会社員時代に着たスーツやネクタイは75歳までに使い潰す! - 仕事、健康、筋トレ、暇

着る洋服は年齢とともに変わってくる。定年退職後にスーツやネクタイを着る機会は凄く減る。冠婚葬祭や何かのイベントぐらいしかないというシニアが多いはずだ。営業の仕事を続けているシニアはスーツやネクタイは必須だから気にすることはないが、日常生活や仕事でスーツやネクタイを着ないシニアは宝の持ち腐れになる。

私は一人でインターネットビジネスをやっているため実際にお客さんと会う機会は非常に少ない。1年に3回有れば多い方だ。ほとんどがメールや電話で完了する。そのため毎日スーツやネクタイを着る必然性が無い。NPO団体での仕事でイベントに参画したり、出張したりする時ぐらいになる。

会社員時代に購入したスーツやネクタイは60歳を過ぎて会社組織で働かなくなると上手く活用できない。スーツが5、6着あっても飾っておくだけになる。何とか有効活用して使い潰したい。

着なくなった衣類で一杯になる前に整理し使い切る!

季節が秋から冬に向かう時、スーツやネクタイの出番が多くなる。夏は暑いのでワイシャツだけで良いのだが、春秋冬の3シーズンはスーツやネクタイが活躍する。営業活動をしているビジネスマンならば、何歳になってもスーツとネクタイは使い続ける。

働かなくなったシニアはスーツとネクタイとの縁が切れる。何か特別なイベントや機会の時でしか活躍しない。洋服のクローゼットやタンスの中で冬眠状態になる。仕事をする、しないで着る物が変わる。それに従って、今まで使っていた洋服が不用品状態になる。

スーツとネクタイを整理処分する

私は75歳まで毎日着る必要がないスーツとネクタイを使い潰す予定である。10万円以上のスーツが使われないで泣いている。老いて来ると着る衣類が固定化する。仕事をしていない70歳以上のシニア男性はスーツやネクタイを着ることがほとんど無くなる。いつも着る洋服は綿パンとワイシャツ、そして、ジャンバーぐらいになる。

カジュアルな服装で日常を過ごす日々が多くなる。会社員時代に購入した衣類がたくさん残っているのに使わない。仕事をしなくなったら、自分の衣類を一度整理処分したほうが良い。60歳代と70歳代では生活環境と習慣が変わる。その変化に伴い衣類も変わっていく。

スーツとネクタイ姿で毎日外出する

クローゼットを開く度に着なくなったスーツとネクタイが私を見つめて、こう叫んでいる!「外に出て街中を見たい!」と。働かなくなったシニアは健康のために夫婦で外出する。横浜の地下街にはそんなシニア夫婦を多く見かける。シニア男性でスーツやジャケット姿の方も見かける。カジュアルな姿よりもスーツやジャケット姿の方が見かけが良い。

ジャケットを着るならば、スーツとネクタイにする。それでクローゼットの中で冬眠していたスーツとネクタイを生き返らせる。75歳を過ぎれば、スーツとネクタイを着るときは冠婚葬祭ぐらいしかなくなる。冠婚葬祭用のスーツとネクタイを1着、1本残しておけば事は足りる。残りのスーツとネクタイは毎日着て使い潰す。

スーツとネクタイが必須の仕事(アルバイト・パート)を探す

どんな仕事がスーツやネクタイを必須にしているかを考えてみる。

  1. 対面で仕事をする営業職
  2. 金融関連の仕事
  3. 教育関連の仕事
  4. 派遣の仕事(事務職、営業職)
  5. スマートフォン販売店の仕事
  6. アルバイト先で提供される服に着替える仕事、通勤でスーツとネクタイをして使い切る

通勤してアルバイト先に通う仕事ならば、スーツとネクタイを着て通える。どんな仕事であれ、通勤時にスーツとネクタイを着用すれば良いだけ。

使われなくなるスーツとネクタイは最終的に捨てることになる

使わない衣類をストックしておく理由がない。どっちみち使われない洋服は捨てられる年齢が60歳代ならば、着ていなかったスーツとネクタイを使い潰す時間と機会がある。外出時にはスーツとネクタイと決めれば、捨てられる運命にあるスーツとネクタイが生きながらえる。活躍する場をたくさん与えてやる。使わないで捨てるのはもったいない!

家内の両親を見ているともう着ない衣類がたくさん残っている。いづれそれらをすべて処分しなければならない。活動範囲が自宅や老人ホームならばスーツとネクタイは着ない。老いて来る生活は冠婚葬祭時に必要な衣類だけ残しておけば十分である。

スーツとネクタイは長持ちする。価格も高い。大事に扱う衣類になる。そんな衣類が十分使われないで捨てるのはもったいない!普通の生活が出来る健康と体力があるうちに高価なスーツとネクタイを使い切ることを考えることである。私は中小企業を支援するNPO団体に所属している。NPOでは経営で問題を抱えている経営者に助言や支援をする仕事が多い。会員はいつもスーツとネクタイ姿で中小企業に出向いている。

対面で営業する仕事さえ見つければ、高価なスーツとネクタイの有効活用が出来る。

結論

  • 着る洋服は年齢とともに変わってくる。定年退職後にスーツやネクタイを着る機会は凄く減る。冠婚葬祭や何かのイベントぐらいしかない。
  • 会社員時代に購入したスーツやネクタイを毎日の外出時に着る。
  • アルバイト先に通勤する時にスーツとネクタイ姿で行く。
  • 対面で営業するアルバイトの仕事を見つける。

 


私のブログサイトはリンクフリーです

 

  • このブログサイトは、私の許可なくリンクを張って頂いても問題はありません
  • 相互リンクをご希望の方はお問い合わせ下さい

 

my profile pictureこのページのシニアライター:Norito H.Yoshida

Profile

Joomla CMSを使った法人・個人サイト構築で独立。51歳の時に会社を卒業。雇われる生活から自分を雇う生活になる。ソニー(株)、Yahoo!ジャパン(株)でインターネットビジネスの面白さを味わい、個人でも法人と競争が出来る隙間市場があるのに気が付いた。生涯現役でインターネットの世界で生きて行く。Western Washington University, B.S. in Sociology, Bellingham, Washington, USA.

シニアの生活は、体の老化に従って変わって行く。その体験記をこのブログで書いている。