毎日外出のシニアに防水スクエアリュック(バックパック)はどうだろうか? - 仕事、健康、筋トレ、暇

数年使い続けているリュックがダメになってきた。新しいリュックを探した。今度は、雨や水滴に強いリュックにした。ノマドワーカーとして毎日外出していると必ず雨の洗礼を受ける日がある。傘を持ってさしていてもリュックに雨が降り注がれる。防水加工されているリュックであれば心配しないのだが、以前のリュックは普通のリュックで雨が中まで浸透してくる。

毎日が日曜日のシニアたちは、奥さんたちに外出する生活を強いられる。リュックは必須になる。水筒、お菓子、手ぬぐい、ポケットティッシュ、薬入れ、傘など必要なものを入れている。私の場合は、仕事道具が中心になる。ノートパソコンとタブレット、書類などを入れると5キロぐらいになる。

ノートパソコンやタブレットは雨に濡れると壊れる。企業5年目で20万円したThinkpad X200ノートパソコンを雨に濡らして駄目にした経験がある。それ以来、雨の降る日は雨に濡れないリュックの奥にしまっている。その頃はまだ防水リュックがあまり売られていなかった。

次回は防水リュックを買う予定でいた。

パソコンやタブレット、書類や小道具が楽に入る820グラムと軽い雨に強いリュック

backpack1

backpack2

私のビジネスの道具を入れているリュックは、65歳のシニアのノマドワークで役に立っている。雨の日でも急な雨でもリュックに入っているノートパソコンやタブレットを気にする必要がなくなった。傘をさしてもリュックを気にする必要もなくなった。

ALPHA INDUSTRIES スクエアリュック(通勤/通学・A4対応・ネイビー)

 backpack3backpack5

backpack4

毎日スタバに通勤している私。仕事道具のパソコン、タブレット、モバイルルーター、書類、薄手のセーター、手帳、折りたたみ傘、マイボトルタンブラー、ピルケースなどが入っている。1泊2日の出張で着替えの下着、靴下、ワイシャツなども楽に入ってしまう。

昔は手提げかばんを使っていたが、右手でいつも持っていたために体が歪んでしまった。リュックにして体の歪みが改善され、今では歪みがなくなっている。両手がいつも使えるリュックは、便利である。今回買ったリュックは、デザイン的にも色彩的にもビジネス用途向き。

ベストベルトもついているので撫肩の私でもリュックの位置を気にしないで背負っていられる。

仕事で出張するときもこのリュックで行く。いつも使っているリュックは、気に入ったものでないとダメである。リュックの価格は、アマゾンで5480円(税込み、送料無料)であった。セールス期間であったので定価5980円から500円引きになっていた。 

防水リュックを探すときの注意点

防水リュックにも色々ある。リュック全体が防水になっているが、ファスナーの部分が防水になっていない場合がある。ファスナーの部分から雨が浸透してくるので要注意である。

私が購入した防水スクエアリュックはファスナーの部分が防水対応になっていないのだが、ファスナーが縦側にあるので雨が直接当たることが少ない。大雨の時はちょっと心配だが、今までリュックの中まで雨でやられたことがない。

撥水と防水加工には違いがある。撥水加工のリュックは小雨程度の雨ならば役に立つがそれ以外の雨の日は役に立たない。その意味合いで防水加工のリュックを購入することをおすすめする。

結論

 


my profile pictureこのページのシニアライター:Norito H.Yoshida

Profile

Joomla CMSを使った法人・個人サイト構築で独立。51歳の時に会社を卒業。雇われる生活から自分を雇う生活になる。ソニー(株)、Yahoo!ジャパン(株)でインターネットビジネスの面白さを味わい、個人でも法人と競争が出来る隙間市場があるのに気が付いた。生涯現役でインターネットの世界で生きて行く。Western Washington University, B.S. in Sociology, Bellingham, Washington, USA.

シニアの生活は、体の老化に従って変わって行く。その体験記をこのブログで書いている。