希望退職やリストラにあった時に何をすれば良いか? - 仕事、健康、筋トレ、暇

最近のリストラのニュースを見た。希望退職と言っても実際は退職したくない人を合法的にリストラすること。JT、NHK、三陽商会、オリンパス、藤田観光、JTBなど有名企業が希望退職やリストラを発表している。コロナ禍で経営不振になってしまった。コストを圧縮するには人件費を削減するのが一番効果がある。その現れである。 

2021年2月 JT 1,000人規模の希望退職募集
2021年1月 NHK 50歳以上の早期退職募集、管理職3割削減
2020年12月 三陽商会 2018年の250名に続く人員削減を発表
2020年12月 オリンパス 950人の人員削減を発表
2020年12月 藤田観光 700人の人員削減を発表
2020年11月 JTB 6,500人の削減と年収平均3割カットを発表

 

不幸か、幸運か分からないが人員削減の対象者になったならば、自分の人生を再出発する機会かもと思ってほしい。決してネガティブに考える必要はない。会社に残れたとしても必ず会社を卒業する時期が来る。会社員はそれを避けることが出来ない。

希望退職やリストラは割増退職金がついてくる。高額な退職金になるのでそのお金で住宅ローンや子供の教育費に当てて精神的に身軽になることである。その上で新しい人生を探す。

会社に残れたから良かった?再出発が出来て良かった?

もし、あなたがJTBの社員で50歳代であるならば会社にしがみつく事は非常に難しい。今のJTBに残れても会社を離れても自分の人生が抱える問題は変らない。幸運にも会社に残れたとしても1年後、2年後に会社が倒産するかもしれない。そんな時、退職金割り増しで希望退職をしていれば良かったと後悔する。

今の時代は大きな変化が起きている。5年先、10年先が今の会社で安心安全を確保できるという保証が昔以上にない。万が一の時に対応できるメンタリティーと新しい人生に動ける準備が必要になる。

割増退職金で精神的に身軽にしておく

人員削減の対象者になったら、もらえる割増退職金をうまく使って新しい人生の準備をする。まず、やっておきたいことは金銭的な負債をゼロにする。住宅ローンを返済し子供の大学進学教育費を確保する。人員削減の多くは中高年が対象になる。

精神的に身軽にして新しい仕事を探す。これが一番大事である。負債を抱えながら仕事を探すのはストレスが大きい。焦りが再就職を決める時にマイナスに働く。当面の生活費や負債を考えずに再就職先を探すことに集中する。そんな心の余裕を作り出すと運がやってくる。

新しい人生を始める上で何をすれば良いのか?

リストラ対象者になった方は、友人、知人の中でリストラされ転職したり、自活したりしている方に会いに行くことである。新しい生活をして活発に動いている方に会えば、会社を離れて新しい生活をするという現実を恐れなくなる。世の中は自分が想像している以上に怖い世界ではないという事が分かるはずである。

再就職をした方、起業した方に会って社会のニーズはどこにあるかを探す。自分を活かす「新しい場所」を探す方向性を見つけることである。世の中は自分が想像している以上に悪くない。悪く考えるのは、不安からである。心の持ち方で現実の世界を受け入れ方が違ってくる。

現実を知って受け入れる事で覚悟や準備が出来る。

会社に残れるかどうかが分からない人は、最悪の状態を想定して準備をする。その準備は、後できっと役に立つ。会社に今残れても第二次リストラ、第三次リストラでリストラ対象になる可能性がある。その時、慌てないためである。

どうせ再就職を目指すならば将来起業する時にプラスになる会社を!

中高年の会社員が転職、再就職するならばその会社を卒業したあとにどのように身の振り方をするかを先に決めておくことである。新しい会社で65歳まで働けたとしても、年齢でその会社を去らざるを得なくなる。人生は続くのでお金を稼いで老後を生きていくしかない。

65歳以降の人生を考えると再就職先で経験することを将来の起業で役に立つようにしておく。そのためにはどの分野でどのようなビジネスをやりたいのかを考えておく。起業するならば、こんな事をやりたいというアイデアがあれば良い。それがあれば、働きながらその夢を果たすための情報収集が自然にできるようになる。

起業をするには市場調査の時間が必要になる。できれば、副業をしながら実際に体験をしてみると良い。多くの会社は副業を許可し始めている。再就職先の会社が副業を認めているかどうかを事前に調べておく。再就職を最終目的にしない。

結論

会社に残れれば嬉しいというのは、正しくない。

新しいチャンスを勇気を持ってつかむ。誰も未来は読めない。私の知人で会社を離れて割増退職金を頂いて人生が良くなったという人を何人も知っている。初めて自転車に乗る時と同じである。乗って、転んで、又挑戦して乗り越えていく。

安全安心は今しか保証されない。未来はいつも不確定だから、直面したリストラを前向きにチャンスと思い自分の人生を再出発する。それが安心安全を呼び込む。前向きに考えて行動する人は福を呼び込む。

 

 


my profile pictureこのページのシニアライター:Norito H.Yoshida

Profile

Joomla CMSを使った法人・個人サイト構築で独立。51歳の時に会社を卒業。雇われる生活から自分を雇う生活になる。ソニー(株)、Yahoo!ジャパン(株)でインターネットビジネスの面白さを味わい、個人でも法人と競争が出来る隙間市場があるのに気が付いた。生涯現役でインターネットの世界で生きて行く。Western Washington University, B.S. in Sociology, Bellingham, Washington, USA.

シニアの生活は、体の老化に従って変わって行く。その体験記をこのブログで書いている。