50歳代の副業、どのように始めるべきか? - 仕事、健康、筋トレ、暇

会社員で50歳代の中高年は、定年退職後の生活を今からプランしておいたほうが良い。人生100年と言っても実際に活動が出来る年齢は、長く見ても75歳前後。当然、個人差はある。一般的な話。自分の体が思うように動かせる体力は、75歳前後まで。特別に筋トレや運動を続けていない限り75歳後に体が不自由を感じ始める。

定年退職した元会社員が65歳で年金をもらい始めると同時に仕事が探せないという状況に直面する。この時に年金以外の収入が副業として稼げていれば、精神的にゆうったりとした気分で老後の生活を楽しめる。多くの65歳は、毎月の生活費でお金が足りないと感じるからだ。毎月、貯蓄したお金を銀行口座から引く出すようになる。引き出す度に将来の生活が不安になる。

年金プラス他の収入を確保するには50歳代のうちに副業を生活のリズムに取り入れる。それが老後の保険になる。

50歳代会社員は定年退職する前までに副業を見つける

会社が副業を認めてくれているならば、色々な副業を試してみる。一番問題が少なく、コスト安な副業はインターネットビジネスである。肉体労働ではなく、知的生産的な労働になるので75歳以上になっても続けられる。会社が副業を認めていない場合は、週末だけ働く副業を考えてみる。

50歳代から始める副業

65歳まで会社で働けるならば、10年以上の時間的余裕がある。副業でお金を稼ぐには試行錯誤が必須になり、時間がかかる。同時に他人よりも尖るぐらいの得意分野を作る必要がある。10年以上の時間的余裕がある人ならば、ゼロから新しい分野で試行錯誤ができる。つまり、副業として興味を持った分野があればその分野を深堀してみて副業としてやれる可能性を探れる。

社会的な需要が続く分野であれば、副業として立ち上がりやすいし、長続きする需要が見込める。

  1. 介護分野(自分の老後を見据えて介護へルバーの資格取得と体験をする)
  2. 保育分野(保育士の勉強、資格取得で保育士アシスタントや幼児シッターなどを体験する)
  3. IT分野(アフィリエイト、広告、YouTuber、ネットショップなど専門的スキルを身につける)
  4. 教育分野(幼児、小学生への英語教育、コンピュータープログラミング教育など)

10年以上の時間的余裕を考慮してまずは自分の趣味で副業ができないかを試行錯誤してみるのも良い。副業が立ち上がってお金を稼ぎ始めるまでの助走は長い。多くの失敗を経験することが副業で成功する確実は道になる。

好きな、やりがいがある副業で老後の生活を楽しむ

好きなことをまず先に紙に書いてリストしてみる。金銭的にすぐにやれる事とお金を貯めないと出来ない事が見えてくる。副業としてやりたい事と必要な金額が分かればそれに向かって準備できる。まずは副業として向かうべき方向を確定する。

お金だけの目的で副業を始めると続かない。一攫千金のビジネスモデルは失敗するので自分の興味の範囲で副業の種を選択する。そのためには消去法を使う。リストした中から本当にやり続けられる副業をやってみる。やり続ければ少しでも生活の足しになるお金が稼げるという自信が生まれればそれをやり続ける。

私には苦い経験がある。お金が稼げるというビジネスの種を見付けてやり続けたのだが、お金の魔力にかかってしまい自分の行動を客観的に見ることが出来なくなりある日突然売上が途切れた。副業のサービスルールに触れてしまいそのサービスを使って稼ぐ資格を剥奪されてしまった。

シニアの副業はお金稼ぎだけに拘るとお金の魔力にかかってしまい副業が死んでしまうリスクが高くなる。65歳を過ぎたシニアは年金プラスお小遣い程度の稼ぎで楽しみながら続けられる副業が正解。

シニアは小遣い稼ぎの方法を見つける旅に出かけるべき

65歳で年金を頂けるまでの時間を自分の小遣い稼ぎの種探しに使う。そんな旅を50歳代の人は挑戦すべきである。会社員は自分の手でお金を稼ぐという経験がない。毎月決まった給与を会社から頂く生活に慣れてしまうと自分の潜在能力に気が付かなくなる。

誰にでもお金を稼げる能力がある。どうすればお金を自分で稼げるかを知らないだけである。自分の手でお金を稼ぐには自分のビジネスアイデアを実行してみてどんな結果が生まれるかという試行錯誤を続けるしか無い。誰もお金の稼ぎ方を教えてくれない。

50歳代の会社員はリストラ対象になっている。会社が方向けば人員整理が始まる。そんな時に自分でお金を稼げるスキルを副業から学んでいれば、リストラにあっても一時的な逃げ道としてパニックを防げる。自分でお金を1円でも稼ぐスキルは簡単に見につかない。試行錯誤の連続からお金の稼ぎ方を学ぶ。

65歳までに10年以上の時間がある50歳代の人は今のうちに副業の種探しの旅に出かけるべきである。

結論

  • 副業は今の時代必須である。副業で収入があると65歳以降の人生が楽しくなる。年金+別の収入ということで生活に余裕が生まれるからだ。 
  • 50歳代の人は年金がもらえる65歳までに10年以上の時間がある。その時間を副業の種探しに投資すべきである。お金を自分で稼ぐ時は試行錯誤の連続になる。

 


my profile pictureこのページのシニアライター:Norito H.Yoshida

Profile

Joomla CMSを使った法人・個人サイト構築で独立。51歳の時に会社を卒業。雇われる生活から自分を雇う生活になる。ソニー(株)、Yahoo!ジャパン(株)でインターネットビジネスの面白さを味わい、個人でも法人と競争が出来る隙間市場があるのに気が付いた。生涯現役でインターネットの世界で生きて行く。Western Washington University, B.S. in Sociology, Bellingham, Washington, USA.

シニアの生活は、体の老化に従って変わって行く。その体験記をこのブログで書いている。