65歳で仕事を辞めたシニアは何をしたら良いのか? - 仕事、健康、筋トレ、暇

time

65歳で再雇用を終えると年金が受け取れると言う喜びと仕事から開放されたという開放感を味わえる。そんな喜びと解放感は、長くは続かない。直ぐに暇な時間が精神的な苦痛を伴って襲ってくる。仕事に代わる物がないから暇になる。外出して街中をブラブラしても日中の8時間を潰せない。

何かに没頭するものを探す必要がある。一番簡単なことは仕事を見つければ良い。失った仕事と全然違う未経験の仕事をやってみる。未経験の仕事と言ってもアルバイトやパートである。65歳であるならばアルバイトやパートの仕事にまだありつけられる。

未経験の仕事は認知症予防になる。認知症予防の目的で未経験のアルバイト、趣味、スポーツなどをやり続ける。そうすれば、今まで味わったことがない喜怒哀楽の余生を送れる。65歳は若い。体力も気力も残っている。70歳を過ぎる前までに新しいことに挑戦すべきである。

未経験なアルバイト、趣味、スポーツに挑戦する

65歳で何をして暇を潰したら良いかで悩み始めると認知症になる。脳と体に届く活動による刺激が少なくなるからだ。1日中何もすることもなく、ぼ〜っとしているシニアは誰よりも早くボケる。認知症になったら人生は終わる。認知症にならないためにも暇をなくすためにも新しい事に挑戦する生活を始めるべきである。

65歳で仕事をやめたシニアは未経験のアルバイト、趣味、スポーツで失った仕事の代わりを見つけるべきである。この3つの要素を上手くブレンドして新しい生活のリズムを作り出す。

未経験のアルバイトに挑戦

簡単なアルバイトから熟練を要するアルバイトまである。最初は刺激が少ない簡単なアルバイトの仕事を探す。オススメのアルバイト先はマクドナルドのスタッフである。マクドナルドはアルバイトスタッフのための仕事マニュアルと指導が整っている。働く時間帯も柔軟である。

多くのシニアにとって未経験のアルバイトであると思う。簡単な作業のアルバイトを半年から1年間ぐらい経験したら、次の未経験のアルバイトに身を移す。スーパーのレジ担当や食材の配置など通常の会社の仕事では味わえない現場の仕事を経験してみる。

自分が経験してみたいアルバイトの仕事を10種類ぐらいリストアップして仕事の難易度ランクをつける。それに従って半年から1年間ごとに未経験のアルバイトを体験して行く。

未経験のアルバイトは今まで経験したことがない喜怒哀楽の余生をあなたに与える。今まで知らなかった世界を垣間見ることができる。未経験な仕事には刺激があるし、面白い。脳と体を使うので認知症予防に一番良い。

未経験の趣味に挑戦

アルバイトをやりながら未経験の趣味に挑戦してみる。やってみたい趣味をまた10種類リストする。やりたい順に並び替えて一つずつ未経験の趣味を始める。毎日やっても良いし、週末だけでも良い。スケジュールと回数はお好みで。

午前中アルバイトの仕事をやって午後は趣味に没頭するという生活も楽しい。それが一人でやる趣味でなければもっと刺激がある。例えば、将棋や碁などは対戦相手がいる。勝ち負けがある。勝つために色々と作戦をねったり、勉強したりする。

趣味も半年から1年毎に変えていく。いくつか未経験の趣味を試して継続的にやり続けたいという趣味が見つかれば、その趣味を生活のリズムの中に入れていく。

未経験のスポーツに挑戦

65歳になると体の筋肉が衰えていくのを感じ始める。筋肉は毎年1%づつ失って行く。定期的に筋トレをしないと自分の体を動かす上で問題が生じ始める。特に足の筋力を失うと行きたい場所に一人でいけなくなる。

ポイントは定期的に運動をする習慣を身につけることである。

未経験のスポーツをいくつかリストしてやり始める。私のオススメは筋トレである。筋トレで失っていく体の筋肉を取り戻すことである。筋トレを始める時は、必ず、筋トレのトレーナーの指導を受けたほうが良い。基礎体力がない状態で筋トレを始めると体が故障する。

筋トレの効果は半年間週2回各1時間ぐらいやれば、姿勢と体格が見違えるように改善される。脂肪も燃焼して体重が減る。筋トレで体力を回復したら、別のスポーツに挑戦する。定期的に運動する習慣を身につけるとそれが生活のリズムを作ってくれる。

65歳で会社を卒業したシニアは未経験のアルバイト、趣味、スポーツに挑戦することで今まで味わったことがない刺激的な体験が得られる。その体験は認知症予防にもなる。もし、年金だけで生活するのが難しいならば、70歳を過ぎてもお金を稼げる仕事を見つける、または、作り出す準備をするべきである。

自分の得意でお金を稼ぐ挑戦をする

自分の得意でお金を稼ぐことが出来ないかを試行錯誤してみる。退職金の一部資金を将来の小遣い稼ぎビジネスに投資してみる。年金プラス月額10万円ぐらいを稼ぐことが出来るビジネスを作り出せれば、アルバイトを70歳で雇い止めになっても仕事を維持できる。

アルバイトをしながら副業ビジネスに挑戦してみる。自分の得意でどのようにやればお金を稼げるかを試す。午前中をアルバイトの時間にして、午後をビジネス作りに費やす。ビジネスの種を幾つか見つけておく。シニアが始めるビジネスはお金が先に出ないサービス業で始めると失敗しても金銭的な損失は少ない。

注意する事は決して他人が誘うビジネス企画に乗らないことである。自分オリジナルビジネスに固守しないと成功する可能性を台無しにする。最近はシニア起業家をカモにする詐欺師が多いのでうまい話には決して耳を貸さない事である。

結論

  • 仕事が見つからなければ、アルバイトを探してみる。未経験のアルバイトで刺激がある生活を送ってみる。
  • アルバイトの合間に未経験の趣味に挑戦してみる。いくつかの趣味を体験することで知らない趣味の世界の魅力を味わえる。
  • シニアの体は毎年1%ずつ体の筋肉が失われていっている。定期的なスポーツで運動習慣を身に着け、失われた筋肉を取り戻す。オススメは筋トレである。

 


私のブログサイトはリンクフリーです

 

  • このブログサイトは、私の許可なくリンクを張って頂いても問題はありません
  • 相互リンクをご希望の方はお問い合わせ下さい

 

my profile pictureこのページのシニアライター:Norito H.Yoshida

Profile

Joomla CMSを使った法人・個人サイト構築で独立。51歳の時に会社を卒業。雇われる生活から自分を雇う生活になる。ソニー(株)、Yahoo!ジャパン(株)でインターネットビジネスの面白さを味わい、個人でも法人と競争が出来る隙間市場があるのに気が付いた。生涯現役でインターネットの世界で生きて行く。Western Washington University, B.S. in Sociology, Bellingham, Washington, USA.

シニアの生活は、体の老化に従って変わって行く。その体験記をこのブログで書いている。