老後の生きがいをGoogle Adsenseクリック広告収益に見い出せないか? - 定年退職後の過ごし方、働き方、起業、筋トレ、お金

山あり谷あり

60歳を越えると年金を意識し始める。これからの人は、年金が本当に65歳から受給できるかどうか疑わしいと思っているはずだ。政府は、年金支払時期を70歳まで延ばそうとしている。年金の資金が足りなくなるからだ。

生活費の足しになる仕事を探すのだが、気に入った仕事が見つからない。見つかっても年齢制限で職を失うのが見えている。自分でお金を稼ぐことができないかを誰もが考え始める。

老後の生きがいを仕事に見出そうとするシニアが多い。自分でお金を稼げる仕事を作れればそれが生きがいになる。

自分の生きがいをGoogle Adsenseクリック広告の収益に見出す

60歳を過ぎれば、やりたい事をやる自分の人生を送りたいと思う会社員が多いはずだ。

ただ、

会社人間にならされたシニアは、会社以外に自分の生きがいを見つけられない。完全に会社の歯車として育成されてしまっている。会社にいられれば大丈夫という偽の安心感で生かされてきている。現実の世界は、定年退職やリストラを味わって初めて見えてくる。

自分がやりたい事で生活費を稼ぐとなると?印が頭の上に出てくる人が多い。何をやったら良いのだろうかと。

会社にいた頃から「こんな事をやって食べていけたら良いなあ~!」と思った事があったら、それが第一歩である。それからビジネスの種を探し始めるべきだ。

私の場合は、51歳から60歳までCMSを使ったサイト構築サービスを中心に生活費を稼いできている。あと10年先を考えるとこのビジネスモデルでは生きていけないと思っている。ホームページは誰でも簡単に持てる時代がもうそこまで来ているからだ。

私がたどり着いた結論は、クリック広告ビジネスモデルである。

自分の人生とキャリア、そして、興味からコンテンツサイトを構築してそのウエブサイトにクリック広告を貼り付けて広告収益を得るという方針にした。Google AdSenseは、非常に良く出来た広告ビジネスである。コンテンツさえあれば、そのコンテンツにあった内容の広告を自動的に訪問者向けに表示する。

この仕組みであれば、ある程度のアクセスを生むサイトを構築すれば、自動的に小銭が落ちてくる。既に一部のサイトで実証済みであるのでこのサイトのコンテンツ数を今以上に増やしていけば、1日の広告収益も比例して増えていくというのが見えている。

シニアが感じた事、考えた事、発見した事、面白い事などテーマに合った内容を時間がある時にページにして行く。自分の老後生活を記事にして行く。それで生活費を稼げればそれが新しい生きがいになる。

私はCMSでサイト構築が簡単にできる専門技術があるのでGoogle AdSenseのスクリプトもワンクリックで好きなページ文中に入れられる。凄く簡単に苦労せずクリック広告の仕組みをサイトに導入できる。それ故、コンテンツだけに集中できる。


my profile pictureこのページのシニアライター:Norito H.Yoshida

Profile

Joomla CMSを使った法人・個人サイト構築で独立。51歳の時に会社を卒業。雇われる生活から自分を雇う生活になる。ソニー(株)、Yahoo!ジャパン(株)でインターネットビジネスの面白さを味わい、個人でも法人と競争が出来る隙間市場があるのに気が付いた。生涯現役でインターネットの世界で生きて行く。Western Washington University, B.S. in Sociology, Bellingham, Washington, USA.

シニアの生活は、体の老化に従って変わって行く。その体験記をこのブログで書いている。