65歳以上のシニアアルバイト募集のマクドナルドは魅力的か? - お金、筋トレ、健康、仕事

マクドナルドは、以前からシニア労働者のアルバイト募集をやっているが今回見た店内のアルバイト募集は65歳以上のシニアアルバイト募集と年齢を示したアルバイト募集であった。時給は、最低賃金の900円台。1300円の仕事もあるが、22時以降の店内清掃の仕事になる。

時給を期待してマクドナルドでアルバイトをするのは、期待はずれになる。むしろ、自分の都合にあった働き方を求めたほうが得るものが多い。 

シニアの仕事場としてのマクドナルド

65歳のシニアにも色々なニーズがある。若いスタッフと一緒に仕事をしたいというニーズ、接客が好きというニーズ、一人黙々と働きたいというニーズ、うく雑な仕事よりも単純な仕事をしたいというニーズなど応募してくるシニアに合わせられるかだ。今回、私が見かけた65歳以上のシニアアルバイト募集のポスターは、横浜の相鉄線星川駅近くにあるマクドナルド店で張り出されていた。

今の時期は、学生たちのアルバイト離職が多いので人手不足が普通以上に緊迫しているのかもしれない。65歳以上のシニアが仕事探しで増えていることを見込んでいるのだろう。年金プラス月数万円のアルバイト収入で生活が助かるというシニアたちがターゲットかもしれない。

魅力はなんだろうか?

64歳のシニアの目から今回の65歳以上のシニアアルバイト募集ポスターから見えるアルバイトの魅力を分析するとこんな感じ

だ。

  • 自分の都合に合わせやすい労働時間:週2回以上、1日2時間以上なので自分で仕事の負担を調整できる
  • 時給は低いが安心して仕事ができる環境がある
  • 仕事のマニュアルがしっかりしていてシニアアルバイトスタッフへの配慮がある 

仕事への生きがいをマクドナルドのアルバイトに求めるのは個人差があるが、元気よく体と頭を使って健康的な生活を送りたいニーズがあるシニアにとって良い働き場であると私は思う。

毎日の生活のリズムの中で社会で働くという機会と時間を持つのは、老後の生活で経済的に精神的にプラスになる。社会と繋がりたいというニーズが強い65歳以上のシニアならば、マクドナルド店での仕事は魅力的に映るのではないか。

こんなシニアに最適な仕事場

65歳以上になって驚くのは、まともな仕事がハローワークや人材登録会社で見つからないという現実である。つまらない仕事で変なストレスを貯めるのを好まないシニアが多い。年金収入があるので節約生活を送ればなんとか生きていけるが、社会とのつながりが切れてしまい、毎日の生活に刺激がないことに悩むシニアが増える。

仕事内容がよくわかり、単純な仕事と安心できる労働環境があり、自分の都合に合わせた働き方ができる仕事場として、マクドナルドのアルバイトは65歳以上のシニアのニーズを満たせるのではないか。100%と言わず、50%でも社会で働きたいというシニアのニーズを満たしてくれる仕事場である。

 この記事「65歳以上のシニアアルバイト募集のマクドナルドは魅力的か?」のポイントは、

  • 自分の都合に合わせやすい労働時間:週2回以上、1日2時間以上なので自分で仕事の負担を調整できる
  • 時給は低いが安心して仕事ができる環境がある
  • 仕事のマニュアルがしっかりしていてシニアアルバイトスタッフへの配慮がある 


my profile pictureこのページのシニアライター:Norito H.Yoshida

Profile

Joomla CMSを使った法人・個人サイト構築で独立。51歳の時に会社を卒業。雇われる生活から自分を雇う生活になる。ソニー(株)、Yahoo!ジャパン(株)でインターネットビジネスの面白さを味わい、個人でも法人と競争が出来る隙間市場があるのに気が付いた。生涯現役でインターネットの世界で生きて行く。Western Washington University, B.S. in Sociology, Bellingham, Washington, USA.

シニアの生活は、体の老化に従って変わって行く。その体験記をこのブログで書いている。