定年退職後の新しい生活習慣の作るには? - 定年退職後の過ごし方、働き方、起業、筋トレ、お金

生活習慣は、一度出来上がってしまうと急には変えられない。古い習慣を捨てて新しい習慣を身につけるのと同じである。定年退職後のシニアは、新しい生活習慣を作る機会が提供されている。この機会を逃すと大きな変化が起きない限り変らない。自分の健康のためにも意識して自分の人生にプラスになる新しい生活習慣を作り上げるべきだ。

新しい生活習慣を作り上げる

定年退職後は、毎日が日曜日の状態になる。会社員であった時の週末の生活を思い出してほしい。平日の生活のリズムと週末のリズムは違うはずだ。週末での時間の使い方を死ぬまで続けられるかどうかだ。多くの人は、それを望まないだろう。平日の生活のリズムを取り戻したいと思うはずだ。半年も毎日が日曜日状態を続ければ苦しくなる。

定年退職は、元会社員の男性にとって大きな人生の転機である。自分で自分の余生をどうするかを決めて生きて行かねばならない。やりたい事があるシニアは、それを中心に新しい生活習慣を作り出せば良い。やりたい事が定まっていないシニアは、自分で新しい生活習慣を描いて作っていく必要がある。

60歳を過ぎると健康というテーマが頭から離れなくなる。

健康を害するとそれが大きな変化となって自分の人生にのしかかる。今までの生活と違った生活習慣が生まれ不自由な生活が始まる。老いから来る健康障害や体力の低下は、シニアとして生活をしていく上で意識して行かざるを得ない。定年退職後は、健康が老後の経済的な生活破綻以上の不安要素になる。

普通の生活が出来るか、出来ないかで新しい生活習慣が狂ってくる。若い頃は、体力や健康という生活要素をそれほど意識しないでも良かった。歳を取ることから来る悪影響を感じないからだ。60歳を過ぎると体は若い頃の体とは違うことに気がつく。

つまり、

これから歳を取っていくと言うマイナス要素を新しい生活習慣に取り込んだ生き方をせざるを得ない。

新しい生活習慣は、自分の人生にとって何が優先されるかをリストすることから始まる。最優先課題から生活習慣を考える。人によって優先順位が違う。生活費を稼ぐ必要がある人は、新しい職を見つける必要がある。趣味に没頭したい人は、趣味を中心に余生を考えることになる。何を優先するにしても共通して気を遣う必須項目がある。

バランスが取れた食事と適度の運動である

偏った食事はシニアの健康に凄く悪い。老いから来る新陳代謝の低下で栄養が十分取れなくなるからだ。食が細くなるという言葉がそれだ。さらに、筋肉の衰えがますます新陳代謝の低下を加速する。自宅に隠って体をあまり動かさない生活は、シニアの健康維持でマイナスだ。

シニアは、時間の使い方を思いのままに出来る。自分の体や健康にプラスになるような時間の使い方を生活習慣にすれば良いだけだ。新しい生活習慣を自分で作り、実行する。目先の欲求に狂わされた行動で乱れた生活リズムを作ってはいけない。シニアであればあるほど健康管理が重要になる。若くない体は、ちゃんとお世話をしなければ機能しなくなるからだ。

定年退職後の生活は、新しい生活習慣を作る上で良い機会である。老いの要素を考慮した新しい生活習慣を作る。その意識がないシニアが多いから70歳、80歳代になってから困ることになる。


my profile pictureこのページのシニアライター:Norito H.Yoshida

Profile

Joomla CMSを使った法人・個人サイト構築で独立。51歳の時に会社を卒業。雇われる生活から自分を雇う生活になる。ソニー(株)、Yahoo!ジャパン(株)でインターネットビジネスの面白さを味わい、個人でも法人と競争が出来る隙間市場があるのに気が付いた。生涯現役でインターネットの世界で生きて行く。Western Washington University, B.S. in Sociology, Bellingham, Washington, USA.

シニアの生活は、体の老化に従って変わって行く。その体験記をこのブログで書いている。