジネスを本業としているのでインターネットで稼いでいる。

インターネットで稼ぐには、知識と試行錯誤が伴う。そのため、直ぐには稼げない。経験値が増すにつれてコツを覚えてくる。

ブログで自己表現をすることから始めると良い。何かアクションと取る事で道は開けると思う。主人在宅ストレス症は夫が社会につながる事で治る病気だ。その意味合いでは、夫が以前のように昼間自宅に居ない事を考えるべきだろう。もうお一度学生になるとか。社会人大学に入学して新しい時代の知識を得るのも良いのでは。

 

 


my profile pictureこのページのシニアライター:Norito H.Yoshida

Profile

Joomla CMSを使った法人・個人サイト構築で独立。51歳の時に会社を卒業。雇われる生活から自分を雇う生活になる。ソニー(株)、Yahoo!ジャパン(株)でインターネットビジネスの面白さを味わい、個人でも法人と競争が出来る隙間市場があるのに気が付いた。生涯現役でインターネットの世界で生きて行く。Western Washington University, B.S. in Sociology, Bellingham, Washington, USA.

シニアの生活は、体の老化に従って変わって行く。その体験記をこのブログで書いている。