シニア起業して65歳の時に年金を全額受け取るには? - 定年退職後の過ごし方、働き方、起業、筋トレ、お金

誰にも束縛されない生活

若い女性が9万5000ドルの仕事をやめて島に移り住み、アイスクリームビジネスを始める 

と言う記事を見かけた。思い切った事をする女性だなという印象だ。でも、人生を自分が望むように楽しむためにはこんな事でもしない限り楽しめないのではないだろうか。

シニアの起業は、周りの人から見ると思い切った決断と映る。誰もが起業する勇気を持っていないからだ。起業で会社を設立してビジネスがうまく立ち上がって行くという保証もない。

私はゴヤット合同会社を設立して61歳まで経営していた。61歳から厚生年金の一部を受け取るために会社を整理して個人事業主になった。その理由は、会社経営者は給与のがくで年金をもらえなくなる、または、減額されるリスクがあるからだ。

会社設立で給与をもらい始めたシニアが損するリスク:年金がもらえない、減額されるリスク

仮に法人で60歳のシニアが起業したならば、70歳になるまでに2つの事を気にしなければならない。

1.法人を継承する人は誰にするのか?

2.年金受給が始まった時にどうするか?

ビジネスが成功するか、失敗するかというリスクはやってみないと分からない見えないリスクであるのでどうのこうの言うのはこの記事の範疇ではない。

65歳になった時点で年金受給の歳になる。経営者は、年金と給与が月額48万円以下であれば年金は全額受け取れる。だが、こんな場合は年金が減額される。

「65歳未満の年金カットの基準は、年金月額と給与月額の2つを足して28万円以下。その場合、年金はカットされない。年金月額が28万円以下で、給与月額が48万円以下なら、2つの合計の28万円を超えた部分の2分の1が支給停止となるしくみ。65歳以上の年金カットの基準は、年金月額と給与月額の合計額が48万円以下。」(引用:【年金減額】働くと年金支給額が減る「28万円の壁」

つまり、60歳から64歳までは、年金+給与が28万円以下でないと年金は減額される運命にある。これが65歳以上になると48万円以下となる。経営者は、給与が48万円以上であると永遠に年金を受け取られない状況に置かれる。

年金なんかいらない。経営者の給与で十分であるという方は、国の年金財政に貢献する方になる。

とはいえ今まで年金を支払ってきたのにそれが受け取れないというのは不公平ではないか。私は、意図的に会社を整理して個人事業者になって年金減額にならないようにビジネス形態を変えた。

個人事業主であれば、給与という固定給がない。1000万円の売り上げがあっても年金を全額受け取れるメリットがある。

法人を経営する時、年金をどうするかで悩むはずだ。会社を太らせて後を継いでくれる子供に託すべきかどうか。

法人を整理して個人事業主でビジネス展開が継続できるかのリスクもある。私の場合は、一人社長でビジネスを展開しているので個人事業主になっても影響がないビジネスをしている。○○株式会社 代表取締役社長というタイトルは、名刺で輝くが年金受給年齢になった時に悩む事になる。

 


my profile pictureこのページのシニアライター:Norito H.Yoshida

Profile

Joomla CMSを使った法人・個人サイト構築で独立。51歳の時に会社を卒業。雇われる生活から自分を雇う生活になる。ソニー(株)、Yahoo!ジャパン(株)でインターネットビジネスの面白さを味わい、個人でも法人と競争が出来る隙間市場があるのに気が付いた。生涯現役でインターネットの世界で生きて行く。Western Washington University, B.S. in Sociology, Bellingham, Washington, USA.

シニアの生活は、体の老化に従って変わって行く。その体験記をこのブログで書いている。