65歳からやるべき3つの事 - 定年退職後の過ごし方、働き方、起業、筋トレ、お金

65歳になると嬉しい事がある。年金をフルで受け取れることだ。65歳になったら年金生活を送るか、仕事を継続してもっと豊かな生活を送るかの決断をする必要がある。問題は、65歳時に現在の仕事を継続できるかどうかだ。会社勤めをしているならば、契約更新が出来ればぜひ仕事を続けたほうが良い。

仕事を継続できない状況ならば、大きな決断をする必要がある。

65歳は老後の生活をどの様にするかの岐路に立つ!

65歳は、年金を受け取れる年齢であると同時に仕事の継続が出来なくなる年齢でもある。最近の会社は、65歳までは年次契約社員で雇用を継続してくれるがそれ以降の雇用はない。65歳で仕事の現場を離れる岐路に立つ。でも、まだ働ける体力がある。気力も残っている。

65歳からの新生活を始める時に3つの事を実行したほうが良い。

(1)日中の大部分の時間を埋める生活のリズムを作る!

出来るだけパートやアルバイトの仕事を見つける。何らかの仕事を継続することで社会とのつながりを継続できる。働くことで時代の流れを肌で感じられる。他の人たちとの交流や会話が継続される。体を動かし続けられるので肉体的健康面でもプラスになる。仕事の内容では不満が残るが、少なくとも社会で働き続けられる。

65歳以前のように午前9時から午後5時までの8時間勤務にはならないので適度に自分の時間が生まれる。今までのように自宅と会社との行き帰りだけではなく、1日のうち2~3時間は自分一人だけの時間を好きな事に投入できる。新しい生活のリズムをパートやアルバイトで作り直すだけだ。

(2) 意識的に体を鍛える運動をする!

週一回近くのスポーツセンターに通って筋肉を鍛える習慣を身に付ける。全身の筋肉を鍛えるならば、水泳が良い。泳ぐことで体を鍛える方法と水中を歩き回る事で足回りを鍛えるやり方がある。どちらの運動も体の筋肉が鍛えられる。意識的に継続して体を鍛える習慣を身に付けられれば運動する種類は何でも良い。

体を鍛える習慣を60歳代に身に付けるとそのお返しが70歳代に帰ってくる。筋肉は意識的に鍛えていないと足の動きに不調を覚え始める。足の筋肉は知らないうちに減少して行く。筋肉は使わないとどんどん減って行くのが典型的な老化現象のようだ。体を以前ほど動かさないと食が細くなり、新陳代謝が減少する。新陳代謝は若さを保つ原動力だ。その活動が鈍るのだ。

もし、散歩をして足腰を鍛えるならば、水が入ったペットボトル2本をリュックに入れて散歩をする事だ。体に負荷を与えながら自然に筋肉を鍛える事が出来る。朝と夕方、20分から30分ぐらいペットボトル2本が入ったリュクを背負いながら散歩をする。この習慣を6か月続けるとこんな良い事が起きる

日中歩く時に体が軽く感じる事だ。私は、仕事で10キログラムぐらいのリュックを背負って通勤をしている。中にはノートパソコン、書類、非常食、缶詰、折りたたみ傘、マグカップなどが入っている。そのリュックを毎日5~6キロ背負いながら歩いている。リュックを背負っていないで歩くと体が本当に軽く感じる。知らないうちに足と体の筋肉が使われ鍛えられているのだ。

(3)妻を喜ばす!

65歳で今までの会社員生活は終わる。それまであなたを支え続けてきた妻に感謝する行動を起こすことだ。週末は、外食に連れ出す。新婚時代のような生活に近づける事だ。子供たちが巣立って夫婦二人だけの生活が実質65歳で始まる。後は、どちらかが先に他界するまで二人だけの生活が続く。影の苦労を掛けてきた償いで妻を家事から解放する旅行に連れ出すことだ。

 自分の時間が今まで以上に自由に使えるので家事のお手伝いをする。食後の食器洗いはあなたの仕事にする。時には、料理を作って上がる、または、料理を一緒に作る。とにかく、妻が喜ぶだろうことを見つけて実行することだ。老後の生活は、妻との生活が楽しくないと空しい時間を過ごすことになるからだ。

旅行は、お互いに体力があるうちに妻が行きたいと思っている観光地(海外、国内)に連れて行く。自分中心から妻の中心で今まで子育てで経験出来なかったことを経験させてあげる。 

65歳から70歳になった時に上記3つの事を実行していれば、もっと楽しい70歳代の生活が出来るだろう。 


my profile pictureこのページのシニアライター:Norito H.Yoshida

Profile

Joomla CMSを使った法人・個人サイト構築で独立。51歳の時に会社を卒業。雇われる生活から自分を雇う生活になる。ソニー(株)、Yahoo!ジャパン(株)でインターネットビジネスの面白さを味わい、個人でも法人と競争が出来る隙間市場があるのに気が付いた。生涯現役でインターネットの世界で生きて行く。Western Washington University, B.S. in Sociology, Bellingham, Washington, USA.

シニアの生活は、体の老化に従って変わって行く。その体験記をこのブログで書いている。