どのようにして経験と知識をお金にするか? - お金、筋トレ、健康、仕事

70歳を過ぎると体を動かして働く気力が薄れてもっと体力的に負担が少ない仕事を探したくなる。そんな仕事を探す場所がある。自分の社会経験と知識をサービスとして提供できる仕組みを提供している。誰でも意欲があれば、実験できる。但し、インターネットに慣れている必要がある。インターネットでサービスのやり取りをする事になるからだ。

ワンコインサービス(500円からのサービス)

ココナラと言うウエブサービスがある。私は、ここで自分が提供できるサービスを登録している。例えば、こんな内容だ。

新規インターネットビジネスのビジネスモデルについて助言します。
https://coconala.com/services/1303

ココナラのサイトで登録をしてから自分が得意とするサービスをフォームに書き込んで始められる。インターネットに慣れているという条件はこの登録作業ができるかどうかのことだ。

ここで自分が得意とする知識や技術を1件つづサービスとして切り売りができる。ココナラに登録されている方々が色々なサービスを提供している。最初は、500円の価格付けで始める。自分が提供したサービスが売れ始めるとサービス価格500円を最高5万円まで上げられる。

需要が強いサービスになれば、月額の売り上げが5万円以上になる人もいる。私は、ここに登録して自分の社会経験と知識の価値を試している。お金に変換できる経験と知識、または、技術を持っているのかどうかを。

●新規インターネットビジネスのビジネスモデルについて助言します。
https://coconala.com/services/1303

このサービスは、1件5000円で提供している。すでに26件の依頼を完了している。評価も最高ランクになっている。自分が得意とする分野だからだ。自分が得意とすることでビジネスができる仕組みをうまく使えば、年齢や性別を気にする必要がない。すべてはインターネットで完了するからだ。

当然、ココナラは売り上げの35%を手数料として取る。その代わり、サービスの仕組みや決済手数料を肩代わりしてくれる。売り上げがある金額に到達すれば指定銀行口座に送金手数料なしで振り込んでくれる。老人の小遣い稼ぎとして利用している人もいる。

70歳を越えたシニアで自分のリソースを使って社会還元をしたい人は、ココナラでお金を稼げるかどうかの実験をする事をお勧めする。


my profile pictureこのページのシニアライター:Norito H.Yoshida

Profile

Joomla CMSを使った法人・個人サイト構築で独立。51歳の時に会社を卒業。雇われる生活から自分を雇う生活になる。ソニー(株)、Yahoo!ジャパン(株)でインターネットビジネスの面白さを味わい、個人でも法人と競争が出来る隙間市場があるのに気が付いた。生涯現役でインターネットの世界で生きて行く。Western Washington University, B.S. in Sociology, Bellingham, Washington, USA.

シニアの生活は、体の老化に従って変わって行く。その体験記をこのブログで書いている。