老人に孤独を感じさせない方法 - お金、筋トレ、健康、仕事

away from loneliness

老人の誰もがいつも一緒に時間を共有する友人や知人、家族がいるとは限らない。昔は、大家族で生活するのが普通であったが現代は核家族化している。子供に迷惑がかからないように独立して生活をする親が多い。年に何回か子供や孫に会うしかない老後の生活が生まれる。老いと共に孤独がやってくる!

孤独の感じ方には個人差がある!

高齢者が孤独を感じない生き方があるのだろうかと誰もが思う。人によっては、孤独を楽しむ人もいる。そのため、わざと人里離れた山奥に住居を構えて自然を楽しむ。

高齢者の誰もが孤独で悩むとは思えない。孤独は、精神的でプライベートな問題だ。感じ方次第でどうにでもなる場合が多い。孤独で悩む老人は、人生に目的を見出していない。生き甲斐を持っていない。自分で積極的に社会に出て行って他の人たちと何かをしようとする意思がない。

匠の人生は、自分の技量を高めるために修行に生き甲斐を感じる。孤独を感じる時間がないのである。自分の時間を自分の技量を高めるために使っている。目的がある時間の使い方をしている人は、孤独を感じる前に時間が足りないと焦っている。暇な老人ほど孤独を感じる。

老人に孤独を感じさせない方法

  1. 自分の存在が何かに役に立つという居場所を提供する。
  2. 自分よりも劣環境で一生懸命に生きて行こうとする人たちに逢わせる。
  3. 孫がいるならば、孫のお世話をさせる、または、触れ合い時間を増やす。

老人の孤独は、子供が意識して孤独にさせない気づかいを必要とする。他人には、孤独であるか、どうかが分かり辛い。何か楽しい事、面白い事などが実生活の中で生まれていると孤独を感じる事が少なくなる。感じる前に没頭する何かに吸い込まれるからだ。

碁が好きな独り者の老人が毎日碁が打てるお店に出かける。新宿の碁会所「碁席秀策」という場所だ。徹夜で碁が出来るそうだ。将棋もそうだ。何か面白いと感じる趣味があれば、「類は友を呼ぶ」で人は集まってくる。別に遊びでなくてもよい。自分で仕事を作って仕事に没頭する。

ポイントは、与えられた人生という時間を楽しむ使い方を見出せれば良いわけだ。積極的に新しい事に挑戦する老人は救われる。別に老人でなくても誰にでも共通することだ。人生を積極的に前向きに生きて行くことが孤独から逃れる方法だ。


my profile pictureこのページのシニアライター:Norito H.Yoshida

Profile

Joomla CMSを使った法人・個人サイト構築で独立。51歳の時に会社を卒業。雇われる生活から自分を雇う生活になる。ソニー(株)、Yahoo!ジャパン(株)でインターネットビジネスの面白さを味わい、個人でも法人と競争が出来る隙間市場があるのに気が付いた。生涯現役でインターネットの世界で生きて行く。Western Washington University, B.S. in Sociology, Bellingham, Washington, USA.

シニアの生活は、体の老化に従って変わって行く。その体験記をこのブログで書いている。