50歳代は副業を身につける年代。時代が副業を要求している。 - 仕事、健康、筋トレ、暇

会社員で50歳代の中高年は、定年退職後の生活を今からプランしておいたほうが良いだろう。人生100年と言っても実際に活動が出来る年齢は、長く見ても75歳前後ではないか。当然、個人差はある。一般的な話だ。自分の体が思うように動かせる体力は、75歳前後まで。特別に筋トレや運動を続けていない限り75歳後に体が不自由を感じ始める。

定年退職した元会社員が65歳で年金をもらい始めると同時に仕事が探せないという状況に直面する。この時に年金以外の収入が副業として稼げていれば、精神的にゆうったりとした気分で老後の生活を楽しめる。多くの65歳は、毎月の生活費でお金が足りないと感じるからだ。毎月、貯蓄したお金を銀行口座から引く出すようになる。引き出す度に将来の生活が不安になる。

50歳代の会社員は65歳以降の自分の生活をプランすべきだ!

時間的な余裕がある時に10年先の自分の生活を夢見ることだ。既に60歳定年退職、65歳継続雇用という年齢による節目が会社から、社会から提示されている。65歳以降は、自分で考えろという事で何も示されていない。

会社のお世話になって毎月給与を頂いているうちに自分の老後を考えるべきだ。会社はあなたを死ぬまで助けてくれない。労働力として活用できない年齢が来れば、冷たく首にする。 

65歳まで今の会社にしがみついてもその後はどうするの?

誰もが必ず直面する問題は、会社があなたを切る65歳という年齢だ。政府は、企業に対して65歳から70歳まで継続雇用を伸ばそうとしているが、企業側は難色を示している。当然といえば当然である。労働の質も量も若い社員と比較して劣っている。今まで出来ていた仕事が出来なくなる可能性が高い。

自分で65歳以降のライフスタイルを計画・準備していないと65歳を迎えた時、どうしようもない精神的な空洞を味わい始める。毎日が日曜日になり、生きている楽しみが見えなくなる。そんなシニアを沢山見ている。

だからこそ、

出来るだけ会社にぶら下がっている間に自分の老後を楽しませる事を今からプランすべきである。

好きなことで老後の生活を楽しむには・・・年金+収入だ!

好きなことをまず先に紙に書いてリストしてみる。金銭的にすぐにやれることとお金を貯めないと出来ないことが見えてくる。老後の生活は、どうしてもお金が先に必要になる場合が多い。やりたいことで必要な金額が分かればそれに向かって用意することが出来る。

お金がかからないやりたいことは、後にしてお金が沢山発生するやりたいことを実現するにはどれだけのお金が必要かを見積もる。当然、年金収入だけではだめだから年金以外の収入を得るプランを用意する。老後のお金は、自分たちの人生を楽しませるために使う。 

アルバイトでもパートでも良い。お金を稼ぐ目的が自分の人生を楽しませるためである。目的が明確になれば、働くことに意味を見い出せる。残された時間を普通の生活が出来る肉体で味わえるようにする。それが一番重要だと私は思っている。

年金+その他収入は、生活費の足しになると同時に老後の人生に色を付ける用途に使う。やりたいことは人生に色を付ける行為である。それに必要なお金は、稼いで使う。生活費は年金+他の収入の一部で賄う。または、貯蓄を切り崩す。

自分の手で稼いだお金を小遣いにすると窮屈な生活から逃れられる!

仕事で稼いだ売上は、生活費と運転資金、そして、貯蓄に回る。年金は、何も手付かずで振り込まれた銀行口座で積まれていく。自分の意志で妻に気兼ねなく使える小遣いがあると色々と遊べる。

妻には、生活費+主婦労賃のお金を渡している。そのお金でお友達と自由に遊べるようにしている。お互いに自由に使えるお金があると夫婦の間での金銭トラブルは発生しない。

妻は私より長生きをするという大前提で生活費+主婦労賃は、多めに金額を設定して渡している。妻自身もお金を貯める必要があるからだ。生活費を節約して貯めさせるのは難しいので主婦労賃という形でちゃんと貯蓄が出来る余裕をもたせている。

そのため、

仕事で生まれる利益は、私の懐に入る金額が少ない。私は経費でお金を使っているので特別に小遣いを意識する必要はない。副業として毎月数万円が手に入れば、毎月のお金を使う用途で気を使う必要がなくなる。

この記事「50歳代は副業を身につける年代。時代が副業を要求している。」のポイントは、

  • 50歳代は会社の庇護で生活が出来ているのでその間に65歳以降の自分の人生をプランする必要がある。健康寿命は長くても75歳まで。老後の生活を楽しむには、75歳までにやりたいことをやるに限る。
  • 副業は今の時代必須である。副業で収入があると65歳以降の人生が楽しくなう。年金+別の収入ということで生活に余裕が生まれるからだ。 

 


my profile pictureこのページのシニアライター:Norito H.Yoshida

Profile

Joomla CMSを使った法人・個人サイト構築で独立。51歳の時に会社を卒業。雇われる生活から自分を雇う生活になる。ソニー(株)、Yahoo!ジャパン(株)でインターネットビジネスの面白さを味わい、個人でも法人と競争が出来る隙間市場があるのに気が付いた。生涯現役でインターネットの世界で生きて行く。Western Washington University, B.S. in Sociology, Bellingham, Washington, USA.

シニアの生活は、体の老化に従って変わって行く。その体験記をこのブログで書いている。