ピンチはチャンスという言葉がシニアを励ます - 定年退職後の過ごし方、働き方、起業、筋トレ、お金

日本語でよく聞く言葉が、「ピンチはチャンスだ!」。なぜ、こんな言葉が私たちの生活の中で使われているのか不思議である。因みにピンチという英語 Pinchの意味は、摘まむという意味で困った状態を意味しない。完全な和製英語だ。本来の英語の表現は、"Tough times bring opportunity."(ピンチはチャンス)になる。

シニアは人生の中で何度もTough Times ピンチに遭遇し、何とか乗り越えて今にきている。捨てる神あれば拾う神ありという感じで困難な時期を何とかやり過ごしてきた。

働く機会がなく収入面が年金だけになると…

自分が住む世界は絶えず変化が起きている。自分が気が付く変化と気が付かない変化だ。一つ一つの変化が直接大きな影響を自分の人生に及ぼすかどうかはわからないが、今まで生きてきた方法が通じなくなるリスクは増す。年齢が60歳を越えれば世間は戦力外の労働者とみなし、積極的に雇用しない。

65歳を過ぎれば、年金だけが収入源になる高齢者が多くなる。体も無理がきかなくなる。老齢化で多くの要素がマイナスの要因を生み出す。精神的には、将来の生活で不安を強く感じ始める。年金以外の収入を稼ぎだす仕組みがあると精神的に楽になる。稼ぎだす金額が不十分であっても将来に期待を抱く事が出来る。

年金だけの収入は、最低限の安心材料である。この土台が社会の変化で崩れ始めると大きなショックウエーブがシニアの人生に降りかかる。そんな時が来ないという保証はない。待ちの人生は怖い。 

働く機会がないというのは、現実の話、仕事の選り好みをしなければ機会はある。ピンチになっていない状態では、自分の都合に合わせた仕事の探し方をする。ピンチになるととりあえず明日の生活を支える収入を優先し始める。何事も仕事をやってお金を稼ぎ始めなければ、次のステップに足が進まない。いやな仕事をしながら、より良い生活方法を見つけるしかない。 

老人は、年齢とともに孤立する。知人友人親戚が減少する。頼れる人が他界していく。最後は、自分一人になるという現実を受け入れて余生を過ごす必要がある。そのための準備(収入面と生活環境)を元気なうちにしておく。私自身もその準備が出来ていないが、出来る事をを少しづつ考えてやり始めている。 

ピンチになる高齢者は増加している。

ピンチになれば、人間は知恵を働かそうと努力する。どこかの隙間にチャンスという穴がないかを探し出す。思いもしなかった自分の才能や可能性に気が付く。何も失う物がなければ、チャンスを掴んでやってみる。それがピンチになったシニアが一番先にやってみることだ。

頭だけであきらめてはいけない。現実は奇なり。ちょっとした可能性があると思った時点で手足を動かして活動してみる。自分で風を起こす。その風が跳ね返って何かが生まれれば、チャンスという可能性が生まれる。 

私を含め高齢者は社会の片隅に追いやられる。自分で自分の人生を切り開いていく強い意志がないと大海で漂う苦しい生活を余儀なくされる。60歳代はまだ元気だ。元気なうちに年金以外の収入源が入る仕組みを作り出す。ピンチになっている時ほど必死になってチャンスを探すから、見つかる可能性は高い。 


my profile pictureこのページのシニアライター:Norito H.Yoshida

Profile

Joomla CMSを使った法人・個人サイト構築で独立。51歳の時に会社を卒業。雇われる生活から自分を雇う生活になる。ソニー(株)、Yahoo!ジャパン(株)でインターネットビジネスの面白さを味わい、個人でも法人と競争が出来る隙間市場があるのに気が付いた。生涯現役でインターネットの世界で生きて行く。Western Washington University, B.S. in Sociology, Bellingham, Washington, USA.

シニアの生活は、体の老化に従って変わって行く。その体験記をこのブログで書いている。