65歳から70歳までの5年間をどのように過ごすべきか? - 仕事、健康、筋トレ、暇

65歳は多くのシニアにとって人生の節目である。それは、年金受給が始まるからだ。働かなくてもある程度のお金が死ぬまで支払われる。経済的な安心を65歳になった時点で得ることになる。継続雇用も終わり、会社を完全に卒業する。会社なしの自分独自の生活が65歳から始まる。

会社を当てにする生活思考を65歳になった今改める必要が出てくる。会社にぶら下がって毎月給与をもらう生活は65歳以降は期待できない。多くの65歳のシニアは、自分に頼るよりも他人に頼る思考が続くため再就職先を探し続ける。

自分の人生プランをこの時期に考える。就職活動を続けるのも良いが、期待をしないほうが良い。再就職先が仮に見つかっても70歳になる前に職を失う可能性は高い。そして、また、職探しになる。他人に頼る生活には、年齢的限度がある。それを65歳の時に強く意識して70歳以降の人生プランを考えるべきである。

65歳から70歳までに人生を良くする生活習慣を作り出す!

私は来年からフルに年金をもらえる。今までは厚生年金の報酬比例制度で年金の一部を頂いていた。自営業から生まれる収入と年金を合わせると経済的に余裕が生まれる。その余裕(時間とお金)を「これからの人生を良くする生活習慣作り」に投資する。

自営業でない元会社員のシニアは65歳に成れば自然と「日中8時間の暇」が生まれる。「日中8時間の暇」をどのように使うかで70歳以降の老後人生が変わる。歳を取れば取るほど何もしていない時間が増えてくる。70歳以降はそれが顕著に生活面に浮上する。

そうなる前に「日中8時間の暇」を有効に使う生活習慣を作る必要がある。

アルバイトやパートの仕事で小遣い稼ぎ

65歳の元会社員は、再就職先を探すよりも自分の生活習慣を組み立てる活動をすべきである。今までは、日中の8時間を会社の仕事で費やしていた。会社の仕事がなくなった今、日中の8時間がポカーンと空いてしまっている。この8時間を埋めるのは、誰にとっても大変である。

65歳ならばアルバイトやパートの仕事は探しやすい。時間数や労働日数も調整ができる。自分の都合に合わせたアルバイト・パートの仕事を見つければ、日中の8時間をお金を稼ぎながら有効に使用できる。別に8時間働く必要はない。4時間、5時間ぐらい働いて余った時間を別のことに使えば良い。

日中の8時間を定期的に使う何かを探す時にアルバイトやパートの仕事は都合が良い。アルバイトやパートの仕事を生活のリズムに取り入れて残りの時間を何かで埋めて行く。その時、70歳以降も継続して働けるパートやアルバイトである事が重要である。

自分の趣味で副業に挑戦

趣味がある65歳ならば、その趣味を使ってお金を稼ぐことを考えてみる。趣味を副業にすることである。何をやるにしてもその道の達人を目指すとビジネスチャンスが見えてくる。こればかりは、やっている人しか見えてこない。趣味を趣味で終わらせない。趣味を副業にして小遣い稼ぎが出来れば、そこから新しい生きがいが生まれてくる。

私の趣味は、筋トレである。65歳でベンチプレスの重量93キロを上げることが出来る。シニアが筋トレを始める時に自分の体験から助言ができる。まだ、シニア向け筋トレ助言サービスを始めていないが、本気になってやれば小遣い稼ぎぐらいは稼げるかもしれない。

自分自身がシニアであるからシニアの体の状態をいつも感じられる。同世代のシニアが筋トレを始めるときは、筋トレ習慣を作り難い。そんな問題がある。筋トレは、シニアにとってストイックな運動習慣を求める。その一方で筋トレから来る健康予防と改善には、すごい効果がある。

自分が好きでやり続けたことを今以上に尖らせるとその能力でお金を稼げる機会が生まれる。自分でお金を稼ぐという経験を一度経験すれば、見えている世界が180度違って見えてくる。他人からお金をもらう思考から自分に頼る思考に変わる。

筋肉貯金を始める

体が資本!健康寿命を伸ばさないと医療費や介護費にお金が必要以上に出ていく。それを防ぐには、健康予防に投資をすることである。

60歳を過ぎたシニアの筋肉は、普通の生活をしていても毎年減って行く。この事実を知らないで生きてきたシニアは、足腰が衰えて歩くことが難しくなる。筋肉は使わないと維持できない。筋肉を維持できても負荷を与え続けないと筋肉は増えてこない。70歳になってから筋トレをして筋肉を増やすよりも65歳から筋肉貯金をして筋肉を貯めれば、70歳以降でも普通の生活が維持できる。

動物も人間も自分の力で動けなくなったら、死が待っている。これは確かだ。

老人が歩くことが出来なくなり、車椅子生活を送り始めるとよほど一生懸命リハビリトレーニングをしない限り杖無しで歩く筋力を増やせない。一度筋肉を失うとその筋肉を元に戻すのに苦痛と相当の時間が要する。歩けなくなるときは、歩くのに必要な筋肉の量を失ったときである。

筋肉預金があると歩けなくなる筋肉レベルになるまでの時間を稼げる。筋トレを今から始めないと筋肉貯金は貯まらない。

結論

65歳から70歳までの5年間は、大きな思考変化が求められる。他力本願から自力本願の生活になる。仮に再就職ができても70歳でまた仕事を失うことになる。雇用は年齢制限がある。自力本願で自分独自の生活リズムを今から作らないと70歳以降は益々暇が苦痛になる。

  • 65歳からは年金収入がもらえるので経済的に余裕が生まれる。アルバイトやパートをすれば。
  • 日中8時間をどう埋めるかで70歳以降の生活が変わる。自分の人生プランは、横並び思考では作れない。自分で作り込むしか無い。
  • 何歳になっても「体が資本!」、筋肉貯金を65歳から始めたほうが良い。70歳以降でも普通の生活を送りたいならば、今から筋肉貯金を始めるべきだ。筋肉は毎年減って行く。意識して体の筋肉を増やす運動を生活習慣に入れないと手遅れになる。

 


my profile pictureこのページのシニアライター:Norito H.Yoshida

Profile

Joomla CMSを使った法人・個人サイト構築で独立。51歳の時に会社を卒業。雇われる生活から自分を雇う生活になる。ソニー(株)、Yahoo!ジャパン(株)でインターネットビジネスの面白さを味わい、個人でも法人と競争が出来る隙間市場があるのに気が付いた。生涯現役でインターネットの世界で生きて行く。Western Washington University, B.S. in Sociology, Bellingham, Washington, USA.

シニアの生活は、体の老化に従って変わって行く。その体験記をこのブログで書いている。