64歳がイメージする魅力的なシニアとは? - 仕事、健康、筋トレ、暇

朝、洗面所の前の鏡に写っている自分の姿を見て64歳のシニア男性の魅力はどんな魅力だろうか考え込んだ。顔を見れば、長年の紫外線の影響で頬に大きなシミができていた。両手の甲にも老人性色素班のシミが幾つもできている。こんな顔をしたシニアに魅力を感じないだろう。

私から見て魅力的なシニアは、遠くから見て見栄えが良いシニアである。姿勢が良くて体格が老人のように弱々しくない。歩き方に力強さを感じるシニアである。実際にあって話をすれば、そのシニアの人生観や考え方がわかる。考え方が前向きで好奇心旺盛なシニアほど若さを感じる。

若く感じる点がそのシニアの魅力になると私は思っている。

シニアの精神状態は、実生活やライフスタイルに現れる。経済と健康面で問題を抱えていないシニアほどアクティブに老後の生活を楽しんでいる。外出が多く、スポーツやイベントに参加している。

シニアの魅力は見栄えと好奇心、そして、生活力

シニアの見栄えは、姿勢と体格、そして、洋服に現れる。見栄えの悪いシニアの事例は、街中を歩いているシニアたちの姿を観察すれば参考になる。多くのシニア、高齢者、老人の姿勢は、前かがみになって猫背になっている人が多い。姿勢が悪いのが歩いている姿から手に取るようにわかる。

年齢が65歳を過ぎると運動を定期的していないシニアの体に変化が起きてくる。体の筋肉が失われていき、体が細くなり始める。腹筋と背筋の筋力のバランスが崩れると猫背や前かがみの姿勢になりやすい。良い姿勢は、バランスが取れた筋肉と骨で保たれるからだ。

シニアの見栄えを良くしたければ、体全体の筋肉を鍛える運動をすることである。筋トレ、ヨガ、水泳など体全体の筋肉を使う運動が良い。筋肉を鍛えると体格が改善されると同時に姿勢も良くなる。姿勢と体格が改善されると洋服を着た姿にそれが現れる。ファッション感覚があるシニアはより魅力的な見栄えの姿を作り出せる。

シニアの好奇心は、日々の活動に現れる。好奇心旺盛なシニアは、新しい物好きが多い。常に最新の流行を追って自分の目で、手で確認している。変化に敏感である。興味がある展示会に行ったり、新しい商業施設がオープンすれば夫婦で出かけてみる。若者たちが楽しんでいることにも挑戦する。

体力と健康で問題なければ、今まで訪問したことがない国内外の場所に夫婦で旅行する。パッケージ旅行ではなく、自分たちの視点で考えて旅行スケジュールを作り、ゆっくり訪問地を歩き回る。未経験の場所では、探検という心理が働く。珍しいもの、初めてなものが自然に目に入ってくる。そんな体験から好奇心が増幅される。

シニアの生活力は、好きな仕事をしているシニアから感じやすい。多くのシニアは年金生活になると経済的な生活力が落ちる。生活に余裕がなくなるとそのしわ寄せがシニアの精神状態に反映されやすい。老人になっても外出が多いシニアは、何かとお金がかかる。

好きな仕事をしてお金を稼いでいる限り、経済的な不安はない。毎月収入があり、年金と合算される。生活費では何も問題を抱えない。それが心の余裕に反映される。

好きな仕事をしていることで平日の生活のリズムが自然と作られる。暇に潰されるリスクはなくなる。社会とのつながりが維持され、新しい人たちとの出会いがある。生活環境から毎日刺激が生まれる。

シニアの若さは、社会につながって色々な人と交流しながら変化についていく姿勢に現れる。価値観や考え方などが柔軟になる。過去の話ばかりではなく、未来の展望を話し始める。

魅力的なシニアは体からくる見栄え、前向きに生きる好奇心、心に余裕を産ませる生活力を持っているシニアだ。


my profile pictureこのページのシニアライター:Norito H.Yoshida

Profile

Joomla CMSを使った法人・個人サイト構築で独立。51歳の時に会社を卒業。雇われる生活から自分を雇う生活になる。ソニー(株)、Yahoo!ジャパン(株)でインターネットビジネスの面白さを味わい、個人でも法人と競争が出来る隙間市場があるのに気が付いた。生涯現役でインターネットの世界で生きて行く。Western Washington University, B.S. in Sociology, Bellingham, Washington, USA.

シニアの生活は、体の老化に従って変わって行く。その体験記をこのブログで書いている。