60歳から70歳までに何が出来るのか?お金稼ぎ? - 定年退職後の過ごし方、働き方、起業、筋トレ、お金

お金を沢山稼ぐという目標があるならば、稼いだお金の使い方を事前に明確化しておかねばならない。お金を稼ぐこと自体が目的になってしまうとあまり意味がないのではと思う。 

シニアはなんのためにお金を稼ぐのか?

若者であれば、寿命も長いし体も若い。無いのはお金だけ。そんな若者がお金を稼ぎたいというのは自然である。寿命が短いシニアがお金を稼いで大金持ちになりたいと思っても途中で寿命がきて他界するかもしれない。

お金は使うことに意味がある。貯めるだけでは何にもならない。

シニアにとってお金は、生きて行くための食べ物かもしれない。寿命が短いためお金を稼ぐ事が出来る時間も少ない。貯めたお金で生活をする。そのためにお金を稼ぐ。シニアがお金を稼ぐのは、生活費を稼ぐという目的がある。

資産家のシニアを除いて一般大衆のシニアは貧乏である。国民年金だけで生活をするしかないシニアが多い。

だからこそ、お金を稼ぐというシニアには明確な目的がある。

年齢が行くに従い高齢者は、お金を使う機会が少なくなる。生活をしていく上で必要な物は、生活を維持していくお金だけだ。衣食住に医療と介護費用が追加される。貧乏なシニアは、衣食住の負担よりも医療と介護の負担が重くのし掛かる。

一人で生きていけなくなるからだ。子供たちに頼るか、介護施設でお世話になるかだ。後者はお金次第。生きている限り介護施設にお金を支払い続けるしかない。そのお金が十分無いと介護施設を追い出される。

定年退職で頂いた退職金は多額だ。多額な故、気が大きくなってつい使い込んでしまう人が多い。稼げなくなる年齢以降の生活費を計算していない。働かなくても自動的にお金がチャリンチャリンと落ちてくる仕組みが出来ていれば、年金と同じようにお金の心配はいらない。金額が十分であればだが。

働かなくてもお金を稼げる仕組みを働ける内に作ることが一番大事だ。60歳から70歳までは、何とか体が言うことを聞いてお金を労働で稼げる。お金が入ってくる間に(10年間)自分に合ったお金を作り出すビジネスを考え出さねばならない。昔から多くのシニアは、株に投資をしてきた。株の売買で頭を鍛え、世の中の状況を勉強し、生活費の足しになるお金を稼いでいる。

しかし、

貧乏人は、株で利ざやを稼げない。株は余裕資金でやるのが基本だからだ。生活資金で株をやって損失を出したら生きていけない。それを本当に理解していないで生活資金で株をやっているシニアが多い。欲が欲を呼んでいるからだ。

70歳以上になったら、何で稼げば良いのかを今から考える。体が言うことを聞かなくなった時に何で稼ぐのか。これが、シニアがお金を稼ぎ始める時に付きまとう問題である。60歳の時に起業してビジネスが上手く展開できてもそのビジネスを引き継ぐ信頼できる人材がいるかどうか。仮に居ても引き継ぎ後、会社の運営が上手くいかず倒産したら元も子もない。

私は今60歳だ。70歳になるまでに70歳以降お金で困らないほどの金額を今から稼いで貯めるか、お金が自動的に日銭のように落ちてくる仕組みを作るかだ。


my profile pictureこのページのシニアライター:Norito H.Yoshida

Profile

Joomla CMSを使った法人・個人サイト構築で独立。51歳の時に会社を卒業。雇われる生活から自分を雇う生活になる。ソニー(株)、Yahoo!ジャパン(株)でインターネットビジネスの面白さを味わい、個人でも法人と競争が出来る隙間市場があるのに気が付いた。生涯現役でインターネットの世界で生きて行く。Western Washington University, B.S. in Sociology, Bellingham, Washington, USA.

シニアの生活は、体の老化に従って変わって行く。その体験記をこのブログで書いている。