成功するシニア起業とは? - 仕事、健康、筋トレ、暇

シニアが起業する時は、必ず、精神的な痛みと金銭的な苦痛を味わう。自分でビジネスをするという事は、リスクを取るという事だからだ。そのリスクとは、上手く行かなかったときに味わう精神的な痛みと金銭的な損失だ。

思い描いたビジネスの状態を作り出すには、諦めないで苦痛を我慢してやり通すことだ。私は、そんな経験を過去にしたことがある。現状に甘んじると必ず落とし穴に出くわす。自分のビジネスの先にある夢を実現させるには、発生するかもしれない金銭的なリスクを我慢しながらやり通すしかない。

シニア起業は一生に一度しかチャンスがないからやるべきだ!

ビジネスを始めたシニアには、若者と違って元気に動き回れる体力が続かない。今、60歳ならば、あと15年ぐらいかもしれない。75歳になれば、体の至る箇所で不具合が生まれてくる。一度始めたビジネスを後戻りさせることは難しい。

若者たちは、初めての起業を楽観的にとらえられる。20歳代ならば、2回ほど失敗しても深傷を負わない限り再就職をして運転資金を貯められる。そして、また、起業に挑戦する。

シニアは、時間という制約条件が肩に乗っかかっている。時間と健康は、ビジネスを進める上で重要だ。健康でないと気力と情熱が一体となって働けない。ある意味では、シニアの起業は崖っぷちに立って一歩足を進めるような状況だ。

後戻りはできない。

組織にぶら下がっていた会社員時代と違って、自分で生活費を稼ぐ事に必死に成らざるを得ない。自分で生きるという事を体で体験することになる。

人生は一度限り。起業経験も一度限り。それがシニアが始める起業だ。やるか、やらないか。この機会を失うともうチャンスはない。体がついて行けない。寿命が付いて行かない。65歳になっても年金だけで生活が出来ないという現実を認識しているシニアは、今、自分で生活費を稼ぐという経験をしないともう機会はない。

起業は、博打ではない。シニアの起業は、深い金銭的な傷を負わないビジネスモデルで始めるべきだ。浅い金銭的な傷であれば、その失敗経験を肥にして再起が出来る。1年間テストマーケティングして浅い失敗経験をする地道なビジネスプランが必要だ。 

運転資金を2つに分ける。テストマーケティングの運転資金と本格的な起業の運転資金だ。誰も最初から成功するという保証がない。失敗するのが当たり前と思ってそれをビジネスプランに含める。その準備があれば、精神的な不安を和らげることができる。

私のビジネスもお客が去って行く度に売り上げが落ちる。それがビジネスをする者誰もが味わう苦痛だ。新しいお客をたくさん見つければ良いだけだ。新しいビジネスの売り上げを増やせが良いだけだ。自分にとって都合が悪い事が起きても、それをバネにして別な方法で売り上げを増やす。

切羽詰まった状態に自分を追い込むと幸運の女神が微笑む。

 


my profile pictureこのページのシニアライター:Norito H.Yoshida

Profile

Joomla CMSを使った法人・個人サイト構築で独立。51歳の時に会社を卒業。雇われる生活から自分を雇う生活になる。ソニー(株)、Yahoo!ジャパン(株)でインターネットビジネスの面白さを味わい、個人でも法人と競争が出来る隙間市場があるのに気が付いた。生涯現役でインターネットの世界で生きて行く。Western Washington University, B.S. in Sociology, Bellingham, Washington, USA.

シニアの生活は、体の老化に従って変わって行く。その体験記をこのブログで書いている。