退職後に子会社の顧問になる:気をつけるべき事 - 定年退職後の過ごし方、働き方、起業、筋トレ、お金

私の知人たちは、多くが大企業定年後その企業の子会社の顧問職に就いていた。今は、NPO団体に所属して老後の生活のリズムを作ろうとしている。

60歳で会社を退職して自分の生活のリズムを作る人、65歳で会社組織から全て離れて新しい自分の生活リズムを作る人。直面する問題は同じである。違いは、いつ、自分で自分の生活リズムを作り始めるかだけだ。

大企業で幹部職を歴任した会社員は、子会社に再就職して(多くは役員として再就職)65歳まで勤め上げる。その後、顧問職に就くというパターンが多い。顧問職は、名前だけで実際会社に出ても出なくても良い場合が多い。ただ、給与が自動的に支払われるだけだ。ここに落し穴がある!

顧問職の落し穴

親会社から斡旋された子会社や関連会社の顧問職に就く人は、経済面では幸運な人たちである。多くの退職者はそのような恩恵に恵まれない。

しかし、

実際に顧問として仕事をバリバリやる人と名前ばかりで会社に出社してもしなくても良い人では違いがある。私が知る知人の多くは、名前ばかりの顧問職に就いていた。そのため、顧問でいられる期間は短い。長くて数年。短くて1年ぐらいだ。その会社にとって有益(売り上げに貢献する人材)と思われて実際の仕事をする顧問であれば、雇用は続く。本来の顧問職はそうあるべきなのだが・・・現実はそうではない場合が多い。

顧問職としての雇用が終われば、あとは自分で自分の生活を作りなさいとなる。

60歳で退職して自分の生活設計を作り始め試行錯誤をしている人は、顧問職に就いている人よりも幸せで有ると私は思っている。経済的な面では無く、精神的な面である。老後の人生の泳ぎ方を体力と気力がある年齢から始められるからだ。

会社組織に経済的に支援されて生活を続けていると第三者に頼る生活が続く。自分で自分の生活を作り出すという助走期間が短くなる。新しい生きがいは、会社に依存して生活してきた人にとってすぐには見つからない。悩み苦しむ試行錯誤の期間が必要だからだ。

会社を退職後の生活は、如何にして自分の生活リズムを作り出せるかにかかっている。それが、老後の生きがいになる。出来るならば、顧問職に就いている人はこの期間中に新しい自分の生活リズムを作る努力と試行錯誤をするべきだ。多くの人は、何もしない。

その結果、

生活に張りが無い孫と遊ぶ暇な老人になって、目が死んでいく。


my profile pictureこのページのシニアライター:Norito H.Yoshida

Profile

Joomla CMSを使った法人・個人サイト構築で独立。51歳の時に会社を卒業。雇われる生活から自分を雇う生活になる。ソニー(株)、Yahoo!ジャパン(株)でインターネットビジネスの面白さを味わい、個人でも法人と競争が出来る隙間市場があるのに気が付いた。生涯現役でインターネットの世界で生きて行く。Western Washington University, B.S. in Sociology, Bellingham, Washington, USA.

シニアの生活は、体の老化に従って変わって行く。その体験記をこのブログで書いている。