ノートパソコンで肩こり、首の疲れを無くすにはどうすれば良いか? - 仕事、健康、筋トレ、暇

昼のテレビ番組でシニアの筋トレ特集があった。その中で目に止まったことが、「座っている時の姿勢だ!」。座っている時の姿勢が悪いと頭の重さが2倍、3倍になるカフェでパソコンのキーボードをたたいている時の姿勢が私の腰と肩、そして、首を痛めている。姿勢が悪いため腰と肩に凝りが生まれ、それが首の筋肉に伝わり、最後に目の疲れに来る。

肩から目まで疲れると夜熟睡が出来なくなる。なんとか、これを治したいと思っている。

パソコンスタンドを使う

カフェで仕事をする毎日。いつも、ノートパソコンで仕事をしているため姿勢がどうしても悪くなる。ノートパソコンの画面が目下にあるので首を下に曲げて画面を見ることになる。これが、姿勢を悪くして肩や首、そして、腰まで疲れさせる。そこで、こんな買い物をした。ノートパソコンスタンドだ。できるだけ画面の位置を目の高さに近づけることで首を下に曲げる角度を和らげることが出来る。

Nexstandパソコンスタンドがお勧め!

nexstandパソコンスタンド 

  • 【体に負担軽減】ノートパソコンをスタンドに乗せて、姿勢が正されることで、長時間のデスクワークでの体への負担を軽減。作業効率も上がり、肩こり、首こり、腰痛、頚椎こりに効果的。猫背も防止。

nexstand1

私の腰痛、肩こり、目の疲れは、ノートパソコンを長時間使うことから起きている。頭を下に曲げてノートパソコンの画面を見るのは、余計な負担を首に与える。アマゾンで注文。価格が2980円。安いので衝動買い。重さが260グラム。重くはない。リュックにノートパソコンとスタンドを入れて持ち歩ける。

椅子に座る時は、骨盤を立てて座るのが良い姿勢になる。骨盤を立てるとは、骨盤が左右水平になっている状態が骨盤を立てるという状態だ。この姿勢で首を曲げないでまっすぐ見える場所にノートパソコンが画面があると首への負担がなくなる。ノートパソコンスタンドは、完全に画面の位置を目の位置まで調整できないが、首の下に曲げる角度は少なくなる。それだけでも首への負担が少なくなる。

ミニキーボードとBluetoothマウスでノートパソコンを操作

このスタンドを使う場合は、別途、ミニキーボードを使う必要がある。キーボードでインプットする時、角度が高くなるので手首の筋肉が疲れやすい。そのため、別のキーボードをワイヤレスか、ブルーツースなどで接続して使うことで手首の疲れを無くすことが出来る。

お勧めミニキーボード BSKBB24BK [Bluetooth3.0対応 コンパクトキーボード 薄型モデル ブラック]¥2,870税込み

bskbb24keyboard

Bluetoothマウスはどのメーカーのものでも良い。

スターバックスのお店でノートパソコンを使っている人でパソコンスタンドを使っているのは私のみ。ちょっと目立つが、首館の疲れはほとんどなくなった。多くのお客さんは首を下に下げて姿勢も猫背になってパソコン操作をしている。パソコンを使っている時間が1時間以内であるならば、それほど疲れないかもしれないが1時間以上であると相当方と首の疲れが残るはず。

結論

  • 座った姿勢が悪いと肩こり、首の疲れ、目の疲れ、そして、腰痛が発症する
  • 座った姿勢を治すことで体の負担を和らげることが出来る
  • パソコンスタンド、ミニキーボード、Bluetoothマウスを使うと疲れを和らげる


my profile pictureこのページのシニアライター:Norito H.Yoshida

Profile

Joomla CMSを使った法人・個人サイト構築で独立。51歳の時に会社を卒業。雇われる生活から自分を雇う生活になる。ソニー(株)、Yahoo!ジャパン(株)でインターネットビジネスの面白さを味わい、個人でも法人と競争が出来る隙間市場があるのに気が付いた。生涯現役でインターネットの世界で生きて行く。Western Washington University, B.S. in Sociology, Bellingham, Washington, USA.

シニアの生活は、体の老化に従って変わって行く。その体験記をこのブログで書いている。