65歳を過ぎたシニアに提供される仕事は専門分野か、誰もが嫌がる仕事のどちらかだ! - 仕事、健康、筋トレ、暇

どの分野でも美味しい仕事(面白くて遣り甲斐があり報酬が良い)は積極的に奪って行かないと手に入らない。誰もがそんな仕事を探して社内転職、社外転職をする。競争は激しい。激しい仕事の取り合いに65歳を過ぎたシニアが入れるだろうか。門前払いが最初の返答だろう。

人材不足とメディアは騒ぐが、不足している人材は誰もが積極的にやら多がらない3Kの仕事が多い。精神的、肉体的苦痛を伴う仕事が多い。ホワイトカラーの仕事を長年してきたシニアならば、ブルーカラー労働者の仕事を探さない。探す前から耐えられない事を知っているからだ。

単純に仕事を今求めたいと思っているシニアならば、確実に見つかる仕事がある。介護の仕事だ。絶対的にマンパワーが足りていない。猫の手も借りたいほど人が見つかっていない。私は介護の仕事をやりたいという強い動機がないので仕事探しのリストから外している。というか、自分の仕事があるのでその必要が無いのが現実だ。

介護の仕事は、強い動機付けが無いと続かない。取り扱うものが老人と言う人間だからだ。認知症を持つ老人であれば、普通に接する事が出来ない。

遣り甲斐のある仕事で老後の生活を送りたいならば、自分の専門分野で仕事にすることだ!

誰にでも出来るような仕事、忍耐を要求される仕事、人が嫌がる仕事は自分の得意を武器に出来ない仕事である。自分のスキルや経験が生きない単純な労働であれば、誰でも良い仕事だ。65歳を過ぎたシニアが直ぐに探せる仕事は、そんな仕事が多い。過去の自分を全て忘れて一から仕事を学ぶ姿勢があるシニアならば、今まで経験した事が無い単純な労働でも学びがいがあるかもしれない。

こんなアルバイトがある。時給額も良い。

job seeker

老後のお小遣い稼ぎで月5万円から8万円を稼ぎたいならば、「とんかつ松乃屋」でアルバイト店員になって働ける。ここでの仕事は、自分の時間と肉体労働をお金に取り換えているに過ぎない。目的がお金稼ぎだけであるならば、こんな仕事は山とある。体力と接客力が求められる。

シニアの強みは、人生経験と今まで積み上げてきた特定分野のスキルではないか。

若い人と競争して遣り甲斐のある、面白仕事に有り付こうとする考えがおかしい。老害になるかもしれない。遣り甲斐のある仕事は若い人たちに譲るのが、自然だ。むしろ、シニアは若者が出来ない分野の仕事を探すべきだ。その時に必要なモノは、特定分野の専門的な知識や経験だ。それさえあれば、若者が求めても仕事が出来ない。

65歳を過ぎたシニアは、最後の専門スキルの棚卸をして競争力をもっと高められる方法を考えるべきだ。ポイントは、同じ分野でも若者よりも尖がったスキルを持っていれば、良いだけだ。

尖がった知識とスキルがあるシニアならば、会社の雇用されるという選択よりも自分でそのサービスを提供する側に立った方がより充実する仕事が出来る。そんなニッチな専業サービスを自分に見つける事が出来れば、老後の生活は刺激的になる。

この記事「65歳を過ぎたシニアに提供される仕事は専門分野か、誰もが嫌がる仕事のどちらかだ!」のポイントは、

  • どの分野でも美味しい仕事(面白くて遣り甲斐があり報酬が良い)は積極的に奪って行かないと手に入らない。
  • 単純に仕事を今求めたいと思っているシニアならば、確実に見つかる仕事がある。介護の仕事だ。
  • シニアの強みは、人生経験と今まで積み上げてきた特定分野のスキルではないか。

 


my profile pictureこのページのシニアライター:Norito H.Yoshida

Profile

Joomla CMSを使った法人・個人サイト構築で独立。51歳の時に会社を卒業。雇われる生活から自分を雇う生活になる。ソニー(株)、Yahoo!ジャパン(株)でインターネットビジネスの面白さを味わい、個人でも法人と競争が出来る隙間市場があるのに気が付いた。生涯現役でインターネットの世界で生きて行く。Western Washington University, B.S. in Sociology, Bellingham, Washington, USA.

シニアの生活は、体の老化に従って変わって行く。その体験記をこのブログで書いている。